「オフィス紹介動画」の活用事例!採用で注目される理由や費用を解説

「自社のオフィス紹介動画を制作したい」
「オフィス紹介動画の活用事例を知りたい」
「オフィス紹介動画の制作期間やコストについて知りたい」

さまざまな業界で動画が活用されているいま、自社の採用活動や顧客・パートナー会社への紹介を兼ねて、「オフィス紹介動画」を制作する企業が増えています。

そこで本記事では、オフィス紹介動画の活用事例をご紹介。その他にも、オフィス紹介動画が人材採用で注目される理由や、制作期間・コストについてもお伝えしています。ぜひ、自社の動画制作の参考にしてください。

※なお、制作会社の探し方・選び方がわからない!という方はお気軽にご相談ください。
あなたの目的・予算にあった最適な制作会社を「人力で」マッチングします。

【無料】オフィス紹介動画に強い制作会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. オフィス紹介動画の活用シーン
    1. 1-1. シーン1. 採用活動
    2. 1-2. シーン2. お客様・パートナー会社への紹介
    3. 1-3. シーン3. オフィス施設の利用紹介
  2. 2. オフィス紹介動画の活用事例
    1. 2-1. 採用活動
    2. 2-2. お客様・パートナー会社への紹介
    3. 2-3. オフィス施設の紹介
  3. 3. オフィス紹介動画が採用で注目される理由
    1. 3-1. 理由1. 求職者の就労意欲を高められるから
    2. 3-2. 理由2. 入社後のミスマッチを防げるから
  4. 4. オフィス紹介動画の撮影期間、コスト
    1. 4-1. 撮影期間
    2. 4-2. コスト
  5. 5. 【まとめ】オフィス紹介動画の活用について
    1. 5-1. 動画制作をプロに依頼したいという方へ

オフィス紹介動画の活用シーン

まずは、オフィス紹介動画の3つの活用シーンについて解説します。

シーン1. 採用活動

動画によって人材採用の幅に広がりを持たせることが可能です。働く職場がどんな環境かは求職者は気になるもの。ステキなオフィス環境を紹介することで志望度を上げることができます。

また、オフィスの紹介動画を公開することで、説明会や求人サイトからではなかなか集まらない「ネット情報に敏感な学生」が反応しやすくなります。結果として、人材採用の幅が広がります。

シーン2. お客様・パートナー会社への紹介

オフィス紹介動画は、自社の顧客あるいはパートナー会社への紹介にも便利です。自社のホームページ上に動画を載せておくだけで、オフィスの雰囲気や設備の充実度などを訴求可能。またプレゼン時にさりげなく会社紹介ができます

シーン3. オフィス施設の利用紹介

オフィス紹介動画は、オフィス内の施設紹介としての活用も注目されています。たとえば会議室や応接室に加えて、社員食堂やカフェといったユニークな施設を紹介すると、より自社の魅力が訴求可能です。他社との交流も生まれやすくなり、いかに働きやすいオフィスであるかを紹介することで、求職者やクライアントにも良い印象を与えられます

オフィス紹介動画の活用事例

それでは早速、オフィス紹介動画の事例を見ていきましょう。

採用活動

求職者に「働きやすさ」を訴求【株式会社サイバーエージェント】

動画時間:4分59秒

インターネット広告などの事業を展開する「株式会社サイバーエージェント(東京都渋谷区)」のオフィス紹介動画です。手ぶれを防げる機材(カメラ)「Osmo」を使用し、自分が見学しているかのようなリアル感を演出。
会議室からカフェ、開発フロアなど社内施設をざっくばらんに紹介し、シンプルながらも要点が上手くまとめられており、オフィスの居心地の良さが伝わります

また社員がソファに腰掛けながら仕事できる、同社ならではの「リラクゼーションルーム」なども紹介。働きやすい環境を探している求職者に対してアプローチ可能です。

「ここで働きたい」を高めてくれる動画【日本マイクロソフト】

動画時間:2分14秒

東京都品川区にある日本マイクロソフトのオフィス紹介動画です。新卒採用のプロモーションとして制作されており、同社のエントランスに入るところから動画がスタート。そこからロビー、会議室などオフィスの一連の施設を紹介しています。

また社員研修の様子も紹介。社員同士が楽しそうに交流する場面もあり、求職者の「ここに入社したい」という気持ちを高めるように工夫しています。

会社の代表が直接オフィスを紹介【株式会社BeeX】

動画時間:2分4秒

東京都銀座にある株式会社BeeXのオフィス紹介動画です。動画には同社の代表が出演し、求職者に対して語りかけるような口調で、オフィスの特徴や自社の働き方について解説しています。

