YouTube広告の仕組みを購入形式・課金方式ごとに解説!広告の種類も紹介【2024年最新版】

YouTube広告の仕組みを購入形式・課金方式ごとに解説!広告の種類も紹介

「YouTubeに広告を出したいけど、どんな仕組みで表示されるのかわからない」
「自社サービスのユーザー層に広告をみてもらうためにはどうすればいい?」
「YouTube広告の出し方や課金方式も知りたい」

YouTube広告の出稿を検討しているものの、広告の実体がよく分からず、二の足を踏んでいる方も多くいらっしゃるかと思います。予算が限られた中で最適な広告を打つためにも、YouTube広告の仕組みを知っておくことは大切です。

本記事では、YouTube広告が出稿される仕組みをはじめ課金方式、広告の種類、費用、出稿フローなどを詳しくお伝えします。記事で理解を深め、YouTube広告を出す際の参考にしてください。

※YouTube広告の出稿をお考えの方は、ぜひ動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、YouTube広告の動画制作に最適な会社を選定します。相談料も紹介料も一切かかりません。まだ検討段階の方も、お気軽にお問い合わせください。

【無料】YouTube広告の動画制作・運用に強い会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. YouTube広告の仕組み【購入形式や課金方式】
    1. 1-1. 出稿可否はオークションで決まる
    2. 1-2. 最初の予算設定がカギ|設定方法は2つある
    3. 1-3. 課金方式によって費用は異なる
  2. 2. YouTube広告の仕組み【種類と費用】
    1. 2-1. 1. インストリーム広告
    2. 2-2. 2. ディスカバリー広告
    3. 2-3. 3. TrueView アクション広告
    4. 2-4. 4. バンパー広告
    5. 2-5. 5. アウトストリーム広告
    6. 2-6. 6. マストヘッド広告
  3. 3. YouTube広告の出し方|出稿までのステップ
    1. 3-1. 1. キャンペーンの作成
    2. 3-2. 2. 入札戦略や予算・日程の設定
    3. 3-3. 3. ターゲット設定
    4. 3-4. 4. 配信画面の設定
  4. 4. 【まとめ】YouTube広告の仕組み
    1. 4-1. 自社に合ったYouTube広告の作成・運用代行会社をお探しの方へ

YouTube広告の仕組み【購入形式や課金方式】

YouTube広告の仕組み【購入形式や課金方式】

まず、広告を掲載したい「広告主」が、プラットフォームである「YouTube」に広告費を払います。投稿者が広告付きの動画を投稿し、視聴者が広告を閲覧・クリックすることで、投稿者に広告費の一部が支払われる仕組みです。視聴者が商品を購入すれば、広告主側の直接の利益になります。

出稿可否はオークションで決まる

出稿可否はオークションで決まる

画像引用:FLINTERS

YouTube広告は、親会社にあたるGoogleが管理しており、配信される広告はオークション(入札)形式で決まります。希望枠に対しての上限額を設定し、他社と入札を競争します。オークションはGoogle側が自動で行います。

入札金額と「品質スコア」を加味することで広告枠が決まる仕組みです。仮に入札金額が低かったとしても、品質スコアが高ければ広告枠を獲得できる可能性があります。
品質スコアを高める方法として、入札キーワードと広告の関連性や、リンク先ページの関連性を高めるなどがあげられます。

※品質スコア:推定クリック数、広告の関連性、ランディングページの利便性から1〜10の数値で示される

最初の予算設定がカギ|設定方法は2つある

YouTube広告では、必ず予算設定を行います。予算は「1日の平均予算」と「共有予算」のタイプ別に設定する方法があります。その広告に使いたい予算を設定し、当該金額を超えたら広告が自動停止される仕組みです。

1日の平均予算

定めたキャンペーン(広告)期間内に最適な広告が表示されるよう予算額を配分する仕組みです。1ヶ月を通して、1日ごとに費やしても問題のない金額を設定します。設定した予算に達した時点で終了になるよう調整されるため、予算を超える金額を支払う必要がありません

