YouTube広告は費用対効果が高いか?把握すべき指標や失敗原因も解説

Webマーケティング担当者様のなかには、普段リスティング広告やSNS広告を活用しているが、広告効果が期待より出ておらず、現状のままでは会社から課されている目標が達成できず悩んでいる方もいるでしょう。
より目標達成に貢献するチャネルがないかを探していて、世間での動画へのニーズが高まっているため、今まで試したことのないYoutube広告に着目していろいろ調査していると思われます。

自社の商品やサービスをYouTube上でアピールしてはいるが、初めてYouTubeへの動画広告出稿を検討しているので、

「YouTube広告は費用対効果が高いのか」
「どんな効果があるのか」
「費用対効果が低くなる原因はどんなことがあるか」

と悩んでいるのではないでしょうか。

この記事ではYouTube広告の費用対効果や必要な費用、成功事例や失敗原因を解説します。

※現在、YouTube広告の出稿を考えていて、動画の制作を依頼したい方は動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、最適な会社を選定します。相談料も紹介料も一切かかりません。

【無料】YouTube広告に強い動画制作会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. YouTube広告の仕組み
    1. 1-1. 費用発生条件には種類がある
    2. 1-2. 予算の設定が可能
    3. 1-3. YouTube広告の種類と必要な費用
  2. 2. YouTube広告は費用対効果が高いか?
    1. 2-1. 費用対効果を高くさせるYouTube広告の効果
    2. 2-2. YouTube広告の費用対効果の高さに寄与するのは「スキップ」
    3. 2-3. 費用対効果が高いCPAの計算シミュレーション
  3. 3. YouTube広告の失敗原因・注意点
    1. 3-1. ターゲットに対する広告内容がマッチしていない
    2. 3-2. PDCAが回せていない
    3. 3-3. 広告の冒頭内容が印象に残らない
  4. 4. YouTube広告の効果測定方法
    1. 4-1. 効果測定をする際のコツ
    2. 4-2. Youtube広告の効果を実施目的別に確認すべき指標 
    3. 4-3. 効果測定に使用されるツール
  5. 5. YouTube 費用対効果 まとめ

YouTube広告の仕組み

YouTube動画を見ている際に流れる「YouTube広告」は、企業が自社商品・サービスを世界中にアピールするための手法の一つです。費用対効果を見る前にまずはYouTube広告の仕組みを把握する必要があります。仕組みを把握しないと、費用対効果が高いか否かの理解もままならなくなります。

※YouTube広告は費用対効果が高いのか否かを早く見たい方は下記をクリック! YouTube広告は費用対効果が高いか?』に移動

費用発生条件には種類がある

YouTube広告では、視聴単価によって費用が発生します。費用発生の種類は以下の3つです。

CPV(Cost Per View)

動画視聴ごとに課金されるタイプ。
広告動画が30秒以上再生されるか、
動画がクリックされ
た場合に費用が発生します。

CPM(Cost Per Mille)

広告が1,000回以上表示された際に支払いが生じるタイプ。
再生時間による条件はありません。

CPC(動画視聴課金)

YouTubeに表示される広告を視聴者がクリックすることで

費用が発生するタイプ。

予算の設定が可能

例えば、1日の予算を2,000円で設定した場合、当該金額を超えたら広告は自動停止されます。

YouTube広告がどのように表示されるかは、予算額次第です。予算設定前にCPV・CPM・CPCの中から収益スタイルを選びます。広告は「入札戦略」が採用されています。
※入札戦略:クリック・視聴・コンバージョン等の目的に応じて入札を決めるオークション形式の戦略

YouTube広告の予算設定は、「1日の平均予算」と「共有予算」の2つの方法から選べます。

1日の平均予算

定めたキャンペーン期間内に最適な広告が表示されるよう予算額を配分する仕組み。

設定した予算が上限になるよう調整されるため、予算を超える金額を支払う必要はない。

共有予算

複数のキャンペーンを開催する場合に予算を平均化する仕組み。

 

例:クリスマスや年末年始、バレンタインデーとイベントが続く冬の時期において

先述の3つのキャンペーンがあった場合、
予算が12,000円であれば4,000円
(12,000円÷3キャンペーン)ずつ配分されるルール。

 

