YouTube広告運用効果を高めるポイント!参考事例も紹介【2024年最新版】

YouTube広告運用効果を高めるポイント!参考事例も紹介

「現在YouTube広告を出しているが、思ったように効果が出ていない」
「社内に広告ノウハウがなく、適切に運用できていないのが現状」
「YouTube広告運用のポイントを知って実践したい」

YouTube広告で効果が出ていない原因がわからないため、コンテンツを見直すべきか広告の出稿場所を見直すべきかと、何からテコ入れをすればよいかもわからないと悩む企業担当者・経営者の方は多いのではないでしょうか。

YouTubeは利用者が多く、YouTube広告自体もさまざまな形で目に飛び込んでくるため、潜在顧客の獲得などのメリットがあります。WebサイトのSEOだと上位表示に長い時間がかかったり、リスティング広告でもユーザーのクリックを待たなくてはなりません。一方のYouTube広告は動画・YouTube検索画面内に広告が表示されるため、多くのユーザーに早くアプローチできます。

本記事では、YouTube広告の運用ノウハウを中心に、広告運用のコツや参考事例を紹介します。
記事を読むことで、YouTube広告の運用を最適化できる、または自社に合った運用代行会社を選べるようになります。

YouTube広告の仕組みや効果は、下記記事で詳しく解説しています。ぜひご一読ください。
関連記事:YouTube広告は費用対効果が高いか?把握すべき指標や失敗原因も解説

※YouTube広告の運用にお困りの方は、ぜひ動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、最適な運用代行会社や動画制作会社を選定します。相談料も紹介料も一切かかりません。まだ検討段階の方もお気軽にお問合せください。

【無料】YouTube広告の運用に強い会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. YouTube広告の運用効果を高めるポイント・注意点
    1. 1-1. 1. 検証を行う
    2. 1-2. 2. 目的と指標を明確にする
    3. 1-3. 3. 必要に応じてターゲットを変更する
    4. 1-4. 4. 価値あるコンテンツを提供する
    5. 1-5. 5. 検証と改善を繰り返し行う
    6. 1-6. 6. フリークエンシーキャップを1〜3回で設定する
    7. 1-7. 7. 過剰な売り込み広告にならないよう注意する
    8. 1-8. 8. 広告費用を細かく把握しておく
  2. 2. YouTube広告運用代行・コンサルティング会社に相談する手もある
    1. 2-1. おすすめの会社
    2. 2-2. コンサルティング・運用代行の依頼費用相場
  3. 3. YouTube広告の運用に成功した事例
    1. 3-1. 1. 視聴者の興味を引く広告構成に | LINEマンガ
    2. 3-2. 2. 商品の魅力と効果を裏付ける数値を紹介| 株式会社エーザイ
  4. 4. 【まとめ】YouTube広告の運用について
    1. 4-1. 自社に合ったYouTube広告の運用代行会社をお探しの方へ

YouTube広告の運用効果を高めるポイント・注意点

YouTube広告の運用効果を高めるポイント・注意点

YouTube広告の運用効果を高めるためには、どのようなことを意識すれば良いのでしょうか。広告効果を最大化させるためのポイント・注意点をお伝えします。

1. 検証を行う

まずは公開済みコンテンツ・広告の検証を行いましょう。現状どの数字(表示回数など)が伸びていて、どの数字が低迷しているのか明確にし、対応すべき課題を明確にします。具体的な検証方法として以下のものがあげられます。

【検証方法1】現状を分析し、PDCAサイクルを回す

まずは、表示回数やリーチ数、再生回数などの指標を分析しましょう。分析の結果、課題点が見つかったら、PDCAサイクルを意識しながらコンテンツの改善を行います。

※PDCA:「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」の4つの頭文字をとったもの。業務改善のためのセルフマネジメントメソッドのことを指す。