出稿予定の広告が1つのみで予算を最適化したい場合におすすめ。ただし、Googleのアルゴリズムではコンバージョン(資料請求など成果につながるアクション)やクリックを最適化するよう設定されているため、日によって平均予算より高くなったり低くなることがあることに注意しましょう。

共有予算

複数のキャンペーンを配信する場合に予算を平均化する仕組みです。例えば、A、B、Cの3つのキャンペーンで予算を12,000円に設定していた場合、4,000円(12,000円÷3キャンペーン)ずつ配分されます。Aのキャンペーンで3,000円しか使わなかった場合、BまたはCのキャンペーンで残金1,000円を消化することも可能です。

同時にいくつも広告を出稿・運営する場合は、こちらの共有予算を設定するのがおすすめです。ただ、成果の出ている広告に集中的に費用をかけられないことに注意しましょう。

課金方式によって費用は異なる

YouTube広告は、視聴単価(動画が表示されるこごとにかかるコスト)によって費用が発生します。その費用は、課金の方式によって異なります。YouTube広告の代表的な課金方式は以下の3つです。

  • CPV(Cost Per View):動画視聴ごとに課金されるタイプ
  • CPM(Cost Per Mille)広告が1,000回以上表示された際に支払いが生じるタイプ
  • CPC(動画視聴課金):YouTubeの表示広告を視聴者がクリックして費用が発生するタイプ

CPVは広告動画が30秒以上再生されるか、動画がクリックされた場合に費用が発生します。CPMは再生時間による条件はありません。

※YouTube広告の出稿をご検討されている方は、ぜひ動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、YouTube広告の動画制作に最適な会社を選定します。相談料も紹介料も一切かかりません。ぜひお気軽にお問い合わせください。

【無料】YouTube広告の動画制作・運用に強い会社を紹介してもらう

YouTube広告の仕組み【種類と費用】

仕組みがわかってもどの種類のYouTube広告に出せばいいか、悩む方もいるでしょう。ひと口にYouTube広告といってもレパートリーが豊富です。どのYouTube広告を選択するかでかかる費用も異なります。自社の商材に合った広告を選べるようになるため、ここではYouTube広告の種類と費用について説明します。

広告の種類

特徴

費用

課金方式

インストリーム
広告

動画の最初と途中に表示される広告。
スキップできるものとできないものがある

最低入札単価:
2〜25円

30 秒以上

視聴した場合(CPV)

広告リンクを

クリックした場合(CPC)

ディスカバリー
広告

YouTubeの検索結果や関連動画上に
表示される広告。
静止画やGIFを表示させることが可能

最低入札単価:
3〜20円

広告リンクを
クリックした場合
(CPC)

TrueView
アクション広告

コンバージョン獲得に特化した広告。
動画広告上に

「Call To Action」ボタンが置かれている

最低入札単価:
5〜20円

ボタンがクリックされるごとに

費用が発生するCPV方式

バンパー広告

動画の最初と途中で表示される広告。
長さが「6秒以内」と決められていて
スキップができない

400〜600円
(1,000回表示
ごと)

表示回数によって課金

(課金されるのは1,000回から)

(CPM)

アウトストリーム
広告

Webサイトのバナーや
アプリのフィードなど

YouTube以外の場所に表示される広告

10〜500円
(1,000回表示
ごと)

1,000回表示ごとに課金

(CPM方式)

マストヘッド広告

YouTubeのホーム画面の最上部に

表示される広告。
最大30秒自動再生される

最低入札単価:
320万円〜

日数ベースでカウントして

課金(CPD)表示回数

によって課金

(課金されるのは1,000回から)

(CPM)

1. インストリーム広告

インストリーム広告

動画の最初と途中に表示される広告です。再生開始5秒でスキップできる「スキップバブル広告」と、スキップができない「ノンスキップバブル広告」の2種類があります。

5秒以内にインパクトを与える広告を作れば、予算を抑えて出稿することができ、販売促進効果も期待できます。低予算でのYouTube広告の出稿を考えているが商品やサービスの認知を拡大したい企業に向いています。

