商品プロモーション動画とは?メリット・作成ポイント・事例を紹介

自社の商品の特徴を多くの人に知ってもらうために、商品プロモーション動画を作成したい方もいるのではないでしょうか。

本記事では、商品プロモーション動画の概要、事例、メリットなどを紹介します。自社の目的を達成できる動画の作成にお役立てください。

なお、商品プロモーション動画の制作会社の探し方・選び方がわからない!という方は動画幹事にお気軽にご相談ください。貴社の目的・予算にあった最適な会社を厳選してご紹介します。相談料・会社紹介料などは無料です。

【無料】商品プロモーション動画の制作を紹介してもらう

プロモーション動画の作り方が知りたい方はこちらもチェック プロモーションビデオの作り方を4つのポイントや事例で解説

目次
  1. 1. 商品プロモーション動画とは
  2. 2. 商品プロモーション動画の事例
    1. 2-1. ヤーマン株式会社 LUNA mini2
    2. 2-2. コクヨ株式会社 サクサ ハサミ
    3. 2-3. サントリーホールディングス株式会社 シングルモルトハイボール
    4. 2-4. ハーゲンダッツ ジャパン株式会社 クリーミージェラート
    5. 2-5. エクスコムグローバル株式会社 イモトのWi-Fiレンタル
  3. 3. 商品プロモーション動画を作る流れ
  4. 4. 商品プロモーション動画を作る際のポイント
    1. 4-1. 目的・ターゲットを明確にする
    2. 4-2. 商品の強みを洗い出す
    3. 4-3. 伝えるメッセージをシンプルにする
    4. 4-4. 長すぎない尺にする
    5. 4-5. 字幕を入れる
  5. 5. 商品プロモーション動画を作成するメリット
    1. 5-1. 商品の購入・導入を促せる
    2. 5-2. 営業時に使用できる
    3. 5-3. 説明しづらい表現を訴求できる
    4. 5-4. 短時間で多くの情報を伝えられる
    5. 5-5. SNSで拡散される可能性がある
  6. 6. 商品プロモーション動画の活用シーン
    1. 6-1. Webサイト
    2. 6-2. SNS
    3. 6-3. 営業資料
    4. 6-4. デジタルサイネージ・店頭
    5. 6-5. 新商品発表会
    6. 6-6. タクシー
  7. 7. 【まとめ】商品プロモーション動画を紹介しました

商品プロモーション動画とは

商品プロモーション動画とは、商品の特徴や魅力をアピールして、視聴者の興味・関心を高めて購買につなげるための動画のこと。企業が商品の認知度を高めるために行うプロモーション活動のうちの1つです。

動画はテキストよりも短時間で多くの情報を伝えられることが特徴です。さらに、視覚や聴覚にアプローチできるため、視聴者の印象に残りやすくなっています。

【無料】商品プロモーション動画の制作を紹介してもらう

商品プロモーション動画の事例

続いて、商品プロモーション動画の事例をみていきましょう。

ヤーマン株式会社 LUNA mini2

出典:ヤーマン株式会社 LUNA mini2|YouTube

ヤーマン株式会社が提供するスキンケア美容家電「LUNA mini2」のプロモーション動画です。2024年4月時点で約2.1万回再生されています。

本動画は、仕事を頑張っている女性を主人公にしており、実際の洗顔シーンをメインに「新しい洗顔生活で新しい素肌へ」というメッセージを伝えています。主人公の女性は少し疲れ気味であり、動画の視聴者は自分ごとに捉えて動画の続きを見たくなるでしょう。

また、商品を使ったスキンケアシーンを実写化することで、実際の操作方法がわかりやすくなっています。さらに、毛穴の奥の角質や皮脂などを落とす説明にアニメーションを使うことで、複雑な説明を誰でも理解しやすくしています。

コクヨ株式会社 サクサ ハサミ

出典:コクヨ株式会社 サクサ ハサミ|YouTube

コクヨ株式会社が提供するハサミ「SAXA(サクサ)」の商品プロモーション動画です。2024年4月時点で約4.1万回再生されています。

動画の冒頭では、実際にさまざまなものを切る様子を映し出しています。柔らかいものはもちろん、硬くて切りにくいものでもあまり力を入れず簡単に切れるという商品の魅力をアピールし、視聴者の興味・関心をひいているでしょう。

また、動画内ではナレーション、アニメーション、イラスト、字幕を使ってハサミの魅力を紹介しています。用途ごとにハサミの刃を替えられるという他のハサミとの差別化ポイントもPRし、視聴者の購買意欲も高めています。

サントリーホールディングス株式会社 シングルモルトハイボール

出典:サントリーホールディングス株式会社 シングルモルトハイボール|YouTube

サントリー株式会社のシングルモルトハイボールの商品プロモーション動画です。2024年4月時点で約1,100回再生されています。

本事例では、同社が販売するシングルモルトウイスキーの紹介をしています。ハイボールを作るシーンでは、撮影場所、キャスト、シズル音、BGMなどにこだわり、商品の良さやウイスキーの高級感を全面的にアピールしているのが特徴です。