分析はYouTubeアナリティクスで可能です。実際に広告を配信している場合は無料で利用できます。

YouTubeアナリティクス

YouTubeアナリティクスでは、広告の平均視聴回数や視聴維持率、総再生時間、インプレッション数などを確認できます。どこの指標に自社の課題があるのか、改善点を見つけましょう。例えば視聴維持率を見ると、動画内でユーザーの離脱が著しく増えるシーンがあるはずです。その箇所にどのような原因があるか分析し、修正可能であれば適宜修正を行います。

【検証方法2】A/Bテストの実施

社内の人員や時間に余裕があれば、A/Bテストを実施しましょう。A/Bテストとは、内容を変えた2つのコンテンツを配信することでユーザーの反応を比較するテストのことです。

テスト配信でAとBどちらが広告効果が出るかが分かり、最終的に広告効果の優れた方を選ぶことができます。例えば、動画のサムネイルやキャッチコピーを変えてみるなど、さまざまなパターンを試すことで、表示回数や視聴時間などにどのような違いが表れるのかを検証します。

例)
サムネイルの場合:商品だけを写したサムネイルとテキストを入れたサムネイルを比較
キャッチコピーの場合:「〇〇成分がたっぷり入った美容液」と「利用者〇〇万人超えの大人気美容液」を比較(商品内容を訴求する or 利用者数など数字を訴求する)

ただし、実際にテストを行う際は、異なる要素は「1点だけ」にしましょう。異なる箇所がたくさんあると、どこに効果の違いが出ているのか原因がわからなくなってしまいます。

2. 目的と指標を明確にする

商品・サービスを認知させたいのか、検討してほしいのか、すぐに購入してほしいのかなど、目的を定めましょう。目的によって見るべき指標や行うべき施策が異なるためです。

目的が定まったら「指標」を定めて、具体的な数字に落とし込みます。指標の例として以下のものがあげられます。

  • 認知フェーズ→表示回数、視聴回数、リーチ数
  • 検討フェーズ→視聴率、再生時間
  • 購入フェーズ→クリック数、獲得数

闇雲に広告を運用するのではなく、認知・検討・購入のフェーズに合った指標をそれぞれどこまで伸ばしたいのか具体的な数値を設定しましょう。例えば、サムネイルの表示回数は多いものの再生時間が短い場合は、「認知しているが検討フェーズには至っていない」ケースが多いです。ユーザーが途中で離脱しないよう、いかに長く動画を再生してもらえるかを考える必要があります。

3. 必要に応じてターゲットを変更する

YouTube広告も含めて広告出稿ではターゲティングが重要になります。必要に応じてターゲットを変更していくことが大切です。

【コツ1】2種類のターゲティングを理解する

YouTube広告には「オーディエンスターゲティング」と「コンテンツターゲティング」の2種類があります。簡潔にいうと、前者が「人」で絞り込むターゲティングで、後者が「配信場所」で絞るターゲティングです。

オーディエンスターゲティングは、「自社商品・サービスに興味関心はあるものの積極的に情報を集めていない層」に有効です。属性をグループ分けしたり、サイト訪問経験のあるユーザーに再アプローチできます。

コンテンツターゲティングは、YouTubeチャンネルやアプリなどの「媒体」、PCやスマホなどの「デバイス」などでユーザーを区分します。そのため、「自社の商品・サービスに興味のない層」にアプローチが可能です。商品・サービスの認知拡大につながります。

目的に応じて2つのターゲティングを使い分けたり、掛け合わせることで、YouTube広告の配信を最適化できます。

【コツ2】潜在層を掘り起こすイメージで

「潜在層を掘り起こす」とは、普段意識していない悩み・欲求をユーザーに気づかせることをいいます。多くの人は、顕在化(既に自分で気づいている)する問題に意識を向けており、自分が潜在的に解決したい問題に気づいていません。ターゲットとなるユーザーを徹底的にリサーチし、潜在的な悩みを呼び起こすことで、新規獲得につながるのです。

潜在顧客へのアプローチ方法の例をあげると、まずどのような顧客に広告(コンテンツ)を見てほしいかを明確にし、ターゲットとなる顧客の属性や興味関心をリサーチします。(=オーディエンスターゲティング)