スキップバブル広告では、ユーザーが広告をスキップせずに30秒以上視聴または企業のWebサイトにアクセスすることで広告料金が発生するCPV方式です。5秒以内の視聴であれば費用が発生しないので、出稿はしたいが動画広告にあまり予算をかけられない企業には、スキップバブル広告がおすすめです。

ノンスキップバブル広告は、インプレッション数(広告が表示された回数)に応じて課金されるCPM方式です。広告が1,000回表示されるごとに料金がかかります。インストリーム広告の最低入札単価は2〜25円程度です。広告内でできるだけ情報を詰め込みたい、ユーザーに伝えたい情報が多い企業はインストリーム広告のノンスキップバブル広告がおすすめ。

2. ディスカバリー広告

ディスカバリー広告

動画内ではなくYouTubeの検索結果や関連動画上に表示される広告です。静止画やGIF(簡易的なアニメーション画像)を表示させることもでき、目に付きやすい位置に広告が表示されます。興味関心のあるユーザーをそのまま自社サイトへ誘導し、ダイレクトに商品購入へつなげたい企業におすすめです。

課金方式は広告リンクがクリックされるごとに広告料金が発生するCPC方式。クリックされない限りは料金が発生しないため、費用対効果の高い広告といえます。最低入札単価は3〜20円程度です。

3. TrueView アクション広告

TrueView アクション広告

画像引用:Google広告 ヘルプ

TrueViewアクション広告は、コンバージョン獲得に特化した広告です。表示形式はインストリーム広告のスキップバブル広告とほとんど同じですが、動画広告上に「Call To Action」ボタンが置かれています。ボタンからサイトやアプリのダウンロード画面へ誘導するなど、ユーザーの行動促進や見込み顧客の獲得につなげる仕組みです。

ボタンがクリックされるごとに費用が発生するCPV方式で、最低入札単価は5〜20円。ユーザーの購買意欲を刺激したい、その場でダウンロードなどアクションにつなげたい場合におすすめです。

4. バンパー広告

バンパー広告

インストリーム広告と同じく動画の最初と途中で表示される広告ですが、長さが「6秒以内」と決められていてスキップができない仕組みになっています。そのため、最初の数秒間でユーザーにインパクトを与えられれば、企業や商品サービスの認知度アップが期待できます。自社の商品サービスの認知度を今すぐに高めたい企業におすすめです。

課金方式は、広告が1,000回表示されるごとに料金が発生するCPM方式です。1,000回表示あたり400〜600円が相場といわれています。動画を必ず見てもらえるという意味で即効性があります。

5. アウトストリーム広告

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告は、Webサイトのバナーやアプリのフィードなど「YouTube以外の場所」に表示される広告。また、スマホやタブレットなどモバイル端末にのみ表示されます。そのため、YouTubeを利用しない潜在顧客にアプローチしたい場合におすすめの動画広告といえます。

課金方式は、1,000回表示ごとに課金されるCPMです。ただ、「視認範囲のインプレッション課金」という特殊な方式が採用されています。広告面積の50%以上が画面に表示され、かつ2秒以上継続再生があった場合にのみ、広告が表示されたとカウントします。アウトストリーム広告の費用相場は10〜500円/件です。

6. マストヘッド広告

マストヘッド広告

YouTubeのホーム画面の最上部に表示される広告です。最大30秒自動再生され、PCやスマートフォンなどデバイスに関係なく出稿が可能です。他の広告とは異なり、Googleの営業担当者を通じての予約制でのみ利用できます。予算に余裕があってYouTubeで高い広告効果を得たい企業、とくにイベントなど短期間でより多くの人に認知してもらいたい場合におすすめです。

課金方式はCPM方式。広告が1,000回表示されるごと、あるいは広告を掲載する日数に応じて料金が発生します。ただし、ホーム画面の一番上という、もっとも目立つ場所に表示されるため莫大な費用がかかります。最低入札単価は320万円からとなっています。

YouTube広告の種類の詳細は下記記事をご参照ください。
関連記事:YouTubeの動画広告の種類を比較!費用、設定方法も解説!