動画の冒頭には「社員がパフォーマンスを発揮するためにオフィスがどうあるべきか考えた」といった、新オフィスの設立の背景も紹介。そのようなオリジナリティあふれるストーリーを組み込むことで、求職者へ共感を得られるような工夫をしています。

お客様・パートナー会社への紹介

オフィスの広さや奥行きを表現【サイボウズ株式会社】

動画時間:1分22秒

東京都の日本橋にあるサイボウズ株式会社のオフィス紹介動画です。ナレーションや字幕なしで、シンプルにオフィス内の様子だけを紹介しています。社員も映さず、ユニークなデザインの会議室などやオフィスの広大さ、奥行きがはっきりとわかります。

また晴れの日に撮影することでオフィス全体に透明感を演出。クライアントやパートナー会社に対して「ここのオフィスに行ってみたい」と思わせる動画です。

オフィス施設の紹介

約2分間の「オフィスツアー」【NTTテクノクロス】

動画時間:2分12秒

横浜にあるNTTテクノクロスのオフィス紹介動画です。会議室からクリエイティブスペース、社内カフェなどを「オフィスツアー」のような構成で紹介しています。

また字幕では、ただ施設名を記載するのでなく「気の合う仲間とのランチタイム」「Cafeスペースでブレイク」など、使用シーンをイメージできる表現をしているのが特徴。オフィス紹介でありながら「堅苦しさ」を持たせないように工夫されています。

オフィス紹介動画が採用で注目される理由

オフィスの紹介動画がなぜ「採用」で注目されるのか、その2つの理由について見ていきましょう。

理由1. 求職者の就労意欲を高められるから

求職者は、会社の雰囲気・どんな人が働いているか・実際の労働環境などを気にしています。そのため求職者がオフィス紹介動画を見ることで、オフィスの雰囲気を感じとれます。さらに、それら疑問点を払拭することで、「ここで働きたい」という意欲向上にもつながります。

理由2. 入社後のミスマッチを防げるから

オフィス紹介動画を活用すると、入社後のミスマッチを防ぐことができます。たとえば、求職者が合同説明会や求人サイトなどの情報のみで面接を受けた場合、入社後に「イメージと違った」というミスマッチが起こるケースがあります。

しかし、オフィス紹介動画を活用することで、言葉と映像により多くの情報を正確に伝えることが可能。結果として入社後のミスマッチを防ぎ、退職率低下にも有効です。

オフィス紹介動画の撮影期間、コスト

最後に、オフィス紹介動画の撮影期間やコストについてお伝えします。

撮影期間

オフィス紹介動画の撮影期間は、平均で1ヶ月半程度です。具体的な流れは以下の通り。

1.制作内容の提案
2.制作側からラフ画やコンテが出される
3.動画に映る社員やスタッフの決定
4.撮影
5.編集
6.修正
7.完成(納品)

まず、制作会社と打ち合わせをして、動画の内容を決定します。そのあと、出演する社員・スタッフを決めて撮影を実施。撮影後に編集と修正をおこない完成となります。編集だけでも2〜3週間かかるため、ある程度納品までに期間がかかることを見据えておきましょう。

コスト

動画の長さや内容によって異なりますが50万円程度です。動画のクオリティや音響、ナレーションの有無などによってコストは大きく変動します。360度カメラやドローンなどの特殊機材や、動画編集時にエフェクト(視覚効果)を入れた場合、100万円を超えることもあります。

【まとめ】オフィス紹介動画の活用について

本記事では、オフィス紹介動画の活用事例や人材採用で注目される理由、撮影期間・コストについてお伝えしてきました。良い人材を集めるためにも、リアルな情報を発信できるオフィス紹介動画は有効です。また、動画を通して自社の特長・ビジョン・職場環境・施設を発信することで、他企業や一般消費者に向けて自社の魅力をアピールできます。

本記事でご紹介した内容を参考にしていただき、ぜひ自社のオフィス紹介動画の制作にお役立てください。

動画制作をプロに依頼したいという方へ

なかなか自分で探す時間がない・そもそも制作会社の違いが分からないという方は動画幹事にご相談ください。

動画幹事は、あなたに最適な映像制作会社を「人力で」マッチングするサービス。専門のコンサルタントが丁寧にヒアリング、予算や目的に合わせて最適な会社を選定・紹介します。

コンサルタントのご紹介 動画幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 専任のコンサルタントが、
お客様の予算と目的を丁寧にヒアリング。
最適な会社をピックアップ・ご紹介させていただきます!
初心者の方でも安心してご相談いただけます。

相談料は「完全無料」。まずは相場の情報を知りたいなどの情報提供のみでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

【無料】オフィス紹介動画に強い制作会社を紹介してもらう