オーディエンスターゲティングでターゲット層が明確になったら、コンテンツターゲティングで「ターゲットが多くいそうな媒体やデバイス」にアプローチします。YouTube広告のターゲティング方法については下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひご一読ください。

関連記事:YouTube広告のターゲティング方法!活用例や意識すべきポイントも解説

4. 価値あるコンテンツを提供する

広告が優れていてもコンテンツの内容に価値がなければ、ユーザーは広告に目を向けません。そのため、ユーザーにとって有益で面白いコンテンツ作りが前提となります。

【コツ1】ミュートしていても伝わる表現を心がける

ユーザーはさまざまな状況でYouTubeを見ており、必ずしも音声ありで動画を見ているとは限りません。例えばイヤホンを忘れてしまい、電車の中でミュートにしながら視聴している可能性もあるでしょう。

字幕やテロップの場合、背景色と似ているほど読みづらくなります。そのため、背景色とは真逆の色(白と黒など)を使うといった工夫が重要です。ミュートでも伝わるように制作することで、音声をつけた時により内容が伝わります。

【コツ2】「最初の5秒間」で興味関心を高める(動画広告の場合)

YouTubeの動画広告では、ファーストインプレッション(第一印象)が重要です。(画像の場合もインパクトは重要)YouTube動画広告の仕様として、少なくとも最初の5秒間はスキップできないため、ユーザーは高確率で広告を視聴します。この「5秒間」で興味関心を引きつけることで、広告の視聴や自社サイトなどへの誘導を促せるのです。例えば、動画冒頭にスピード感を持たせる、あえてメインメッセージを伝えないことで「これから何か起こるかもしれない」という期待感を持たせるなどの手法があげられます。

こちらの記事で視聴者の心を掴む「5秒動画広告」の事例を紹介しています。ぜひ自社の動画制作にお役立てください。
関連記事:YouTube視聴者の心を掴む「5秒動画広告」の利用事例まとめ

5. 検証と改善を繰り返し行う

コンテンツを公開したら再度検証を行い、必要に応じて改善していきます。コンテンツのボリュームやターゲット層にもよりますが、2週間〜1ヶ月に1度は検証して必要に応じて改善を行いましょう

また、ユーザーがYouTube広告をクリックすることで、どのサイトに誘導するかも重要です。せっかく広告内容がユーザーに刺さっても、CTA(行動喚起ボタン)などの導線がなければ、そもそも問い合わせ獲得につながりません。

ただし、YouTube広告に設定するURLは、目的に合わせて選ぶ必要があります。例えば、ユーザーへの「認知」が目的となる場合は、製品サイトやブランドサイトのURLが有効です。「検討」「行動」を目的にする場合は、ランディングページやECサイトなどの購買行動を促しやすいページを設定すると、広告の効果を得やすいです。

6. フリークエンシーキャップを1〜3回で設定する

フリークエンシーとは、一定期間内にユーザーが広告を見た回数を指します。何度も同じ広告が表示されると嫌悪感を抱くユーザーもいるため、「フリークエンシーキャップ」を設定し、広告の配信頻度をコントロールします。

フリークエンシーキャップは1〜2回が理想で、多くても3回までに抑えましょう。広告の表示回数やCVR(アクセス数に対する購入数)、CPA(顧客一人の獲得にかかった費用)の数値から分析を行い、自社に最適な数字を見つけましょう。

7. 過剰な売り込み広告にならないよう注意する

広告とはいえ、過剰なPRや押しが強すぎる広告は、視聴者に良い印象を与えません。商品・サービスに対して本当に効果があるのか、視聴者の不信感を煽る要因にもなります。また、「このサプリを飲めば必ず痩せる」など過剰な表現を使用し、効果のない商品広告などは法律違反(薬機法や健康増進法など)になる場合もあります。

売り込み感を少なくするポイントは、自然な広告を心がけることです。商品・サービスをPRするだけの広告でなく、企業理念や想いを伝えるなど、視聴者に「共感」を与えるような広告を検討しましょう