※クリスマスに3,000円使われた場合は、残り1,000円を
年末年始やバレンタインデーで消化可能。

YouTube広告の種類と必要な費用

ここでは、9種類の広告について紹介します。動画の長さや課金方式、具体的な費用相場にも触れていきます。それぞれの特徴を把握し、より適切なYouTube広告を選ぶことが大切です。
以下の表で基本的な内容を整理しておきましょう。

広告の種類

動画の長さ

課金方式

費用相場

向いているシーン

スキップ可能な

TrueView

インストリーム広告

最長6分

CPM

2〜25円/件

商品やブランドに関する

認知度を高めたい場合

スキップ不可の

TrueView

インストリーム広告

最長30秒

CPM

50〜500円/件

動画全体でメッセージを

設定したい場合

TrueView

ディスカバリー広告

制限なし

CPC

3〜20円/クリック

ユーザーを

商品紹介ページ等に

アクセスさせたい場合

TrueView

アクション広告

制限なし

CPV

5〜20円/件

ユーザーの購買意欲を

刺激したい場合

バンパー広告

最長6秒

CPM

400〜600円/件

ユーザーの指名検索を

促進させたい場合

アウトストリーム

広告

制限なし

CPM

10〜500円/件

YouTubeを利用しない

顧客への認知度を

高めたい場合

マストヘッド広告

最長30秒

CPM

1日で数百万円

発生すること

新しい商品やサービスを

認知させたい場合

オーバーレイ広告

静止画広告

CPM及び

CPC

15秒程度の表示で

約5,000円

商品やブランドに関する

認知度を高めたい場合

ディスプレイ広告

静止画広告

CPM及び

CPC

15秒程度の表示で

50万円程度になることも

動画を視聴する

ユーザーに対する

認知度を高めたい場合


YouTubeの広告の費用や設定方法が、詳しく解説されている記事を紹介します。各広告の特徴や設定にかかるステップを具体的に知りたい方は、以下の記事もご確認ください。
関連記事YouTube広告の料金・費用の相場、設定方法まで徹底解説!

YouTube広告の効果を種類別に紹介しています。どのYouTube広告を出稿すればいいかわからない方は、下記記事をご参照ください。
関連記事:YouTube広告の効果を種類別に解説!広告を成功させるポイントも紹介

YouTube広告は費用対効果が高いか?

結論から言えば、YouTube広告は高い費用対効果を得られる可能性があるでしょう。
ただし、満足のいくコンバージョン数まで達するかは、広告の運用次第です。ターゲットを明確にし狙いを定め、表示する日時など計画的に決めていけば、とくにTVCMよりも高い費用対効果が期待できます。

YouTube広告は、動画から直接サイトへアクセスができ、動画からサイトにアクセスしたユーザー数をYouTubeアナリティクスなどのツールで数値化して読み取れます
TVCMの場合、購入などのアクションを起こしたユーザーがTVCMを視聴したかはデータで分析できません。そのため、TVCMだと高額な広告費用をかけたわりに、問い合わせ数増加など広告主が達成したい目標に到達しているかの見分けも正確にはできません。

費用対効果を高くさせるYouTube広告の効果

費用対効果を高くさせるYouTube広告の効果

ブランド認知度の向上

YouTube広告には、ユーザーに対する宣伝商品のイメージを定着させる効果があります。
YouTubeの利用者数は、日本でも2021年には6,900万人の18歳以上の方がYouTubeを視聴していると示すデータもあり、半分以上の国民に利用されているツールです。単純に広告を流すだけでも、多くの方の目に留まるでしょう。

他媒体ではリーチできない潜在顧客にアプローチ可能

TVCMも費用をかけて何度も放送すれば企業や商品の認知度はあげられますが、ターゲットをデータで絞る効率的な発信ができません。
YouTube広告は、ターゲティングによってユーザーの嗜好に合わせて配信できるため、潜在顧客にも効率よくリーチしやすい点がメリットです。特にTrueViewインストリーム広告やバンパー広告といった複数の広告を組み合わせる動画広告シーケンスが、潜在顧客のアプローチに望ましいとGoogleからも推奨されています。

