動画制作外注の失敗事例を紹介!失敗しないための注意点も解説

動画制作の外注を検討しているものの、どのように依頼をすれば失敗しないかで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、動画制作の外注の失敗事例や依頼時の注意点、制作会社選びの注意点などを紹介します。動画制作を外注する際の参考にしてください。

なお、動画制作会社の探し方・選び方がわからない!という方は動画幹事にお気軽にご相談ください。貴社の目的・予算にあった最適な会社を厳選してご紹介します。相談料・会社紹介料などは無料です。

【無料】動画制作会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. 動画制作の外注で失敗した事例
    1. 1-1. イメージと違う動画になってしまった
    2. 1-2. 動画の品質が十分でなかった
    3. 1-3. 納期が大幅にズレてしまった
    4. 1-4. 動画の意図が視聴者に正しく伝わらず炎上してしまった
  2. 2. 動画制作の外注で失敗してしまった要因
    1. 2-1. 制作会社に自社のビジネスを正しく理解してもらえなかった
    2. 2-2. 制作会社とのコミュニケーションがスムーズでなかった
    3. 2-3. 制作会社に動画マーケティングのノウハウがなかった
    4. 2-4. 動画の権利関係をきちんと把握していなかった
  3. 3. 動画制作の企画時の注意点
    1. 3-1. 伝えたい内容を絞る
    2. 3-2. 動画の目的をきちんと定める
    3. 3-3. 動画を流す媒体を決める
  4. 4. 動画制作会社選びの際の注意点
    1. 4-1. 動画マーケティングの知識がある業者を選ぶ
    2. 4-2. 制作事例を確認する
    3. 4-3. 制作会社の規模や費用感を確認する
    4. 4-4. 担当者とのやりとりは円滑か確認する
    5. 4-5. 納品形式を確認する
    6. 4-6. 金額だけで外注する会社を選ばない
  5. 5. 動画制作の外注時の注意点
    1. 5-1. 動画の利用範囲をきちんと確認する
    2. 5-2. 修正対応について確認する
  6. 6. 【まとめ】動画制作を外注する際の失敗事例を紹介しました

動画制作の外注で失敗した事例

動画制作の外注は、さまざまな要因で失敗してしまうことがあります。よくある失敗例は、以下の4つです。

動画制作の外注で失敗した事例

順に詳細を解説していきます。

イメージと違う動画になってしまった

動画の目的によって、内容や構成の組み立て方が変わるのが動画制作です。そのため、動画で何をどう伝えたいかが正しく制作会社に伝わっていないと、イメージと違う動画になってしまいます。

例えば、元々40代~50代に売れていた商品を20代向けにアレンジした新商品を宣伝する動画を作るとします。その際に「若者向けにアレンジした」というコンセプトが制作会社に正しく伝わっていないと、従来のイメージのまま中高年をターゲットにした宣伝動画になってしまうおそれがあります。当然ながら本来のターゲットである20代に向けて制作したわけではないので、イメージと違う動画が出来上がってしまうでしょう。

動画の品質が十分でなかった

動画制作を依頼したら、クオリティの高くない動画を納品されてしまうこともよくある失敗の1つです。

主な原因として、撮影技術・編集技術の不足や制作会社とのコミュニケーション不足による誤解、予算不足・制作期間不足が考えられます。動画制作の技術については、過去の制作事例やサンプル動画を見て確認するとよいでしょう。

また、依頼する側が予算感を正しく理解していなかったために、予算に見あっている品質の動画を低品質だと思ってしまうケースもあります。動画制作を依頼する側も、ある程度の相場を知っておくと良いでしょう。動画制作の相場に関しては、以下の記事で解説していますので参考にしてください。
関連記事:動画制作の相場・料金を徹底解説!費用を抑えるコツも紹介【2024年最新版】

納期が大幅にズレてしまった

納期が大幅に遅れてしまうこともよくある失敗です。遅れてしまう原因は主に以下の3通りに分けられます。

  • 制作会社側のスキル不足や工程管理ミスで作業が遅れた
  • 認識のズレにより何度も修正指示があった
  • 依頼する側が適切なタイミングで対応できなかった

動画制作会社のミスによる要因だけでなく、依頼側が原因で納期が遅れてしまうこともあるので注意しましょう。例えば、動画台本を作成して撮影をした後にラフ(イメージを確認する動画の下書きのようなもの)を制作してもらい、問題がないかを確認する工程があります。このときに、自社内の複数の人に相談や確認をしていてラフを承認することが遅れてしまうと、全体の工程も遅れてしまうでしょう。

