TikTok広告の成功事例12選!メリットや広告作成のコツも解説【2024年5月最新版】

TikTok広告の成功事例12選!メリットや広告作成のコツも解説

「TikTok広告の成功事例を参考にしたい」
「事例からどのような広告が効果的なのか知りたい」
「TikTok広告を成功に導くコツとは?」

新たな広告の施策として、TikTok広告を検討しているマーケティング担当者のなかには、上記のようなことで悩んでいませんか。

そもそもTikTokとは、15秒〜1分程度の短い動画を作成・投稿できるプラットフォームです。動画撮影時の速さを調整でき、アプリ内に実装されている特殊機能を活用すると、専門スキルなしでユニークな動画に編集できるのが特徴です。

TikTokユーザーの年齢層は10〜20代の割合が多いため、あなたの企業でもTikTok広告によって、今までよりも若い世代をターゲットにしたアプローチを検討しているのでしょう。しかし、今までにTikTok広告を出稿した経験がないと、どのように広告を配信すればよいのかなかなかイメージがしづらいでしょう。事例を参考にすることで、成果につながる広告を作りやすくなります。

この記事ではTikTok広告の事例を紹介し、TikTokのメリットや成功に導くコツを解説します。

※TikTok広告の導入で悩んでいる方は、動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、最適な会社を選定します。相談料も紹介料も一切かかりません。

TikTok for Businessへの登録はこちら

目次
  1. 1. TikTok広告の種類と活用事例12選
    1. 1-1. インフィード広告
    2. 1-2. インフルエンサー広告
    3. 1-3. 起動画面広告
    4. 1-4. ハッシュタグチャレンジ
  2. 2. TikTok広告のメリット
    1. 2-1. 訴求力が高い
    2. 2-2. TikTok以外のSNSでも拡散される
    3. 2-3. 独自の広告配信形態がある
    4. 2-4. 若い世代にアプローチできる
  3. 3. TikTok広告を成功に導く4つのコツ
    1. 3-1. 縦長の動画にする
    2. 3-2. インフルエンサーを活用する
    3. 3-3. 冒頭2秒で惹きつけられる内容にする
    4. 3-4. 真似しやすいダンスや音楽を取り入れる
  4. 4. TikTok広告を出稿する方法
  5. 5. 【まとめ】TikTok広告の事例を把握して活用しよう

TikTok広告の種類と活用事例12選

TikTok広告を活用したマーケティング事例にはどのようなものがあるのでしょうか。すでに配信されている広告の事例を把握すると、自社で導入する際に広告作成のイメージができます。

インフィード広告

TikTokのインフィード広告は、投稿欄のおすすめに表示される広告です。いいねやコメントなどがつくようになっており、ユーザーの反応を確認できます。

日本ロレアル(メイベリン ニューヨーク)

日本ロレアル(メイベリン ニューヨーク)

画像引用:TikTok

日本ロレアルは化粧品の輸入・製造・販売を行っている会社です。同社の化粧品ブランド「メイベリン ニューヨーク」のマスカラは、元々のターゲットが上品で清潔感のある「洗練された大人の女性」でした。しかし、デジタルネイティブ世代の女性からのブランド好感度・知名度を拡大する目的で、TikTok広告を導入しています。

同社のTikTok広告では、若い世代が親しみやすいように、人気インフルエンサーでファッションモデルとして活動する莉子さんを起用。まつ毛を彼氏に例えた「まつ毛彼氏」をテーマにして動画を撮影してもらい、カールしたまつ毛への関心が高い若い女性に向けて訴求しました。まつ毛を彼氏に例えることで、まつ毛も彼氏のように女性がどんなに頑張っても自分の思い通りにならないという不満を視聴者に与えました。カールしたまつ毛に対して「愛され」「かわいい」と思ってもらうことをコンセプトにした動画をインフィード広告で発信しています。

広告に使用した楽曲は「お願い私のわがまま聞いて」のようにターゲット女性の気持ちを代弁した歌詞を音楽にのせたオリジナル制作をしています。広告の終盤に同社の製品である「ハイパーカールマスカラ」が登場し、まつ毛の根本から先端までしっかりカールを保てることを訴求し、「まつ毛のカールを保てない」といったまつ毛の悩みを解決できることをアピールしました。

結果的にインフィード広告動画は「1日で48,700件のいいね」「2,907件のコメント」「709件のシェア」を記録しました。ブランド認知度が80%向上し、ブランド好感度が47.9%増加する結果になっています。