※YouTube広告の種類をお伝えしましたが、「どの広告を選べば良いかわからない」という方は、ぜひ動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、貴貴社に最適なYouTube広告の動画制作会社を選定します。相談料も紹介料も一切かかりません。

【無料】YouTube広告の動画制作・運用に強い会社を紹介してもらう

YouTube広告の出し方|出稿までのステップ

YouTube広告の出し方|出稿までのステップ

最後にYouTube広告を出稿する手順を簡単にご紹介します。以下のステップを踏めば、初めての方でもスムーズに広告を出せるでしょう。

1. キャンペーンの作成

キャンペーンの作成①

Google広告アカウントのホーム画面から「キャンペーン(広告を管理するための単位)」を作成。まずは販売促進やブランド認知、プロモーションなどキャンペーンの達成目標を選びましょう。

キャンペーンの作成

続いて、キャンペーンタイプの選択です。YouTube広告を出す場合は「動画」を選びます。

キャンペーンの作成③

その後キャンペーンのサブタイプの選択画面が表示されます。ここではインストリーム広告やアウトストリーム広告、広告シーケンス(複数広告を組み合わせる)など、どのような広告を配信するかを選択します。

2. 入札戦略や予算・日程の設定

入札戦略や予算・日程の設定

続いて、入札戦略を立てましょう。特に「予算と日程」は重要です。予算の上限が決まっている場合は「キャンペーンの合計」、1日ごとに予算を決めている場合は「日別」を選択します。「開始日と終了日」で広告を掲載する期間を指定します。

次に「ネットワーク」と「地域」の設定です。ネットワークでは、YouTube内での広告配信、Webサイトやアプリでの配信など「配信先」を選択できます。地域では、広告を表示する地域や言語を選択します。

3. ターゲット設定

ターゲット設定

続いて、ターゲットの設定です。主に、ユーザー(誰に対して)とコンテンツ(どのようなキーワードやトピックを)の設定を行います。

ユーザー設定では、「独身女性」「20〜40代女性」などユーザー属性を絞ります。コンテンツ設定では、ユーザーと関連性の高いキーワードやトピック、プレースメント(広告の掲載先として適した URL )を指定可能です。

4. 配信画面の設定

配信画面の設定

出稿する動画広告の設定を行います。具体的に以下のような項目を設定します。

  • 最終URL:広告を見た視聴者の誘導先になるURL
  • 表示URL:広告に表示されるWebページのURL
  • コンパニオンバナー:動画から自動再生される画像

上記を設定したら最後に広告タイトルを入力し、設定完了です。

YouTube広告の詳しい出し方については下記記事をご参照ください。
関連記事:YouTube広告の出し方・出稿の手順を解説!出稿時の注意点も紹介

【無料】YouTube広告の仕組みについて相談する

【まとめ】YouTube広告の仕組み

YouTube広告はオークション形式が基本で、自社に合った予算設定を行い、広告を出稿する仕組みです。費用はCPVやCPMなど課金方式によって異なり、広告の種類も豊富です。

どのような広告をいくつ運用し、どのくらいの予算にするか。予算をどの広告にいくら振り分けるのかなど広告出稿で決めるべきことはたくさんあり、目的によって広告の運用方法も異なります。

本記事では「YouTube広告の仕組み」の全体像をお伝えしましたが、そもそも、広告の運用ノウハウがないと、YouTube広告で満足のいく成果は期待できません。広告作成や運用などに不安な方は動画幹事にご相談ください。

自社に合ったYouTube広告の作成・運用代行会社をお探しの方へ

自社の目的や要望に応えてくれるYouTube広告の作成・運用会社を見つけたい……という方はぜひ動画幹事にご相談ください。専門のコンサルタントが課題・予算などを丁寧にヒアリングし、最適な会社を選定・紹介します。

コンサルタントのご紹介 動画幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 専任のコンサルタントが、
お客様の予算と目的を丁寧にヒアリング。
最適な会社をピックアップ・ご紹介させていただきます!
初心者の方でも安心してご相談いただけます。

【無料】YouTube広告に強い制作会社を紹介してもらう