また、本制作が始まってから後出しで修正指示をしてしまうとそれまで制作していた部分が作り直しになってしまうので、当然工程が大きく遅れます。

動画の意図が視聴者に正しく伝わらず炎上してしまった

動画のコンセプトや制作意図が見た人に伝わらずに炎上してしまったという失敗事例もいくつかあります。特にWeb媒体に載せる動画はSNSで反響を得やすいため注意が必要です。

例えば、大手飲料メーカーや商業施設の宣伝用の動画で、女性の描き方(動画内でとった行動)が不適切だとして問題になり、いわゆる炎上をしました。制作する側が意図していなくても、見た人に差別表現と捉えられてしまったために問題になった事例です。

動画制作の外注で失敗してしまった要因

動画制作の外注で失敗してしまった要因

制作会社に自社のビジネスを正しく理解してもらえなかった

自社のビジネスについて正しく理解をしてもらえないと、何を伝えるべきかがわからないため、制作する動画もただ情報を並べただけの動画になってしまいがちです。

具体例を挙げると、自社製品の宣伝動画を制作依頼した際に、その製品を使うメリットやベネフィット(得られる利益)を理解してもらえていないと動画に落とし込めません。製品の表面的な情報を紹介するだけで、製品の魅力を伝えられない動画になってしまいます。

制作会社とのコミュニケーションがスムーズでなかった

外注でイメージ通りの動画を制作してもらうには、コミュニケーション能力が重要です。コミュニケーションがスムーズに取れないと、要望通りの動画にならなかったり、低品質な動画になってしまったりします。

直接やりとりする担当者とのコミュニケーションは特に重要です。やりとりの中で不安を覚えたときは、担当者を変えてもらうことを検討してみても良いかもしれません。

制作会社に動画マーケティングのノウハウがなかった

動画マーケティングのノウハウがない制作会社に依頼をしてしまうと、見栄えだけ良くて成果の出にくい動画になってしまうおそれがあります。

動画マーケティングとは、動画を使って情報を伝えるマーケティング手法のことです。動画マーケティングには、企業や製品・サービスの魅力を伝えたり共感をさせたりするためのノウハウがいくつもあります。これらの知識がないと自社や自社製品・サービスの魅力を伝えられない動画が作られてしまうことがあるので、注意しましょう。

動画の権利関係をきちんと把握していなかった

動画には著作権があるため、事前に権利関係を整理しておかないとトラブルになるおそれがあります。

例えば、動画を制作する際に「Webサイトに載せる」としていた場合に、後から動画サイトにアップロードしたケースなどが考えられます。これらの二次利用(最初の取り決めとは違うところで利用すること)は、禁止されていたり追加料金が必要とされていたりするケースがあるため、注意しなければなりません。未確認のまま動画を二次利用して後から発覚し、著作権トラブルに発展してしまうこともあります。

【無料】動画制作会社を紹介してもらう

動画制作の企画時の注意点

動画制作の企画時の注意点

伝えたい内容を絞る

動画は多くのことを伝えやすい媒体ですが、あまり多く詰め込みすぎてもいけません。文章や画像と違い、動画は再生していると自動的に進んでしまいます。よって情報が多すぎると動画を見た人の脳が情報を処理できないままになってしまうおそれがあります。そのため伝えたい内容をある程度絞り、重要な情報を確実に伝えることが大切です。

何秒の動画でどれくらいの情報が伝えられるかわからない、という場合は伝えたい情報に優先順位をつけておいて、専門知識のある制作会社に任せることも手段の1つです。

動画の目的をきちんと定める

動画の目的が定まっていないと、イメージと違うものになってしまったり、伝えたいことが伝わらない動画になってしまったりしがちです。

企業や企業活動について伝えるのか、商品・サービスの認知度を上げるのか、商品・サービスの購入を促すのか、きちんと目的を決めておきましょう。目的が決まったら、ターゲット層も具体的に定めておくとイメージが正しく伝わりやすくなるのでおすすめです。

また、同じような目的で制作されている動画を用意して、参考動画として提示することも有効です。その際は、その動画のどの部分を参考にして欲しいかをあわせて説明しましょう。

動画を流す媒体を決める

動画と一口にいっても、利用される媒体によって効果的な動画の作り方は変わります。そのため、動画制作を依頼する前に「どの媒体で動画を利用するのか」を決めましょう。

例えば、最初の数秒間だけ見て飛ばされることが多い動画サイトで動画広告として流す場合は、冒頭の5秒で目を引かなければなりません。一方、街頭に設置してあるデジタルサイネージ(ディスプレイやタブレット端末などの電子媒体を利用した看板)で表示する場合は、最初から見るとは限りません。このように動画を利用する状況によって作り方が変わるので、どのような媒体・どのような状況で利用する動画なのかを具体的に決めておきましょう。