ターゲットとなる若い世代の認知度が高いインフルエンサーを起用したことで、若い世代にも親しみを感じてもらいやすくなり、より多くの若いユーザーの認知拡大につながったと考えられます。

大塚製薬(ファイブミニ)

大塚製薬(ファイブミニ)

画像引用:TikTok

大塚製薬の製品ブランド「ファイブミニ」の若年層に向けた購買に結びつけるため、TikTok広告を活用しました。ファイブミニは、今まで30〜50代をターゲットにSNSを含めたWebでプロモーションを展開していましたが、TikTok広告でより若い世代をターゲットにしています。

しかし、同社ではTikTokのアカウントを開設していないにも関わらず、女性ユーザーを中心に便秘解消やダイエットに良いという投稿がされて注目を集めていました。そこで同社もTikTokアカウントを開設し、女子大生Vlog(日常生活の動画)を投稿する大賀咲希さんや、美容系TikTokerのもとかのさんなどのインフルエンサーを活用したインフィード広告を出稿。インフルエンサーが便秘やダイエットの悩みを解決するため、ファイブミニを飲んでいることを告白する内容で、実際に飲んだ感想も語っています。広告を視聴したユーザーの中で同様の悩みを抱える視聴者に「ファイブミニを飲むと悩みが万事解決できるかも」という印象を与えられます。

2021年8月上旬時点で「#ファイブミニ」が付いた動画の視聴回数は、2000万回を超えました。多くの再生回数やいいね数を獲得でき、様々なコメントが寄せられた結果、まだ買ったことがないユーザーの購入を後押ししました。起動画面広告では、サンプリングキャンペーンとして、ファイブミニ1パック(6本入り)を1,000名にプレゼントする企画を実施。若い世代だけでなく、30代からの応募も獲得しています。

同社では元々TikTokでバズっていたところに、インフルエンサーを活用した広告を出稿したことで、より多くの若いユーザーの認知を獲得しました。

LUXXE(女性専門の脱毛サロン)

LUXXE(女性専門の脱毛サロン)

画像引用:YouTube

LUXXEは女性専門の脱毛サロンです。脱毛をしてみたい女子中学生・高校生をターゲットにした広告です。広告はストーリー性になっており、女性が気になる男性と同じクラスになるところから始まります。

広告の前半は女性が抱えている「肌が弱い」「毛の処理が甘い」といった体毛・肌の悩みや、脱毛サロンの利用は費用が高い・予約が難しいといった問題を提示しています。視聴者が「まさに今の自分の悩みに近い」というように、自分ごととして考えるきっかけになります。

後半では「お小遣いで始められる料金プラン」「予約が取りやすい」など、同社を利用するメリットを訴求しました。中高生でも始められると感じてもらい「試しに体験してみたい」と、行動喚起につなげられる効果を与えられます。同社を利用するメリットがわかるシナリオなので、脱毛初心者でも興味を持ってもらいやすい広告です。

FUJIMI(カスタマイズサプリのサブスクリプション)

FUJIMI(カスタマイズサプリのサブスクリプション)

画像引用:マーケドリブン

FUJIMIは自分に合ったサプリを選べるカスタマイズサプリのサブスクリプションを提供する会社です。同社の広告は美容に興味があってサプリメントを飲み始めたいが、自分に合うものをどのように選べな良いかわからない方をターゲットにしています。広告は実際のサービス画面を使用して、手元に届いたサプリやサプリの説明書なども同封された様子とともに、カスタマイズサプリのサービスを利用する流れを紹介しています。

あらかじめサイト内で美容分析の診断を受けることで、自分に合うカスタマイズされたサプリメントが手元に届く内容です。実際の美容診断ページを映しながら紹介しているので、広告を視聴したユーザーがサービスの疑似体験を行っている感覚を得られます。よってユーザーに興味を持ってもらいやすい、安心して利用したくなるよう喚起しやすくなるのです。

最後に「自分磨きしたい方」とおすすめの人を提示しており、サービス利用へ誘導しています。

Cygames(サイコミ)

Cygames(サイコミ)

画像引用:HubSpot

Cygamesでは無料マンガ配信サービス「サイコミ」を運営しており、利用者数を拡大するためTikTok広告を配信しました。広告は漫画紹介のインフルエンサーもつもつさんが、サービス内で読める漫画「TSUYOSHI 誰にも勝てない、アイツには」を紹介する内容です。