8. 広告費用を細かく把握しておく

一般的に費用対効果が高いとされるYouTube広告ですが、出稿費とは別に動画コンテンツの制作費用がかかります両者の費用をしっかりと把握しておかないと、YouTube広告にかける合計費用が予想外に高額になってしまうこともあるでしょう。実際、広告費ばかりに目を向けてしまい、コンテンツがおざなりになってしまったという事例もあります。

そうならないためには、細かい予算設定が必要です。動画広告を流す目的を明確にし、そのために何が必要なのか洗い出してください。1日の平均予算設定や上限設定、コンテンツ制作にかかる人件費など、できるだけ細かく予算設定を行いましょうまた、YouTube広告も種類ごとに費用が異なるので、費用対効果を見極めながら広告を使い分けることも大切です。

上記の注意点を忘れると、YouTube広告が逆効果になってしまう場合があります。YouTube広告が逆効果になる原因や解決策については、下記記事でも解説しているのでご参考ください。
関連記事:YouTube広告が逆効果になる事例!逆効果になる原因・解決策と本来の効果まで解説

【無料】YouTubeの広告運用について相談する

YouTube広告運用代行・コンサルティング会社に相談する手もある

YouTube広告の運用ノウハウをお伝えしましたが、すべてを自社で行うのは時間と手間がかかります。無事に広告を出稿できたとしても、より良い広告・コンテンツを配信するためには、「検証・分析・改善」を繰り返さなくてはなりません。実際に「YouTube広告の運用まで手が回らない」「ゼロから運用を学んで実践するのが大変」このようにお悩みの担当者も多くいます。

そこでおすすめしたいのが、YouTube広告の運用代行・コンサルティング会社です。YouTube広告の運用をワンストップで対応してくれる会社から、コンサルティングのみを行ってくれる会社までさまざまです。

おすすめの会社

BEASTAR株式会社

BEASTAR株式会社

画像引用:BEASTAR株式会社

BEASTAR株式会社のおすすめポイント ・コンサルティング・広告運用を含むワンストップサービス
・上級Web解析士が分析や提案をしてくれる
・YouTuberとのコラボ企画も立案・実施してくれる

BEASTAR株式会社は、YouTube広告からSNSのアカウント運用などデジタルマーケティングとコンサルティングを提供する会社です。YouTube広告の効果を最大化するためのコンサルティングサービスはもちろん、企画・脚本制作・撮影・編集・サムネイル作成・投稿・広告運用から効果測定まで、運用代行も含めたワンストップサービスを提供可能です。

キーワードの選定やニーズ分析などは「上級Web解析士(実務経験が豊富なWebコンサルタント)」が担当しています。現状に合わせて最適な提案をしてくれます。「YouTube広告の運用をワンストップで依頼したい」「SNS運用についても相談したい」といった企業におすすめです。

また、美容・グルメ・商業施設から医療・行政まで、多岐にわたるクライアントのYouTubeチャンネルを支えてきた実績を保有。MCやタレントのキャスティング、関連YouTuberとのコラボ企画も依頼できます。

BEASTAR株式会社の概要・料金

TEL

06-6131-7977

会社所在地

〒550-0014

大阪府大阪市西区北堀江1丁目5-2 四ツ橋新興産ビル 12階

設立年

2020年2月10日

価格感

YouTubeコンサルティング:300,000円〜/3カ月

広告運用:月額100,000円〜

BEASTAR株式会社の制作情報 | 大阪府の動画制作会社 | 動画幹事 BEASTAR株式会社の制作情報 | 大阪府の動画制作会社 | 動画幹事 大阪府大阪市に拠点を構える、SNS特化型のデジタルマーケティング・コンサルティングを提供するソーシャルマーケティング企業。YouTubeでは効果を最大化するためのコンサル...

