動画マーケティングの注目すべき効果とは?メリット・デメリット、始め方と成功のコツを解説【2024年最新版】

動画マーケティングの効果

テレビCMよりも費用対効果がいいと聞く動画マーケティングですが、

「時代に乗り遅れないように動画コンテンツでも集客して売り上げにつなげたい」
「動画マーケティングがCVに繋がるイメージが湧かない」
「動画マーケティングには本当に事業として投資価値があるのだろうか?」

などのような悩みがありませんか?

この記事では、動画マーケティングで得られる効果、成功事例、具体的な手法についてわかりやすく紹介します。動画マーケティングの効果や始め方を知っていただいた上で、貴社のマーケティング戦略に取り入れてみてください。

※現在、動画マーケティングを始めるべきか検討している方は動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、最適な会社を選定します。相談料も紹介料も一切かかりません。

【無料】動画マーケティングに強い動画制作会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. 動画マーケティングとは?
    1. 1-1. 動画マーケティングの手法
  2. 2. 動画マーケティングで得られる効果・メリット
    1. 2-1. 認知度向上につながる
    2. 2-2. ブランディングにつながる
    3. 2-3. 検索結果の上位表示も期待できる
    4. 2-4. 購買意欲を高められる
    5. 2-5. 顧客満足度が上がる
  3. 3. 動画マーケティングの成功事例 
    1. 3-1. ぴあの屋ドットコム
    2. 3-2. 株式会社ベルク
    3. 3-3. freeeで行う経理の流れ「個人事業主確定申告版:会計freee使い方」【会計ソフト】
  4. 4. 動画マーケティングの効果の測定方法(2ステップ)
    1. 4-1. 【ステップ1】KPI(評価指標)の設定
    2. 4-2. 【ステップ2】ツールを使って効果を検証
  5. 5. 動画マーケティングにおける注意点
    1. 5-1. 専門知識や技術を持った人材が必要
    2. 5-2. 制作時間や外注費用などのコストがかかる
  6. 6. 動画マーケティングの支援を依頼する料金の目安
  7. 7. 【まとめ】動画マーケティングは効果絶大!今すぐ活用しよう
    1. 7-1. 動画制作をプロに依頼したいという方へ

動画マーケティングとは?

動画マーケティング

動画マーケティングとは、映像コンテンツを活用した集客や販売戦略のこと。商品やサービスの認知度を上げたり、企業のブランディングを行うことで、購入や申し込みなどの成果(= コンバージョン。*以下「CV」と表記)の獲得を目指します

動画マーケティングは「動画の制作や公開」のみを意味するのではありません。企画立案から動画公開、アナリティクス分析など一連のマーケティング活動全てを含みます。

企業の採用における動画の活用やYouTubeでの商品紹介も、動画マーケティングの一環です。

動画マーケティングの手法

手法は主に8種類あります。

動画広告

YouTubeやYahoo!のトップページの広告枠や

SNSの動画広告に出稿する方法

YouTubeマーケティング

YouTubeでチャンネルを開設し、ユーザーに役立ったり

面白いと思われる動画を配信していく方法

トップページやLPへの

動画設置

自社トップページやLPに動画を設置する方法

交通広告

主に電車車両内やタクシーのモニターで

動画広告を配信する方法

デジタルサイネージ

街頭の大型LEDビジョンや店舗、空港などの電子看板に

動画配信する方法

展示会での配信

展示会や説明会などのイベント会場の来場者に対して、

動画で興味を高めて自社ブースへ集客する方法

オンライン配信

学校のオンライン授業や音楽のオンラインライブ

のように、リアルタイムで映像や音声を配信する方法

動画セミナー

観客がいないなかでオンラインセミナーを配信し、

その動画をWebサイトやSNSなどにアップロードする方法

自社商品やサービスのターゲットが触れる可能性が高い場面を想定して、上記手法からピックアップして動画マーケティングを展開していくことが重要です。ターゲットが触れることが多い場面向きの動画を作ってマーケティングする方が、ターゲットが見てくれる確率が高くなるからです。

例えば、30代男性サラリーマン向けのビジネス用シャツの動画マーケティングをするなら、ターゲットがいる可能性が高い場面(電車やタクシーなど)に動画広告を出稿することが有効な戦略の1つとして挙げられます。