冒頭で「1度で2度おいしい作品」というキャッチコピーを伝え、一気にユーザーの興味を惹きつけています。どんなストーリーなのかを、実際の漫画にわかりやすいテロップを添えて簡潔に流れるように紹介し、「コメディ」と「バトル」の両方を楽しめること(1度で2度おいしい)を訴求。最後にサイコミなら全話無料で読めるという宣伝をして、サービス利用への誘導をしています。

この広告は冒頭に漫画のメリットをキャッチコピーで伝えているのがポイントです。開始1秒でユーザーの興味を惹きつけられるため、キャッチコピーの意味を知りたいと感じさせることで、最後まで視聴してもらいやすいです。

【無料】TikTok広告について相談する

インフルエンサー広告

インフルエンサー広告とは、TikTokインフルエンサーを起用した動画広告です。インフルエンサーは、TikTok内で多くのファンを獲得しているため、そのファンからの反応をもらいやすいです。

花王(アタックZERO)

花王(アタックZERO)

画像引用:TikTok

TikTok内の主婦・ママ層に向けて、同社の洗濯用洗剤「アタックZERO」の認知を獲得するためにTikTok広告を採用しました。

広告ではアタックZEROの魅力である、片手で洗剤の計量ができるワンハンドプッシュを訴求。人気TikTokクリエイターで子どもを中心に家族の動画を投稿するぽるぽるちゃんとのコラボレーション動画を制作し、できる限り広告色を抑えるためにも、第三者視点で配信する形で広告を出稿しました。育児をしながら洗濯するストーリーで、アタックZEROを利用すると「洗濯が楽になりそう」「子どもと楽しく洗濯できそう」と思ってもらえる内容の動画です。

動画の再生数は730万再生を達成し、141%の広告認知を獲得するといった結果が得られています。同社の広告はインフルエンサーを起用し、育児をしながら実際に製品を利用している内容なので、主婦・ママ層に対して「アタックZERO」を使用すると、子どもにも協力してもらうことで楽に洗濯しやすくなるといった共感を生みやすいのが特徴です。

ululis(シャンプー&トリートメント)

ululis(シャンプー&トリートメント)

画像引用:マーケドリブン

ululisは美容製品の販売をしている会社です。垢抜けしたいと考えている女性をターゲットに、同社で販売するシャンプーとトリートメントを訴求するため、広告を活用しています。

広告ではTikTokフォロワーが日本で1番多いインフルエンサー影井ひなさんを起用。人気インフルエンサーのモーニングルーティンの一部を広告を作成することで、ユーザーに興味を持ってもらいやすく、視聴者が出かける前の準備で使用するイメージを持てます。同社のシャンプーとトリートメントを使った「まとまった仕上がりになる」といった効果を紹介し、ユーザーが実際に使ってみたいと感じるでしょう。広告を自然な形で配信しているので、最後まで視聴されやすくなっています。

【無料】TikTok広告について相談する

起動画面広告

起動画面広告とは、TikTokを起動した際に表示される広告です。3〜5秒の間表示され、その間はスキップできません。ユーザーに見てもらいやすく、リンクを設置すると、ホームページやLPへの誘導ができます。

ミクシィ(モンスターストライク)

ミクシィ(モンスターストライク)

画像引用:HubSpot

ミクシィはソーシャルネットワークサービスやモバイルゲームを展開している会社です。同社はTikTokの起動画面広告で、モバイルゲーム「モンスターストライク」のPRを行いました。

TikTokアプリを起動後に全画面表示されるメリットを活用するため、画面の半分程度に人気お笑いタレントのタモリさんの顔を表示して、視聴者にインパクトを与えています。タモリさんの画像によって、誰でも「タモリさんのあのTikTok広告」と忘れづらくなるのです。

画面上部に「総額4億円が当たる」といったメッセージを配置することで、ユーザーの興味を引いています。そして画面下部の「モンスト運極BINGO 12月31日22時より生配信」というメッセージで、企画を紹介しているのです。

起動画面広告は3〜5秒程度しか表示されないため、数秒でもキャンペーン企画を理解できるよう最低限のテキストを使用しているのが特徴となります。画面が乱雑にならないので、ユーザーが一目で企画を理解しやすいです。

【無料】TikTok広告について相談する

ハッシュタグチャレンジ

ハッシュタグチャレンジとは、企業が用意したハッシュタグに沿って、ユーザーが動画を作成・投稿する広告です。ユーザー参加型なので、自然と拡散されていくのが特徴です。他の種類の広告よりも注目されやすく、うまくいくとバズるかもしれません。

江崎グリコ(ポッキー)

江崎グリコ(ポッキー)

