PR動画の時間は何分がベスト?コンテンツ別・SNS別に時間を紹介

自社の商品・サービスを紹介するためにPR動画の作成を考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、どのくらいの長さにすれば良いのか、わからないところかもしれません。

本記事では、コンテンツ・SNS別にPR動画に適した動画の時間を紹介します。効果的なPR動画を制作する際の参考にしてみてください。

なお、PR動画の制作会社の探し方・選び方がわからない!という方は動画幹事にお気軽にご相談ください。貴社の目的・予算にあった最適な会社を厳選してご紹介します。相談料・会社紹介料などは無料です。

【無料】PR動画の制作会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. PR動画の時間は短い方が良い?
  2. 2. 【コンテンツ別】PR動画に適した時間の長さ
    1. 2-1. 商品・サービス紹介動画:45~90秒
    2. 2-2. プロモーション動画:15〜30秒
    3. 2-3. 会社紹介動画:5分(300秒)
  3. 3. 【SNS別】PR動画で好まれる時間の長さ
    1. 3-1. Instagram:30秒以内
    2. 3-2. X(旧Twitter):45秒以内
    3. 3-3. Facebook:60秒以内
    4. 3-4. YouTube:2分以内
  4. 4. PR動画を作成する際のポイント
    1. 4-1. 目的やターゲットを明確にする
    2. 4-2. インパクトのあるサムネイルにする
    3. 4-3. 伝えるメッセージを絞る
    4. 4-4. 字幕を入れる
    5. 4-5. 動画制作のプロに依頼する
  5. 5. 【まとめ】PR動画の長さを紹介しました

PR動画の時間は短い方が良い?

PR動画の長さは制作する目的や内容によって異なりますが、一般的に短いほうが視聴してもらいやすいといわれています。例えば、動画マーケティング企業「WISTIA社」が、「マーケティングビデオの長さはどれくらいであるべきか」という調査をしました。その調査では動画の長さごとのエンゲージメントについて分析されています。

調査では、まず60秒未満の動画の視聴者エンゲージメントが最も高いとわかりました。60秒の動画といえば、SNS動画やヘルプセンタービデオ(よくある質問の回答)、ビデオボイスメールなどが挙げられます。

次に動画の長さが1分を過ぎると、1秒ごとに視聴者のエンゲージメントが指数関数的に減少します。そして、最長5分の動画の場合、視聴者は平均して50%は視聴することがわかりました。5分の動画といえば、製品説明動画、プロモーション動画、セールスプレゼンテーション動画などが挙げられます。

またお客様の声の動画や社内トレーニング動画などのような5分を超える動画では、エンゲージメントが減少し、5〜30分の動画の平均エンゲージメントは38%でした。そして、ライブイベントやウェビナーなどの30分を超える長編動画は、エンゲージメントが最も低くなり、30〜60分の平均エンゲージメント率は26%になります。

ただし、30分以上の動画はエンゲージメントこそ低くなりますが、質の高いリードを獲得できる可能性があるといわれています。

出典:Optimal Video Length: How Long Should A Marketing Video Be?

【無料】PR動画の制作会社を紹介してもらう

【コンテンツ別】PR動画に適した時間の長さ

続いて、コンテンツ別にPR動画に適した時間の長さをみていきましょう。

商品・サービス紹介動画:45~90秒

商品やサービスを紹介する動画は、45〜90秒が適しています。企業の商品やサービスを紹介することが目的のため、視聴者へのインパクトを意識して短尺にすると、情報が足りなくなる可能性があります。

そのため、短時間でも商品・サービスの情報を簡潔に伝えることが大切です。商品・サービス紹介動画を作る際は、45〜90秒程度で情報を過不足なく伝えましょう。

プロモーション動画:15〜30秒

プロモーション動画は、15〜30秒程度が適しています。プロモーション動画を作る目的が認知拡大であれば、ユーザーが商品やサービスを知らない状態である可能性が高いです。

そのため、商品・サービスを知ってもらったり、記憶に残りやすくしたりする動画を作ることが大切です。プロモーション動画を作る際は、短時間で視聴者にインパクトを与え、ユーザーが商品を知らない状態から知る状態を目指しましょう。

会社紹介動画:5分(300秒)

会社紹介動画に適した時間は5分程度です。場合によっては、1〜3分と短かったり、10分程度と少し長かったりするケースもあります。会社紹介動画では、会社の魅力を十分に知ってもらうために多くの情報を入れることが大切です。

主に会社の概要や歴史、業界、商品・サービスなどの事業紹介、自社のコンセプト(ブランドメッセージ)、オフィス紹介、社員の声などのインタビューで構成されます。視聴者にどのような情報を届けたいのかを明確にした上で、必要な構成で動画を作成しましょう。

【無料】PR動画の制作会社を紹介してもらう

【SNS別】PR動画で好まれる時間の長さ

続いて、SNS別のPR動画で好まれる時間の長さを紹介していきます。

出典:How Long Should Your Videos Be? Ideal Lengths for Facebook, Instagram, Twitter, and YouTube

Instagram:30秒以内

Instagramは、写真や動画をフォロワーに共有して楽しむSNSです。Instagramは写真や動画が中心のSNSのため、普段からSNS内で動画が投稿されています。Instagramで好まれる動画の長さは、30秒以内のPR動画といわれています。