また、各ウイスキーの紹介シーンでは、味の説明と蒸留所の写真が写されています。作られた背景からどのような味なのかをイメージでき、思わず飲みたくなってしまうでしょう。

ハーゲンダッツ ジャパン株式会社 クリーミージェラート

出典:ハーゲンダッツ ジャパン株式会社 クリーミージェラート|YouTube

ハーゲンダッツ ジャパン株式会社のクリーミージェラートを紹介するプロモーション動画です。2024年4月時点で約3.6万回再生されています。

本動画は、ジェラートをそのまま食べる方法、少し溶かしてから混ぜあわせて食べる方法の2種類を紹介しています。斬新な食べ方を訴求しており、視聴者の「真似したい」「食べてみたい」という気持ちを高められるでしょう。

また、コマ撮り風の映像にしているのも特徴です。アイスを混ぜる動作と一緒にアーモンドや牛も一緒に回ったり、ポップなBGMや手書きのイラストを使ったりすることで、ジェラートのかわいらしさを表現しています。

エクスコムグローバル株式会社 イモトのWi-Fiレンタル

出典:エクスコムグローバル株式会社 イモトのWi-Fiレンタル|YouTube

エクスコムグローバル株式会社が提供するレンタルWi-Fiサービス「イモトのWi-Fiレンタル」のプロモーション動画です。2024年4月時点で約10万回再生されています。

本動画の特徴は、黒板アニメーションでサービスの利用手順を紹介している点です。手順の説明はテキストだとどうしても複雑でわかりづらくなってしまいます。そこで、アニメーションを使うことで、文字数を抑えながら、情報を簡潔にわかりやすく伝えています。

また、黒板を見ると学生時代を思い出す方もいるでしょう。視聴者の親近感が湧いて、つい最後まで見たくなる動画に仕上がっています。

【無料】商品プロモーション動画の制作を紹介してもらう

商品プロモーション動画を作る流れ

商品プロモーション動画を作成するなら、どのような流れで進めるのか把握することが大切です。大まかな流れがわかっていれば、スムーズに各工程を進められます。

商品プロモーション動画は以下の手順で作成されます。

  1. 企画を決める
  2. 構成を考える
  3. 脚本を書く
  4. 撮影をする
  5. 編集をする
  6. 公開する

動画はいきなり撮影をすることはありません。大まかな企画、動画の構成、台本、演出などの準備から行います。準備を具体的に行うことで、自社商品の魅力を最大限に伝えられる動画になります。

その後、準備ができたらようやく動画の撮影をする工程です。そして、撮影が終わったら不要な部分のカット、BGM・画像・イラスト字幕などの挿入を行い、動画が完成したら公開します。

商品プロモーション動画を作る際のポイント

商品プロモーション動画を作る際のポイント

続いて、商品プロモーション動画を作る際のポイントを紹介していきます。

目的・ターゲットを明確にする

商品プロモーション動画は、問い合わせ数の増加や購入数につなげるなど、何かしらの目的を持って作ることになります。動画の目的やターゲットを明確にすることで、どんな動画を作るのかイメージしやすくなり方向性が決まります。

目的は以下のようにできる限り具体的に決めましょう。

  • 売上の向上
  • 問い合わせの増加
  • 認知拡大
  • イベント来場者数の増加
  • ブランドイメージの向上 など

また、ターゲットも「〇〇代の男性・女性」のように大まかに決めてみてください。

商品の強みを洗い出す

商品プロモーション動画を作る際は、紹介する商品にどのような強みがあるのかを洗い出しましょう。動画を通して視聴者に行動をしてもらうには、商品の魅力を伝える必要があるからです。

自社ならではの強みや、競合と差別化できるポイントを明確にできれば、より有利なプロモーションが可能です。そのためにも視聴者の悩みから、どのような強みを活かせるのか分析してみてください。

伝えるメッセージをシンプルにする

商品プロモーション動画は、伝えるメッセージをシンプルにすることも大切です。メッセージが多すぎると、本当に伝えたいことが視聴者に伝わりません。

1つの動画で伝えたいメッセージは1〜2つにしましょう。自社が伝えたいメッセージがシンプルになり、企業が伝えたいことが視聴者に伝わりやすくなります。

長すぎない尺にする

商品プロモーション動画の尺は、長すぎないようにしましょう。あまりにも尺が長いと、視聴者が途中で離脱する可能性があります。せっかく動画を作ったのに、本来の目的を達成できないので努力が無駄になりかねません。