画像:TikTok

江崎グリコは菓子・食品・乳製品などの製造・販売をしている会社です。同社では11月11日の「ポッキー&プリッツの日」を盛り上げるため、デジタルネイティブ世代のブランド認知度や製品知名度を拡大することを目的にTikTok広告を導入しました。

「#ポッキー何本分体操」と呼ばれるハッシュタグチャレンジを実施。広告では「あなたのHappy何本分?」というオリジナルの楽曲に合わせて、ポッキーを持つ本数が多いほど幸せであるというブランドメッセージを伝えています。

キャンペーンを多くの人に配信するため、インフルエンサーにフィンガーダンスを実演してもらっています。動画は15秒ですが、1本から始まり100本まで増え、次第に音楽もスピードアップしていく内容です。ユーザーが真似しやすいダンスになっており、視聴者が「自分も真似して投稿してみよう」といった印象を与えられます。

結果、TikTokで話題になり、最終的に5日間で動画閲覧数は2,730万回に達して、ユーザーが作成した動画数は3,600本以上投稿されました。フィンガーダンスを採用したことで、ダンス経験がなくても動画を撮影しやすく、多くのユーザーに参加してもらえたと考えられます。

キレイモ(キレイモいいね割チャレンジ)

キレイモ(キレイモいいね割チャレンジ)

画像引用:Grab

キレイモは女性専門の全身脱毛サロンです。同社では新規ユーザーの獲得をするため、ハッシュタグチャレンジを導入しました。

「#キレイモいいね割チャレンジ」を設定して、ユーザーの投稿動画についたいいね数に応じて割引特典を受け取れるキャンペーンを実施。企画のアンバサダーとして、西川樹里さんや粕谷音さんなど、10代の有名人を起用することで、若い世代への認知を訴求しました。脱毛をおこなったことがない視聴者でも「割引になるなら試しにやってみようかな」と行動喚起の効果を与えられます。

キャンペーンではTikTok内で流行りの楽曲を作者にリミックス依頼をして、広告に認知度の高い楽曲を使うことでエンゲージメントを高める効果につなげています。最終的に8万人のユーザーがキャンペーンに参加しました。

TikTokで認知度の高い楽曲を使用したことで、ユーザーからの興味を引いた結果、同社の認知拡大につながったと考えられます。

ミューズ(手洗いチャレンジ)

ミューズ(手洗いチャレンジ)

画像引用:HubSpot

レキットベンキーザー・ジャパンは、薬用石けん「ミューズ」を使用して正しい手洗い方法を発信するため「#手洗いチャレンジ(#Handwashchallenge)」というハッシュタグチャレンジを実施しました。

この広告のポイントは、ダンスをしながら楽しく手洗い方法を学べることです。広告は正しい手洗いをコンセプトにして、オリジナル楽曲やダンスに合わせて4ステップの手の洗い方をレクチャーしています。動画を視聴するだけで、正しい手洗い方法がわかる内容です。手の洗い方は4ステップしかないため、ユーザーも覚えやすく気軽に参加しやすいです。

広告にはコスメ&ビューティやカップルなど、さまざまなジャンルのインフルエンサーに協力してもらっています。話題を集め、多くのユーザーの認知を獲得しています。

ドン・キホーテ(商品キャッチコピー募集)

ドン・キホーテ(商品キャッチコピー募集)

画像引用:TikTok

ドン・キホーテは店頭連動キャンペーン「#みんなでドンキのPOPつくってみた」を開催しました。店頭での販促と連動した施策として、ドン・キホーテの店頭POPに使用するキャッチコピーをTikTokコメント欄で募集するという企画です。応募者の中から優秀作品に選ばれると、実際の店舗POPとして採用されます。

キャンペーンの第一弾では花王のメンズスキンケアブランド「メンズビオレ」シリーズのキャッチコピーを募集。動画にはTikTokクリエイター修一の朗さんとドン・キホーテ社員の方が登場して、同社の製品である「メンズビオレONEナイトスプレー」を大量に吹きかけるといったコミカルな掛け合いをしながら商品の紹介を行いました。

この広告は参加ユーザーの「自分が考えたPOPが採用されるかもしれない」といった期待感を高められるのがポイントです。動画内で「◯◯な人でもモテ男に!」「◯◯な人でも好きになっちゃう!」と言ったPOPテーマが発表されるので、ユーザーは〇〇の部分を考えて応募するだけです。そのため、ユーザーが参加しやすいのが特徴となります。