ユーザーは基本的に短い動画をテンポ良く視聴していくので、企業側は30秒程度と短い尺でPR動画を作成しましょう。さらに、冒頭の5秒でユーザーの興味をひく内容になっていると、途中で飛ばされず最後まで再生してもらいやすくなります。

X(旧Twitter):45秒以内


Xで好まれる動画の長さは45秒以内といわれています。そもそもXは140字という文字数の中で、テキストや写真、動画を投稿して楽しむSNSです。ユーザーが感じる疑問やその時に感じる思い付きなどを気軽につぶやけることが特徴です。

Xは基本的にテキストを投稿するSNSであり、ユーザーは140文字と短い文章の投稿に慣れている傾向にあります。1つのコンテンツにかける時間が短いため、長い尺の動画を投稿すると最後まで再生されない可能性があるでしょう。

Facebook:60秒以内

Facebookでは、60秒以内のPR動画が好まれます。Facebookは、Xと同じようにテキストや写真、動画などを投稿して楽しむSNSです。しかし、Xよりも投稿できる文字数や写真の枚数が多かったり、動画の時間が長かったりすることが特徴です。

Facebookではユーザーが1つのコンテンツにかける時間が長いため、Xよりも長めの尺の動画が好まれる傾向にあるでしょう。

YouTube:2分以内

YouTubeでPR動画を配信する場合は、2分以内のPR動画が好まれるといわれています。YouTubeは動画を配信するプラットフォームであり、ユーザーは普段から動画を楽しんでいます。

YouTubeには短い動画はもちろん、1時間を超える動画も投稿されているのが特徴です。そのため、他のSNSより動画の時間が長くても、視聴者のエンゲージメントを獲得しやすくなっています。

PR動画を作成する際のポイント

続いて、PR動画を作成する際のポイントをみていきましょう。

目的やターゲットを明確にする

PR動画を作る時は、動画の目的やターゲットを明確にする必要があります。目的やターゲットが決まっていないと、どのような内容にするのかイメージしづらくなります。動画の内容が複雑になったり、誰に対して何を伝えたいのかがわかりづらくなったりするでしょう。

そうなると、予算を使ってPR動画を作成したにもかかわらず、期待する効果が得られなくなります。PR動画を作成する際は、自社がどのような動画をどのような人に向けて作りたいのかを決めましょう。

インパクトのあるサムネイルにする

サムネイルとは、動画が再生される前に表示される静止画のことです。PR動画を作成する際は、動画に加えてサムネイルも作成しましょう。

ユーザーはサムネイルを見て動画を視聴するか決めるため、インパクトがあるものにすることが効果的です。例えば、動画の内容がわかる言葉やキャッチコピーを入れると良いでしょう。

伝えるメッセージを絞る

PR動画の作成では、伝えるメッセージを絞りましょう。伝えるメッセージが絞られることで、ユーザーに対して自社のメッセージが伝わりやすくなります。

逆に、1つの動画に何個もメッセージが入っていると、動画を視聴しているユーザーは「この動画では何を言いたいのか」と疑問を感じてしまいます。そのため、1つの動画で伝えるメッセージは1つにして、自社が伝えたいことがわかるようにしましょう。

字幕を入れる

PR動画には字幕を入れることも大切です。動画を視聴しているユーザーの中には、ミュート(音量ゼロ)で視聴している方もいます。その時に動画に字幕が表示されることで、音声を聞かなくてもユーザーが動画の内容を理解しやすくなります。

そのため、字幕は喋っていることを一言一句入れると良いでしょう。文字が多すぎて映像の邪魔になってしまう場合は、要点を絞って字幕を入れてみてください。

動画制作のプロに依頼する

PR動画を作成する際は、期待する成果を出すために企画や構成の作成、撮影など様々な工程を行わなければなりません。そのため、自社のみで制作するのが難しい場合もあるでしょう。その際は、動画制作のプロに依頼するのも方法の1つです。

動画制作会社は様々な動画の制作実績があります。PR動画の実績が豊富であれば、ノウハウを蓄積している可能性があり、自社の要望を満たすPR動画を作ってもらいやすくなります。多少の費用はかかりますが、自社で作るよりもスピーディに作業を進められたり、期待する効果を発揮しやすくなったりするでしょう。

【まとめ】PR動画の長さを紹介しました

ここまでPR動画の長さを紹介しました。PR動画は短い尺のほうが最後まで視聴してもらえる可能性があります。短時間でも自社の伝えたいことがわかるような動画を制作しましょう。PR動画を制作する際は、本記事を参考にしてみてください。

なお、PR動画の制作会社の探し方・選び方がわからない!という方は動画幹事にお気軽にご相談ください。貴社の目的・予算にあった最適な会社を厳選してご紹介します。相談料・会社紹介料などは無料です。

【無料】PR動画の制作会社を紹介してもらう

最適な動画・映像制作会社を
プロが選定・紹介します!

完全無料 / 無駄な営業電話が来ません / 毎月100件以上の相談実績 完全無料 / 無駄な営業電話が来ません / 毎月100件以上の相談実績

※ 気に入った会社が無ければ会う必要はありません。

お急ぎの方は
お電話ください

03-6457-3550

(24時間受付中)