【無料】YouTubeの広告運用について相談する

株式会社ロックハーツ

株式会社ロックハーツ

画像引用:株式会社ロックハーツ

株式会社ロックハーツのおすすめポイント ・YouTubeの「TrueViweディスカバリー広告」に強い
・オプションでYouTube動画の企画・撮影・編集に対応
・日本全国各地をカバーする動画制作サービス

株式会社ロックハーツは、YouTube広告の運用代行からCM映像の制作など幅広いサービスを提供する動画制作会社です。運用だけでなく「コンテンツ制作」にも強く、豊富な実績があります。同社は、YouTube広告の中でも「TrueViweディスカバリー広告」に強いです。TrueViweディスカバリー広告とは、ユーザーが視聴する可能性の高い動画コンテンツの横に、商品やサービス、ブランドを表示できる広告をいいます。

YouTube広告出稿後は、視聴数を伸ばしていくための改善・最適化をサポートしてくれます。もちろん、編集・撮影も含む動画制作を依頼するのも可能です。月間の制作本数に応じたプランも用意されています。「広告だけでなくコンテンツにも注力したい」「ユーザーに刺さる広告や動画を公開したい」と考えている企業にはおすすめです。

また、全国各地に拠点を持っており、80名を超えるクリエイターが動画の企画・制作・編集をフルサポートしています。3,000件を超えるYouTube動画制作のノウハウを活かし、チャンネル運用サービスを提供しています。YouTube運用代行サービスでは、動画投稿やチャンネル情報の更新だけでなく、データ分析をもとにした詳細なレポートの作成、VSEO支援を約束しています。

株式会社ロックハーツの概要・料金

TEL

092-582-1613

会社所在地

〒816-0811

福岡県春日市春日公園1-1

設立年

1993年7月2日

価格感

YouTube運用代行:月額100,000円〜

動画編集(月1本制作プラン):70,000円 / 本

動画編集(月3本制作プラン):60,000円 / 本

動画編集(月5本制作プラン):50,000円 / 本

動画編集(月10本制作プラン):40,000円 / 本

動画編集(お試し1カ月プラン):30,000円 / 本

企画・演出:30,000円〜

動画撮影:10,000円〜 / 時間

※広告については要問い合わせ

株式会社ロックハーツの制作情報 | 福岡県の動画制作会社 | 動画幹事 株式会社ロックハーツの制作情報 | 福岡県の動画制作会社 | 動画幹事 動画やホームページの制作、広告運用を行っている福岡県春日市の会社。動画の制作実績は20,000件以上。会社案内やプロモーション、リクルートなどの映像を制作。制作料金は...

おすすめのYouTube広告運用代行・コンサルティング会社の詳細は、下記記事をご参照ください。
関連記事:YouTubeコンサル・運用代行におすすめの会社11選!

【無料】YouTubeの広告運用について相談する

コンサルティング・運用代行の依頼費用相場

YouTube広告のコンサルティング・運用代行を依頼する際、どのくらいの予算が必要なのでしょうか。依頼費用の相場について解説します。

コンサルティングだと月額30,000〜150,000円程度

コンサルティングの相場は、月額30,000〜150,000円と幅が広いことが特徴です。これは企業や店舗によってYouTube広告の課題が異なるためです。例えば、実践経験によってスキルを身につけた「上級Web解析士」が、課題に基づいたキーワードを提案してくれるなどのサービスがあげられます。上級Web解析士の的確なキーワード選定によって、ターゲットと関連性の高いコンテンツへの広告表示が可能です。

ただ、コンサルティング会社によってサービス内容が異なるのはもちろん、長期契約を前提にするケースもあります。「長期契約で初期費用や手数料が無料」とする場合が多いですが、半年〜1年間は契約に縛られてしまいます。

最初から長期目線でYouTube広告の運用を考えている場合は、長期契約でも問題ないでしょう。しかし、「結果が出るかわからないので、まずは試しにコンサルを依頼したい」などの場合は、短期契約が可能な会社がおすすめです。

運用代行だと月額100,000〜500,000円以上とレンジが広い

広告運用そのものを依頼する「運用代行」の場合も、月額100,000〜500,000円以上と価格レンジが広いです。企業によって目的や求めるサービス内容は異なるため、費用感も大きく異なります。