結果的にコメント数は400件以上集まり、優秀作品を3作品選出しました。結果発表動画で、完成した店舗POPを紹介しています。

※事例を見ても自社でTikTok広告を作る自信がない方は、動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、最適な会社を選定します。相談料も紹介料も一切かかりません。

【無料】TikTok広告に対応する会社を紹介してもらう

TikTok広告のメリット

TikTok広告のメリット

事例を見ただけではTikTokのメリットがいまいちイメージしづらい方のために、主なメリットを5つ紹介します。TikTok広告のメリットを把握していると、TikTok広告を始める際の決め手になります。

訴求力が高い

TikTokは動画に特化したプラットフォームで、15秒程度のショートムービーを広告として配信できます。ユーザーがテンポよく視聴できるので、文章や長尺の動画広告よりも、最後まで視聴してもらいやすいです。結果、訴求力が高い広告を配信でき、ユーザーに興味を高めてコンバージョンにつなげられます。

訴求力が高い広告を作成するなら、ターゲットを明確にしましょう。ターゲットを明確にすることで、ユーザーの悩みと広告の内容がマッチし、興味を持ってもらいやすくなります。「どんなユーザーに届けたいのか」「ユーザーのどんな悩みを解決したいのか」を明確にしてみてください。

TikTok以外のSNSでも拡散される

TikTok以外のSNSでも拡散される

画像引用:TikTok

TikTok広告は基本的にTikTok内で配信されますが、TwitterやInstagramなどでシェアできる機能があります。ユーザーが興味を持って有益だと感じるコンテンツであれば、TikTokで配信した広告が他のSNSに拡散される可能性が十分あり得るのです。そのため、多くのユーザーに視聴される可能性があり、商品・サービスの認知拡大や新規ユーザーの獲得につなげられます。誰でも真似できるダンスや流行りの楽曲を利用すると、拡散される可能性が高まります。

独自の広告配信形態がある

TikTok広告ではTwitterやInstagramと同様のインフィード広告に加え、起動画面広告やハッシュタグチャレンジ広告といった独自の広告配信形態があります。TikTokは全世界で10億人以上のユーザーが利用しており、DAU(Daily Active Users)が多いです。起動時広告やハッシュタグ広告など、独自の広告メニューを利用することで、拡散されやすいのが特徴となります。

なかでもハッシュタグチャレンジ広告は、ユーザー参加型のキャンペーンです。TikTokユーザーであれば誰でも気軽に参加できるため、多くのユーザーから注目を集めやすいのが特徴です。そのため、広告のエンゲージメントの向上やUGC(ユーザー生成コンテンツ)の促進・拡散を狙えます。

ハッシュタグチャレンジ広告を行う際は、誰でも真似できるようなダンスを取り入れるのが効果的です。視聴者が「自分もやってみよう」という気持ちになり、多くの拡散を期待できます。

若い世代にアプローチできる

インターネット広告代理店であるAdellの調査によると、TikTokの国内利用者の66%を10〜20代が占めていると言われています。TwitterやInstagramでは20〜40代の利用者が多いため、10代にアプローチできるのはTikTok広告の特徴です。

広告を配信すると、商品・サービスの認知拡大ができて、自社のファンを獲得できます。その結果、若い世代からのコンバージョンを得られるでしょう。若い世代に向けて広告を配信する際は、インフルエンサーを活用すると認知度が高いので効率よく集客できます。

【無料】TikTok広告について相談する

TikTok広告を成功に導く4つのコツ

TikTok広告を成功に導く4つのコツ

TikTok広告のメリットを知っただけでは、効果的な広告を作成するのは難しいでしょう。そこで、こちらではTikTok広告を成功に導く4つのコツを解説します。コツを知るのと知らないのとでは、作成する広告の効果に差が生じるので、必ずチェックしましょう。

縦長の動画にする

TikTokのコンテンツはスマホでもパソコンでも縦長で表示される仕組みです。広告用の動画を制作する際は、必ず縦長にしましょう。横長の動画にすると縮小表示されてしまうので、コンテンツが見づらくなります。ユーザーに広告をスキップされて、視聴されない可能性もあるのです。

縦長の動画は、景色といったパノラマ撮影には向いていません。大自然や臨場感のある動画を撮影する際は、横長の動画を撮影して、余白に文字で説明を入れると視聴しやすくなります。

インフルエンサーを活用する

TikTokには、多くのフォロワーを獲得しているTikTokerと呼ばれるインフルエンサーがいます。広告にインフルエンサーを活用することで、インフルエンサーのファンにも広告をリーチできます。