※動画シーケンス:複数の動画に対してあらかじめ順序を指定してユーザーへ順番に表示するシステム

購買意欲の促進

購買意欲の促進

画像引用:株式会社カルテットコミュニケーションズ

YouTube広告では、CTA(ユーザーの行動を促す画像及び文章)の設定が自由に行えます。CTAをより多くクリックしてもらうためには、クリックすべき場所を分かりやすく明示する工夫が大切です。表示内容がわかりやすければ、興味を抱いている層に広告のメッセージがしっかりと届けられ、CTAから商品紹介ページにアクセスするユーザーも増えるでしょう。

自社のサイトへうまく訪問させられたら、ユーザーも商品やサービスに対する資料請求や新規問い合わせ等のアクションを起こす可能性も高まります。

また、YouTube広告を見て広告に興味がわいたユーザーは、広告で表示された「商品名(サービス名)」「会社名」をYouTubeやGoogleで検索をすることもあります。そのためYouTube広告には、商品やサービスの詳細をより理解して購買意欲を高める効果も期待できるのです。 

YouTube広告の費用対効果の高さに寄与するのは「スキップ」

YouTube広告のメリットは、ユーザーにスキップされたときは費用が発生しない点です。スキップが可能なTrueViewインストリーム広告の場合、30秒以上再生されなければ広告費用が発生しません。

つまり、広告動画が5秒間でスキップされても、冒頭のみで顧客のコンバージョンを獲得すれば余分な出費を抑えられます。そのため、自社商品やサービスをコストパフォーマンスよく宣伝できます。

ただし、こういったYouTube広告の費用発生条件を把握していても、自社商品・サービスの認知度や購買意欲向上に努める必要はあります。予算を低く設定しても配信できるとはいえ、多くのコンバージョンを得ようとあまり動画広告の内容を視聴者のために考えずいい加減なデザインのまま闇雲にYouTube広告を配信すると、余分な出費に繋がってしまいます。ユーザーも鬱陶しく感じ、広告から離れてしまうことも考えられるため、費用対効果は小さくなるでしょう。

費用対効果が高いCPAの計算シミュレーション

最終的にYouTube広告では、目標に定めたCPA(1件のコンバージョンに要した広告費の割合)の範囲で購買が促進される効果を目的としています。CPAの数値が低ければ、YouTube広告の費用対効果が高い旨を表しています。

目標CPAと予算の設定について、具体例を下記に記載します。
※広告費40万円・コンバージョン数40件・購買単価2万円・購買率50%・原価5,000円と仮定した場合

■CPAの計算式
CPA=広告費÷コンバージョン数
CPA=40万円÷40件
CPA=1万円

■購買単価と購買率を使った目標CPAの求め方
大前提として限界CPA(赤字と黒字の基準となるCPAの数値)を求める。
限界CPA=コンバージョンの価値-原価

1)コンバージョンの価値から求める
コンバージョンの価値=購買単価×購買率
コンバージョンの価値=2万円×0.5
コンバージョンの価値=1万円

2)限界CPA
限界CPA=1万円-5,000円
限界CPA=5,000円
つまり、目標CPAが5,000円以内に収まると赤字を回避できる。

■目標CPAを使った予算の求め方
目標CPAが5,000円、目標コンバージョン数もそのまま40件と仮定すると
5,000円×40件=20万円
上記の条件では、予算が20万円必要。

実際には、上述(効果測定をする際のコツ)でも紹介した、ビュースルーコンバージョン数も併せて考慮しながら予算を設定しましょう。

※現在、YouTube広告の出稿を考えていて、広告用に動画の制作を依頼したい方は動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、最適な会社を選定します。相談料も紹介料も一切かかりません。

【無料】YouTube広告に強い動画制作会社を紹介してもらう

YouTube広告の失敗原因・注意点

YouTube広告の失敗原因・注意点

YouTube広告は、自社の商品やサービスを幅広い層にアピールできる画期的なシステムです。しかし、運用方法に失敗すれば、期待する効果が得られません。

YouTube広告で失敗する企業は、いくつかの共通点を持っています。思ったよりも苦戦している場合は、下記の特徴に該当していないか振り返ってみましょう。

ターゲットに対する広告内容がマッチしていない

たとえば20代女性の視聴者に対して、眼鏡屋が老眼鏡に関するYouTube広告を設定しても、クリックされることはほとんどないでしょう。20代女性の視聴者をターゲットにするなら、結婚やエステギフトなどの広告の方が、関心を持ってもらう機会も増えるはずです。細かなターゲティングの設定が、費用対効果に大きな影響を及ぼすのです。