【無料】動画制作会社を紹介してもらう

動画制作会社選びの際の注意点

動画制作会社選びの際の注意点

動画マーケティングの知識がある業者を選ぶ

動画制作会社の中には、動画撮影・動画編集のスキルが高いものの動画マーケティングの知識があまりない会社もあります

動画が綺麗で困ることはありません。しかし、自社のブランディングや製品・サービスの紹介、製品・サービスの販売促進などの目的を達成できなければ動画が綺麗でもあまり意味がない動画になってしまいます。動画マーケティングの知識がある制作会社であれば、目的のために有効な手法を駆使した動画の制作が期待できます。そのため、動画マーケティングの知識がある制作会社を選ぶことが大切です。

制作事例を確認する

制作事例を見ることで、過去に作った動画のクオリティを確認できます。また、自社が制作してもらうと考えている動画に近いイメージのものが制作事例にあれば、ある程度の知識やスキルがあると判断する材料になります。

制作事例を確認する際は見た目の綺麗さだけでなく、動画で紹介している会社や製品・サービスの魅力を伝えるための演出がされているかに注目すると良いでしょう。

制作会社の規模や費用感を確認する

制作会社の規模と依頼する動画の規模によっては受けてもらえないこともあるので、制作会社の規模や大体の費用感を確認しましょう。まったく同じ内容で制作依頼をしても、規模が大きい会社の方が工程に関わるスタッフが増えるため、費用が高くなる傾向があります。

担当者とのやりとりは円滑か確認する

動画制作は、担当者とのやりとりがうまくいかないと、イメージした通りの動画を制作してもらえません。そのため、問い合わせ時の対応や見積もり依頼をしたときの対応などからコミュニケーション能力に問題がないか確認することが大切です。最低でも以下の項目をチェックしておきましょう。

  • レスポンスの早さ
  • 意図を汲んで制作会社側から提案をしてもらえたか
  • 見積書の内訳をきちんと説明してくれたか

納品形式を確認する

動画にはさまざまなファイル形式があります。また、同じファイル形式であっても、画質(解像度)や縦横比(アスペクト比)も様々です。

動画を広告としてメディアに出稿する際は、データ形式やフォーマットが指定されていることがあるので、納品形式がその指定に対応していなければなりません。そのため、出稿予定のメディアの指定している形式に対応できるかを確認しておく必要があります。

金額だけで外注する会社を選ばない

金額は制作会社選びで大事な要素の1つですが、金額だけで選んでしまうと失敗するリスクがあるのであまりおすすめしません。

金額が安くなるのには理由があります。例えば、制作スタッフのスキルが低かったり、工程を減らして人件費を減らしていたりなどの理由があるでしょう。その場合は、クオリティの高くない動画になってしまうリスクがあります。動画制作の外注で失敗しないためには金額だけで選ばないことが大切です。

動画制作の外注時の注意点

動画制作の外注時の注意点

動画の利用範囲をきちんと確認する

動画には著作権があります。そのため、一度納品してもらった動画を他の目的で利用する際の手続きを事前に確認することが大切です。二次利用(本来の用途以外の用途に利用すること)の許可はもらえるのか、二次利用するには追加料金がかかるのかなどを確認しておきましょう。

修正対応について確認する

動画の制作中や制作後の修正対応はどこまで対応してもらえるか、何回まで無償で対応し、何回目から有償になるのかなどを確認しましょう。事前に確認せずに依頼をしてしまうと、修正指示をしても拒否されてしまってトラブルになるケースがあります。

【まとめ】動画制作を外注する際の失敗事例を紹介しました

動画制作を外注する際に起きる失敗事例を紹介しました。動画制作では、コミュニケーション能力の不足によってイメージと違うものになったり、意図と違う動画ができてしまったりするリスクがあります。
動画制作の外注で失敗しないためには、スキルやノウハウを持った信頼できる動画制作会社を選び、動画で伝えたい内容を具体的に共有することが大切です。

なお、動画制作会社の探し方・選び方がわからない!という方は動画幹事にお気軽にご相談ください。貴社の目的・予算にあった最適な会社を厳選してご紹介します。相談料・会社紹介料などは無料です。

【無料】動画制作会社を紹介してもらう