とくにTikTok広告のインフィード広告は、ユーザーが投稿した動画の途中に配信される仕組みのため、興味を感じないとスキップされる恐れがあります。インフィード広告にインフルエンサーを活用した場合、ファンの方への認知を拡大できる効果があるのです。そのため、最後まで視聴されやすく、ユーザーによる拡散が期待できるでしょう。

インフルエンサーを活用する際は、広告のターゲットに合う方を起用するのが効果的です。例えば化粧品の広告であれば、美容系インフルエンサーの起用が考えられます。広告内容の説得力が増して、高い訴求力を得られます。

冒頭2秒で惹きつけられる内容にする

TikTokで広告を配信しても、視聴されなければ広告効果がありません。TikTokはショート動画が好まれる傾向にあり、テンポ良く視聴できるようになっています。冒頭の1〜2秒で動画を見るかどうかの判断がされるため、興味がないとすぐスキップされる恐れがあります。

動画冒頭で結論を持ってきたりキャッチコピーを入れたりすると、ターゲットの好奇心をくすぐれるので、最後まで視聴してもらいやすいです。

真似しやすいダンスや音楽を取り入れる

TikTokでは真似しやすいダンスや音楽が流行ることがあります。そのような流行りを広告に取り入れることで、ユーザーの認知を獲得しやすいです。

また、TikTokでは多くの人が人気のダンスを真似して踊った様子を投稿しています。広告に真似しやすいダンスを入れると、他のユーザーの投稿を促す効果があり、自然と注目が集まります。広告色をなくして配信したいなら、流行りのダンス・音楽をリサーチして活用してみましょう。

例えばNiziUの「Make you happy」の縄跳びダンスがTikTokで流行りました。誰でも真似しやすいことから「#niziu縄跳びチャレンジ」が付いた動画の総再生回数は8,200万回以上あります。

【無料】TikTok広告について相談する

TikTok広告を出稿する方法

TikTok広告は個人アカウントから出稿できません。今までTikTok広告を配信したことがない方は、具体的な出稿手順を把握することで、スムーズに広告の配信を開始できます。

TikTok広告を出稿する方法は、以下の手順です。

  1. ビジネスアカウントを作成する
  2. 広告の目的を選択する
  3. オーディエンスを選択する
  4. 予算を設定する
  5. 広告をデザインする

TikTok広告を出稿する際は、個人アカウントではなくTikTok For Businessの登録が必要です。まずはビジネスアカウントの作成から始めます。

TikTok For Business

メールアドレスとパスワードを設定しましょう。設定したメールアドレス宛に送られてきた認証コードを入力して「スタート」をクリックします。

TikTok For Business

以下の必要事項を入力します。

TikTok For Business

以上で広告を作成するためのアカウント登録が完了です。

続いて広告の作成を進めていきましょう。
以下の画面になるので、広告の目標を選択します。

TikTok For Business

オーディエンスを選択していきます。

TikTok For Business

広告の予算とスケジュールを設定しましょう。予算の最低金額は500円となります。

TikTok For Business

最後に広告として配信する動画をアップロードして「送信」をクリックすると完了です。

TikTok For Business

出稿には難しい操作はありません。画面に沿って進めると簡単に広告を作成可能です。

TikTok for Businessへの登録はこちら

※本セクションはスポンサードコンテンツです

【まとめ】TikTok広告の事例を把握して活用しよう

TikTok広告の事例を把握すると、自社で広告を作成する際の参考にできます。効果的な広告を作成できるため、商品・サービスの認知拡大やコンバージョンにつなげられます。

また、TikTokの利用ユーザーは10〜20代の割合が多いです。TwitterやFacebookではアプローチしづらい年齢のユーザーに広告を配信できる特徴があります。

さらにTikTokには豊富な編集機能が用意されているため、初心者でもプロのような動画を配信可能です。ユーザーに興味を持ってもらいやすく、認知拡大を期待できます。

TikTok広告の事例を把握して、自社の広告に活用してみてください。

それでもTikTok広告の導入に不安があるなら、動画幹事にご相談ください。

※TikTok広告の導入で悩んでいる方は、動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、最適な会社を選定します。相談料も紹介料も一切かかりません。

コンサルタントのご紹介 動画幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 専任のコンサルタントが、
お客様の予算と目的を丁寧にヒアリング。
最適な会社をピックアップ・ご紹介させていただきます!
初心者の方でも安心してご相談いただけます。

【無料】TikTok広告について教えてもらう