ここまで本記事に目を通した方の中には、広告を打つ商品やサービスに興味がない方へ配信しても視聴者がスキップすれば課金されないため、費用対効果に影響は無いのでは?と感じる方もいるでしょう。
確かに、30秒以上経過せずにYouTube広告が途中で飛ばされたら費用は発生しません。しかし、視聴者のなかにはYouTubeを仕事や料理など何かしらの作業中に使用するケースも考えられます。こういったケースでは、無駄な費用も同時に発生するため、費用対効果にも悪影響を与えるのです。

PDCAが回せていない

PDCAとは、業務を継続して改善するための取り組みです。Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)のプロセスを繰り返していくことで、業務や施策の質を高めること。

入念にPDCAを取り入れないと、現時点のYouTube広告における課題や改善点を把握できません。広告を効率良く用いるためには、PDCAによって明確になった課題を改善して、ターゲットの心を掴むような動画クリエイティブ作成が重要です。PDCAを上手く回せなければ、必要な改善もできずに費用を無駄にし続けたまま広告配信をしてしまうでしょう。

まずは、商品やサービスを利用しそうな地域や性別、年齢などの属性でターゲティングします。広告のパターンをいくつか作成し、各々の広告で生じたパフォーマンス効果を比べた上で判断するA/Bテストも、円滑なPDCAサイクルが期待できる方法の一つです。細かい分析を疎かにすると、費用対効果にも悪影響を及ぼします。

※A/Bテスト:2つ以上のパターンを作成し、得られた効果を比較して、どちらがサービスの発展に適しているかを判断する取り組み。

広告の冒頭内容が印象に残らない

広告がスキップされることも考慮すると、広告の内容にはこだわらないといけません。動画の時間を考慮しつつ、なるべく冒頭で最も伝えたいメッセージの設定が求められます。最初の5秒でユーザーに興味を持たせ釘付けにさせる作り方が、商品やサービスの印象を与える上で重要です。

例えば、格安SIMを宣伝する際に、「業界最安値挑戦!月額料金がたったの◯◯円!」等と強みをアピールします。広告の視聴者は「そんなにお得な料金プランあるのか!」と買い替えを検討するかもしれません。
コンバージョンに繋げるためにも、冒頭からインパクトのある内容を意識しましょう。

YouTube広告の効果測定方法

実際に、YouTube広告でどの程度の効果が得られたかを調べる際には、いくつかの測定方法が試されます。専門用語が数多く現れますが、正確な費用対効果を知る上で必要不可欠な要素です。重視する数値や指標を選別し、将来のマーケティングにもうまく活かしましょう。

また、効果測定には数々のツールが使われます。YouTube広告では、Googleのあらゆるサービスの特徴を把握することが大切です。

効果測定をする際のコツ

YouTube広告の効果測定では、KPIの設定がポイントです。日本語では「重要業績評価指標」と訳されます。
目標には「新規問い合わせ獲得」「商品・サービスの購入」が代表的なものになるでしょう。この目標を達成するために、目標の達成における度合いをKPIを設定することで計測するのです。

KPIを設定すれば、期待した広告の効果があるか、目標達成に近づけているかを客観的に判断しやすくなります。また、KPIに基づいて効果測定をすれば、広告の具体的な改善点も見つけやすくなるのです。

YouTube広告で測定すべき指標は、以下です。

・指名検索数
・ビュースルーコンバージョン
・直接CV
・間接CV

ビュースルーコンバージョンとは、ユーザーが広告に目を通したもののクリックはせず別のルートで公式サイト等に訪問した回数を指しています。
直接CVはリンクから登録等のアクションを起こした数値。間接CVは後日に改めてサイトを訪問した際に直接CVと同様の動きがあった数値です。

Youtube広告の効果を実施目的別に確認すべき指標 

YouTube広告にはさまざまな指標が設けられていますが、漠然と分析するだけでは不十分です。目的に応じたKPI設定が重要であり、確認すべき事項は数多くあります。しっかりと使い分けながら、正確な分析を心がけましょう。