商品プロモーション動画は、長くても数分程度の尺にして、商品の魅力を簡潔に伝えてみてください。

字幕を入れる

商品プロモーション動画では、映像に字幕を入れることも大切です。映像だけだと言いたいことが伝わらなかったり、ナレーションだけだと聞き逃したりする可能性があります。動画に字幕を入れることで、視聴者が視覚的に情報を得られるので商品の理解が深まるでしょう。

商品プロモーション動画を作成するメリット

商品プロモーション動画を作成するメリット

続いて、商品プロモーション動画を作成するメリットを紹介していきます。

商品の購入・導入を促せる

商品プロモーション動画は、商品の魅力や特徴などを伝えることが目的です。動画を見た視聴者に商品の魅力を感じてもらえると、問い合わせや購入などの行動を促せます。1つの動画で売上を向上させられるので、成果を高めやすくなるでしょう。

営業時に使用できる

商品プロモーション動画のメリットの1つが、営業時に使用できることです。動画は一度作ってしまえば、何回でも使いまわして活用できます。

SNSで配信することはもちろん、動画を顧客に送ったり、打ち合わせ・商談で映像を流したりすれば、担当者が商品を説明する負担を軽減できます。さらに、担当者は動画では伝えられない商品の魅力を伝えることで、より効率的に顧客に刺さる提案ができるでしょう。

説明しづらい表現を訴求できる

商品プロモーション動画は、視覚や聴覚で情報を訴求できます。テキストでは表現が難しい複雑な情報を視聴者にわかりやすく伝えられ、商品を理解してもらいやすくなるでしょう。さらに、BGMやテロップ、アニメーション、ナレーションなどを効果的に使うと、視聴者の記憶にも残りやすくなります。

短時間で多くの情報を伝えられる

商品プロモーションを含む動画のメリットは、映像、アニメーション、ナレーションなどを使うことで、テキストよりも一度に伝えられる情報量が多いことです。短時間でも多くの情報を視聴者に伝えられるため、視聴者はストレスなく視聴できます。さらに、動画内で商品の魅力を伝えられると、視聴者がスムーズに商品を理解できるでしょう。

SNSで拡散される可能性がある

SNSに作成した商品プロモーション動画を公開すれば、拡散される可能性があります。一度拡散されたら、多くのユーザーに動画を視聴してもらえます。その結果、広告費をかけずに商品の認知度を高めたり、売上につなげられたりするでしょう。

商品プロモーション動画の活用シーン

商品プロモーション動画の活用シーン

最後に、商品プロモーション動画がどのようなシーンで活用されているのか紹介していきます。

Webサイト

企業のWebサイトの商品ページや記事内などに、商品プロモーション動画の掲載が可能です。Webサイトに訪れたユーザーは、少なからず商品への興味・関心がある状態です。そのような方にプロモーション動画を視聴してもらえれば、成果につながりやすくなります。

また、動画で商品の詳しい説明やレクチャー、口コミなどを伝えられると、顧客からの問い合わせの減少も見込めるでしょう。

SNS

SNSに動画を投稿して他のユーザーにシェアしてもらえると、フォロワーが少ない・アカウントを開設したばかりでも、多くのユーザーに動画をみてもらえます。また、フォロワーが増えればブランディングにもつながり、商品の認知度も高められるでしょう。

営業資料

商品プロモーション動画は、営業資料にも活用が可能です。例えば、動画を営業資料として顧客に送付したり、会議での商品説明で動画を流したりするケースが挙げられます。営業担当者の負担を軽減でき、効率的に営業活動を行えます。

デジタルサイネージ・店頭

商品プロモーション動画の活用シーンの1つがデジタルサイネージや店頭です。動画を流すことで、近くを通った人に視聴してもらえます。短時間で商品の魅力が伝わる動画にすれば、多くの人の興味をひけるでしょう。

新商品発表会

商品プロモーション動画は、新商品発表会でも活用されています。発表会では視聴者が商品への期待を寄せている状態です。そのような方に商品の魅力を伝えられれば、購買意欲を高められて成果につながりやすくなります。

タクシー

商品プロモーション動画は、タクシーに搭載されている液晶画面に広告として流すことが可能です。タクシーでの移動は数分〜数十分はあり、車内は落ち着いた雰囲気のため、ゆったり最後までプロモーション動画を視聴してもらえます。

【まとめ】商品プロモーション動画を紹介しました

ここまで、商品プロモーション動画の事例や作成時のポイントなどを紹介しました。動画を作成する際は、商品の魅力を最大限に活かし、わかりやすく伝えることが大切です。動画の方向性を決めるために、他社の事例を参考にすることから始めましょう。本記事を参考に、商品プロモーション動画の作成を検討してみてください。

なお、商品プロモーション動画の制作会社の探し方・選び方がわからない!という方は動画幹事にお気軽にご相談ください。貴社の目的・予算にあった最適な会社を厳選してご紹介します。相談料・会社紹介料などは無料です。

【無料】商品プロモーション動画の制作を紹介してもらう