動画マーケティングの各手法の詳細は、下記記事をご参照ください。

関連記事動画マーケティングとは?メリット・種類・手法・費用まで網羅します【初心者向け】
動画マーケティングの手法8選!各手法の向いている企業、注意点も解説

【無料】動画マーケティングについて相談する

動画マーケティングで得られる効果・メリット

動画マーケティングで得られる効果・メリット

動画マーケティングの効果・メリットは主に下記の5つです。

・認知度向上につながる
・ブランディングにつながる
・検索結果の上位表示が期待できる
・購買意欲を高められる
・顧客満足度が上がる

認知度向上につながる

近年のスマホやタブレットの普及、通信サービスの向上により、動画を目にする機会が増加しました。とくにSNSでは、様々なタイミングで動画が数多く表示されるようになっています。

動画が多くの人に視聴されることで、商品やサービスの認知度は向上していきます。SNSで配信した動画の内容が印象強かったりおもしろいと、YouTubeの急上昇ランキングに載ったり、Twitterでたくさんリツイートされることがあります。すると動画が拡散され、瞬く間に多くの人の目に触れることになるのです。

ブランディングにつながる

動画にイメージキャラクターを出したり、企業理念をドラマ仕立てで紹介したりすると、企業の世界観が伝わり、ブランドイメージを確立できます。テキストだけでは伝わりづらい「ブランドの雰囲気」も、独自の映像や音楽、効果音、テロップ、ナレーションによって視聴者に伝えられやすいのです。

検索結果の上位表示も期待できる

ユーザーに有益な動画をYouTubeに投稿し、Googleから高く評価されれば、検索結果でも動画が上位表示されることがあります。
※YouTubeは2006年にGoogleの傘下に入っている
※Yahoo!はGoogleの検索技術を利用=Googleの検索結果とほぼ同じになる傾向

検索結果で上位表示されると動画コンテンツの閲覧数は増えます。すると、Googleなどの検索上でも多くの人に自社商品やサービスをアピールできるのです。

下記のように、「筋トレ 簡単」「メイク やり方」など、検索結果の上位に動画が表示されるタイプのキーワードがあります。動画コンテンツが上位表示される検索結果は近年増加傾向のため、SEOを意識した動画マーケティングは今後も重要性を増していくでしょう。

動画マーケティング

購買意欲を高められる

商品やサービスの内容に加えて、「顧客が商品を実際に使っている様子」を動画で伝えることで、視聴者が商品をより深く理解できます。また、「利用者の感想」も動画で伝えれば、視聴者は商品を使うことで変われる自分をイメージしやすくなるため、購買意欲が高まるのです。

たとえば、ニキビを治す塗り薬を実際に使って肌が改善したユーザーの感想を伝えたり、塗り薬を使う前の肌と薬を使って改善した肌の比較を伝えられます。すると、視聴者も「こんなにニキビが減るのなら、トライアルだけでも申し込んでみようか」と購買意欲を刺激されるのです。

動画は情報量が豊富

テキストや音声のみの情報よりも動画のほうが、視聴者は商品について一層イメージしやすくなり、購入意欲を刺激されやすくなります。アメリカのマーケティング会社であるClearPivotは、Facebook広告を画像から動画にした場合、クライアントのCVR(CV率 = コンバージョン率のこと)が20~30%増加したと報告しています。
※参考:datebox(英語サイト)

1分間の動画が「180万語の情報量」と同等と考えられています。これはWebサイト3,600ページ分に相当する情報量です。

顧客満足度が上がる

商品やサービスの「使用方法」や「おすすめの活用法」を動画で伝えることで、顧客の利用満足度を上げることもできます。顧客満足度の高さは、商品やサービスの継続利用につながる重要なポイントです。

YouTubeなどでよく見る「How To動画」も、動画マーケティングの一種。下記は、Chatwork株式会社が提供するビジネス向けチャットアプリ『Chatwork』の使い方を説明している動画です。

動画を見た顧客自身が、商品やサービスを周囲に勧めるといった口コミ効果も期待できます。

※現在、動画マーケティングを始めるべきか検討している方は動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、最適な会社を選定します。相談料も紹介料も一切かかりません。