ブランド認知度を上げたい

ブランド認知度を確認するためには、

・表示回数
・ユーザーあたりの平均表示頻度
・視聴回数
・視聴率

等の数値から分析します。動画の再生で広告が表示されるため、先述の数値なら基本的には数値が高い方がいいという見方で問題ありません。

他にも、広告を始めた前後で、指名検索数の増加率の変動具合も確認しましょう。YouTube広告の実施前よりも検索数が増えれば、興味を示したユーザーが増えたことから、ある程度の効果は得られたと判断できます。

目標CPA内で購買促進したい

CPAから目標となる指標を求めていく上では、後述するYouTubeアナリティクスを使い、購買単価や購買率の調査が基本です。商品の原価も考慮すれば、より正確な目標CPAが求められます。

効果測定に使用されるツール

YouTube広告の費用対効果を調べる上でも、必ず確認しておくべきツールです。最低限、ここで紹介する3つのサービスは、目を通す必要があるでしょう。

YouTubeアナリティクス

YouTubeアナリティクスは、以下の5つの観点から広告に関する情報を把握します。

概要

総再生回数や視聴回数等の基本的な内容をおさえる項目

リーチ

クリック率やユニークユーザー数といった費用対効果に影響を与える数値

エンゲージメント

動画の平均視聴時間や総視聴時間の確認

視聴者

広告を見ている人の性別や年齢層

収益

広告で得た金額についてまとめた項目
※YouTubeパートナープログラムに参加しなければ表示されません

広告費用を概要から確認できる再生回数で割り算するとCPVが求められるため、YouTubeアナリティクスを全体的にチェックしましょう。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、YouTube広告経由でのWebサイトへのアクセス数やアクセス元、ユーザー属性等を把握できます。全体像が確認できるだけではなく、各ページのパフォーマンスやユーザーの行動もチェック可能な優れたツールです。

ユーザーがアクションを起こす原因を知るためには、形跡を辿ることが大切だと紹介しました。形跡をたどるにはGoogleアナリティクス内の「モデル比較ツール」で確認できます。

Google広告アカウント

Google広告アカウントでは、主に指名検索数やリマーケティングリスト(ユーザーのアクション履歴等からまとめた情報のリスト)の2種類を確認できます。

前者の数値を見るためには、キーワードプランナーを使ってキーワードの登録を行いましょう。当ツールでは、顧客がGoogleの検索窓に入力したワードを細かく分析します。

また、リマーケティングリストを作成すれば、一度サイトに訪問したユーザーに対して広告を流せます。こちらのリストは、サイトや商品紹介ページにアクセスしたユーザーを管理するツールです。

YouTube広告の効果を発揮するためには、アクションを起こしたユーザーに自らアプローチをしなければなりません。興味を持った方々の購買意欲をさらに刺激して、商品やサービスの売り上げ向上にも繋がるでしょう。

YouTube 費用対効果 まとめ

Googleには数々の広告が存在しますが、その中でもYouTube広告は費用対効果が比較的高い手法です。配信のアルゴリズムや適切な種類を選ぶだけで、自社のマーケティングに大きな影響を与えます。しかし、ターゲティングを間違えたり、クリエイティブが悪かったりするとコンバージョンの向上も見込めません。

YouTube広告を効果的に使うためには、効果測定のツールを活用しながら綿密な分析を心がけましょう。YouTubeアナリティクスだけではなく、GoogleアナリティクスやGoogle広告アカウントの数値の変化も読み取らなければなりません。

そして、多くのユーザーに視聴してもらうため、5秒以内で心を掴むメッセージ設定を心がけてください。今後も幅広い層の利用が見込まれる、YouTubeの強みを生かしながら商品やサービスを大々的に宣伝しましょう。 


※現在、YouTube広告の出稿を考えていて、広告用に動画の制作を依頼したい方は動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、最適な会社を選定します。相談料も紹介料も一切かかりません。

コンサルタントのご紹介 動画幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 専任のコンサルタントが、
お客様の予算と目的を丁寧にヒアリング。
最適な会社をピックアップ・ご紹介させていただきます!
初心者の方でも安心してご相談いただけます。

【無料】YouTube広告に強い動画制作会社を紹介してもらう