費用(月額)

サービス内容

100,000円

・ 入札調整から入稿、進捗管理などの広告運用

・数値の計測分析

・レポート作成

200,000〜300,000円

100,000円の内容に加えて、

・動画ディレクターやコンサルタントによる改善案の提案

500,000円以上

200,000〜300,000円の内容に加えて、

・動画コンテンツの制作

広告運用や分析のみであれば、高くても300,000円程度で抑えられます。動画コンテンツの制作まで依頼する場合は、500,000円以上と費用は大きくなります。自社のニーズをしっかりと見極め、柔軟に対応してくれる代行会社を選定することがポイントです。

※YouTube広告の運用代行を依頼したい方は、ぜひ動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、最適な運用代行会社を選定します。相談料も紹介料も一切かかりません。まだ検討段階の方もお気軽にお問合せください。

【無料】YouTube広告の運用に強い会社を紹介してもらう

YouTube広告の運用に成功した事例

YouTube広告の運用ノウハウをお伝えしましたが、文章だけでは運用のイメージも掴みにくいかと思います。そこで本章では、YouTube広告の運用に成功した企業事例をご紹介します。

1. 視聴者の興味を引く広告構成に | LINEマンガ

画像引用:マンガアプリ利用者数No.1「LINEマンガ」がリニューアル!| YouTube

動画時間:30秒
再生回数:13万回

LINEマンガのYouTube広告です。マンガの一部分を少し見せる編集で、ユーザーの興味を引くような広告となっています。視聴者に対してあえて重要な部分を見せないことで、先が気になるような工夫がされています。

また、広告の最後には、有名どころのマンガも読めることを伝えることで、マンガ好きユーザー全体にアピールしています。

同社では、電子コミックと相性が良いという理由で、YouTubeを広告媒体としたそうです。LINEマンガの「サービス充実度」をアピールした広告を運用した結果、アプリインストールの単価が13%改善したといいます。

2. 商品の魅力と効果を裏付ける数値を紹介| 株式会社エーザイ

画像引用:チョコラBBプラス「桃子と桜子のチョコラBB物語」篇|YouTube

動画時間:30秒
再生回数:184万回

株式会社エーザイが提供する、肌荒れや疲れケアに効果的な「チョコラBB」ブランドのYouTube広告です。

広告全体がマンガ風の描写になっており、親近感が湧きます。まず動画の冒頭で「ニキビに悩む女性」を登場させることで、同じ悩みを抱える視聴者の興味を引いています。

広告内では、「肌の生まれ変わりを促進する」「60年以上のビタミン研究」など、商品の魅力と効果を裏付ける数値を紹介しています。30秒と短い広告ですが、視聴者に説得力を与える広告といえます。

【無料】YouTubeの広告運用について相談する

【まとめ】YouTube広告の運用について

本記事では、YouTube広告の運用について以下のポイントを中心にお伝えしました。

・YouTube広告運用の最大化には、現広告の検証、目的とターゲットの明確化、価値あるコンテンツの提供が重要
・広告運用をワンストップで請けてくれる会社やコンサルだけ対応している会社まで、YouTubeの広告運用代行会社の形式はさまざま
・何度も広告を表示されると嫌悪感を抱くユーザーもいるので、フリークエンシーキャップは1〜3回に設定するのが良い

YouTube広告の運用は、目的やターゲティングの設定からコンテンツ制作、検証・改善などフローが多く、時間と手間がかかります。

1から10までのフローをすべて自社で行うのは大変です。「社内にリソースがない」「広告運用に時間を割けない、難しそう」という場合は、一度プロに相談してみてはいかがでしょうか。

自社に合ったYouTube広告の運用代行会社をお探しの方へ

自社の目的や要望に応えてくれる制作会社・運用代行会社を見つけたい……という方はぜひ動画幹事にご相談ください。専門のコンサルタントが課題・予算などを丁寧にヒアリングし、最適な会社を選定・紹介します。

【無料】YouTube広告の運用に強い会社を紹介してもらう