【無料】動画マーケティングに強い動画制作会社を紹介してもらう

動画マーケティングの成功事例 

動画マーケティングの効果を理解したら、次は実際の動画マーケティングの成功事例を通して重要となるポイントを見ていきましょう。

ぴあの屋ドットコム

中古ピアノを販売するWebサイト「ぴあの屋ドットコム」のYouTube動画です。
この動画を公開したところ、月間のピアノの売り上げ数が下記のように増えました。

・5台

・最高47台

動画によって月間売り上げ数が増えた理由は、動画のターゲットである中古ピアノ購入を検討している人が知りたいことを動画で伝えているからです。

この動画では、「ぴあの屋ドットコム」の代表者さんが直々に中古ピアノを演奏することで、中古ピアノでもきちんと演奏できて、音色も新品のピアノから大きくは劣らないことを証明しています。この動画を見た視聴者は購入を検討する上で、文字や画像だけでは分からない情報、つまり中古ピアノの音色や実際に弾いた際の鍵盤の動きなどを知りたいと思っています。

株式会社ベルク

スーパーマーケットチェーンを展開する株式会社ベルクのドラマ仕立ての採用動画。
この動画は150万回以上再生され、採用サイトへのアクセス数が200%になりました。

この動画が先述の再生回数・サイトへのアクセス数増加をもたらしたのは、動画の主人公を就活生にすることで、視聴者(ターゲットである求職者)の共感を得て、同社の求職者が「自分ごと化」できるシナリオになっているからです。動画は、新卒の就職活動中の女性を主人公にした再現ドラマになっています。主人公が内定がもらえず落ち込む中で、母親とベルクのスーパーに行くストーリーです。

この動画のYouTube概要欄には、採用ページへのリンクが設置されているので、動画を見て同社に興味が湧いた求職者が、採用ページに訪問できる導線作りもされています

freeeで行う経理の流れ「個人事業主確定申告版:会計freee使い方」【会計ソフト】

「会計ソフトfreee」の動画マーケティング事例です。
実際に操作する画面を映して、会計ソフトfreeeの使い方をレクチャー。確定申告の仕方もアニメーションでわかりやすく説明しています。そのため、ユーザーが動画を観ながら自分自身で確定申告ができるイメージを与えているのです。

チャンネル内にはすぐにfreeeを使えるように、会計freeeのサイトURLが設置されており、サービスに興味を持ったユーザーが自然な流れでアクセスできるよう導線設計されています。

そのほか動画マーケティングの事例をご覧になりたい方は、下記記事をご参照ください。

関連記事【事例あり】動画マーケティングの成功事例と活用ポイントをご紹介!

※現在、成功事例を見ても動画マーケティングが上手くいくか自信がない方は動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、最適な会社を選定します。相談料も紹介料も一切かかりません。

【無料】動画マーケティングに強い動画制作会社を紹介してもらう

動画マーケティングの効果の測定方法(2ステップ)

動画の制作や公開だけでは、マーケティングとして十分とはいえません。期待した効果を得るためには、効果測定をしながら改善を重ねていくことが大切です。

本項では、動画マーケティングの効果測定の2ステップについて解説します。

【ステップ1】KPI(評価指標)の設定
【ステップ2】ツールを使って効果を検証

【ステップ1】KPI(評価指標)の設定

KPIは、目的達成までの度合いを計測するための指標です。動画マーケティングにおいて主な指標となるのは、再生回数やCV数、平均視聴時間などです。

重要なのは、動画マーケティングの目的に合わせて複数の指標を設定すること。たとえば、商品やサービスの売上を促進させたい場合、KPIをCV数やCVRに設定すると良いでしょう。
動画のパフォーマンスが設定したCV数やCVRに達していないことがわかれば、目的となる売り上げ達成が不可能であることがわかります。すると、CV数・CVRを挙げるために、動画マーケティング施策内容の改善が必要であることが認識できるのです。

【ステップ2】ツールを使って効果を検証

効果の分析には、設定した指標を計測する必要があります。ここでは、無料で使える2つのツール、YouTubeアナリティクスとGoogleアナリティクスを紹介します。

YouTubeアナリティクスでの効果検証

YouTubeアナリティクスは、YouTubeに投稿した動画のパフォーマンスを確認できるツールです。YouTubeアカウントがあれば無料で利用でき、動画の総再生回数や視聴維持率、視聴者の男女比・年齢層などを知ることができます。

これらのデータを知ることができれば、動画内容の改善策が生まれたり、自社の商品やサービスのターゲットに見られているか否かを確認できるのです。

Googleアナリティクスでの効果検証

Googleアナリティクスは、Googleが無料で提供するWebページのアクセス解析サービスです。Webサイトのアクセス数やCV数、ページごとの離脱率などを計測できるため、動画マーケティングにおける注意点です。

【無料】動画マーケティングについて相談する

動画マーケティングにおける注意点

動画マーケティングにおける注意点

メリットの多い動画マーケティングですが、注意すべきポイントが2つあります。

専門知識や技術を持った人材が必要

ユーザーのニーズに合った動画を制作するには、ユーザーのペルソナ(= 商品やサービスの典型的ユーザー像)や基本的なマーケティング手法について理解している必要があります。ターゲット分析のほか、集客や認知度アップなどの知識も持ったうえで、目的に沿って動画を制作しなければならないのです。

自社で動画を制作する場合は、撮影や編集の技術を持った人材も求められます。さらに、制作後のメディア掲載や効果測定まで行える人材を確保しておくことが望ましいでしょう。

制作時間や外注費用などのコストがかかる

動画マーケティングには企画立案から動画の編集作業、効果測定まで様々な工程があります。動画マーケティングの効果を十分に発揮させるためには、1つの動画の企画から効果測定が確認できるまで、少なくとも数週間を要するでしょう。

動画マーケティング会社に外注する場合、数十万円の費用がかかることも珍しくありません。動画マーケティングの見積もりには、主に「企画費」「人件費」「諸経費」といった費用が含まれます。会社によっては企画費や人件費が高額になる場合もあるため、注意が必要です。


※現在、動画マーケティングに精通した方が会社内にいなかったり、外注先を選ぶ手間が惜しいと感じる方は動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、最適な会社を選定します。相談料も紹介料も一切かかりません。

【無料】動画マーケティングに強い動画制作会社を紹介してもらう

動画マーケティングの支援を依頼する料金の目安

動画マーケティングを外注する場合のメニューは主に「YouTubeコンサル」「SNS広告運用」「動画制作」の3つがあります。
各メニューごとの相場は下記の通りです。

・YouTubeコンサル:月30万〜50万円
・SNS広告運用:広告費の10〜20%
・実写の動画制作:30~80万円
・アニメーション動画:80~100万円

YouTubeコンサルは、YouTube運用の仕方や動画内容、動画を公開したあとのSNSとの連携や分析などへのアドバイスが含まれます。

SNS広告運用では、自分で広告費を設定して入札する仕組みのため、自分で予算の上限を設定できます。

実写の動画制作は、安くても20万円、出演者にプロの俳優を起用すると200万円程度もかかります。

アニメーション動画でも、もともと自社にイラスト素材があれば20万円、テレビアニメのように品質の高い動きを入れると200万円程度かかるのです。

求めるクオリティによって、費用には大きな差が生まれます。費用をなるべく抑えたいなら、目的やターゲットといった最低限の要件は自社内で決めておきましょう

「YouTubeコンサル」「SNS広告運用」「動画制作」の各費用の相場は、それぞれ各記事でくわしく紹介しています。

関連記事YouTubeコンサルの費用・料金相場を現役コンサルタントが解説
関連記事動画広告の費用と料金相場・単価を徹底解説!【事例あり】
関連記事動画制作の相場・料金を徹底解説!費用を抑えるコツも紹介!

【無料】動画マーケティングについて相談する

【まとめ】動画マーケティングは効果絶大!今すぐ活用しよう

動画マーケティングには、以下の効果やメリットがあります。

・認知度向上につながる
・ブランディングにつながる
・検索結果の上位表示が期待できる
・購買意欲を高められる
・顧客満足度が上がる

予算規模に応じた適切なコストで、マーケティング効果の最大化を目指しましょう。

ただし、自社で動画を制作するのは決して簡単ではありません。動画制作の技術とマーケティング知識の両方を持った人材が必要になるからです。

動画制作会社への外注を検討する場合は、コンサルタントに予算規模や制作目的を相談してみるのもおすすめですよ。まずはどういった理由で動画を制作したいのかを考え、「こういった目的なら何の動画がおすすめか」「●●の課題を解決したいするためにはどうしたらいいか」などをプロに相談してみてはいかがでしょうか。

動画制作をプロに依頼したいという方へ

動画マーケティングも含めて課題に対応できる制作会社が知りたい…という方はぜひ動画幹事にご相談ください。
動画幹事は、あなたに最適な映像制作会社を「人力で」マッチングするサービスです。
専門のコンサルタントが課題・予算などを丁寧にヒアリングし、最適な会社を選定・紹介します。

コンサルタントのご紹介 動画幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 専任のコンサルタントが、
お客様の予算と目的を丁寧にヒアリング。
最適な会社をピックアップ・ご紹介させていただきます!
初心者の方でも安心してご相談いただけます。

【無料】動画マーケティングに強い制作会社を紹介してもらう