プロが教える動画制作の絵コンテ・構成表の作り方!初心者も実践可能なノウハウ

「映像のクオリティの7割は絵コンテで決まる」とも言われるほど、動画制作の心臓であり設計図である「絵コンテ・構成表」。

基本的には動画制作会社が作りますが、絵コンテができるまでの流れ、絵コンテにおいてチェックするべきポイントを理解しておくと、制作会社とのやり取りもスムーズです。また、自分で絵コンテを作成する場合の手順を知っておきたい方も多いでしょう。

そこで本記事では動画制作のプロに取材した以下の4ポイントを解説します。

・絵コンテ・構成表を作る目的
・絵コンテや構成表を作るための準備
・絵コンテ・構成表の作り方
・絵コンテや構成表の注意点

最後まで読めば、理想の動画にグッと近づけます。

※動画制作を依頼したいが選び方がわからない!という方は動画幹事にご相談ください。
あなたの要件を丁寧にヒアリングし、最適な制作会社をご紹介します。

【無料】おすすめの動画制作会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. そもそも絵コンテ・構成表とは?
    1. 1-1. 絵コンテ・構成表を作る目的
    2. 1-2. 絵コンテ・構成表を作るタイミング
    3. 1-3. 絵コンテ・構成表の作成は制作会社に任せる
  2. 2. 動画の絵コンテや構成を作る前の下準備
    1. 2-1. 目的を明確にしておく
    2. 2-2. ターゲットをできるだけ深堀りする
    3. 2-3. 配信媒体を決めておく
  3. 3. 動画の絵コンテ・構成表の作り方3STEP
    1. 3-1. STEP1:スクリプト(ナレーション)を書く
    2. 3-2. STEP2:カット(コマ)割りを決める
    3. 3-3. STEP3:絵の部分を作成する
  4. 4. 絵コンテ・構成表の注意点
    1. 4-1. メッセージを詰め込みすぎない
    2. 4-2. 絵コンテの細かな表現にはこだわりすぎない
  5. 5. 動画制作の絵コンテ・構成表の作り方まとめ
    1. 5-1. 動画制作をプロに依頼したいという方へ

そもそも絵コンテ・構成表とは?

絵コンテに見本

まずは一般的に目にする機会の少ない絵コンテ・構成表の概要から説明します。上が実際の動画制作で使われた絵コンテです。

絵コンテ(単に「コンテ」とも呼ばれる)は動画作成のための設計図。テキストで書かれたシナリオ台本をもとに、絵(イラスト)、内容(役者やキャラの動き・背景などの指示)、セリフやナレーション、尺、効果音などを細かく記した指示書(構成台本)のことです。

上の画像は絵コンテの一例ですが、実写の場合、使用する機材やタイムスケジュールなど、さらに詳しく記載されていることもあり、絵コンテのフォーマットは制作会社によって異なります。

絵コンテ・構成表を作る目的

キャスト・制作スタッフとの意思疎通

絵コンテ・構成表の目的は主にキャスト、制作スタッフと認識を共有することです。絵コンテ・構成表は基本的に映像ディレクターが作りますが、絵コンテはまさにディレクターの分身。実写は撮影現場の状況で変わることがあるのでラフに描くことが多いですが、アニメはイラストに影響するので全カットを細かく記します。

絵コンテによって他のキャストやスタッフも制作の流れや動画全体のイメージができ、映像制作がスムーズに進行しやすくなります

クライアントと動画の世界観を確認する

絵コンテはクライアントにとっても重要です。テキストだけの台本だと、動画全体の世界観、役者の動きまでイメージできません。絵コンテはクライアントと制作会社で認識のズレがないようにするためにも重要です。

動画のキーとなる場面の確認

絵コンテがあることで動画で最も重要な部分、メッセージを伝える部分、落とし所、音楽でいうサビの部分がどんな映像になるかをイメージできます。商品購入などのアクションを促す場合、適切な誘導になってるいるか、自社の商品やサービスの強みは表現できているか、競合と差別化できているかなどをクライアントがチェックできます。

絵コンテ・構成表を作るタイミング

絵コンテを作るタイミング

絵コンテ・構成表の作成は、正式に依頼(発注)が決まったあと企画の段階で行います。絵コンテは動画制作の基盤となる重要工程であり、クライアントのフィードバックをもとに修正しつつ、完成まで固めていきます。そしてクライアントの最終OKが出た時点で、各スタッフやキャストに共有します。これらの動画制作の流れに関しては、以下の記事を参考にしてください。

関連記事:プロが解説する動画制作の流れ!スケジュール・進め方まで【初心者向け】

絵コンテ・構成表の作成は制作会社に任せる

動画制作において重要な絵コンテ・構成表は自分で作りたいと思うかもしれませんが、実際の動画で使う絵コンテ・構成表は制作会社に任せましょう。自分で作成してみて、ポイントを把握する練習ならOKです。

というのも、素人では用意すべき機材(そのアングルならクレーンが必要など)や、必要な表現方法(CGが必要など)が判断できないため、ほとんど予算オーバーの絵コンテになってしまいます。アニメーションの場合でも、予算内では不可能な動き(滑らかさ)になることが大半。絵コンテの作成はプロの制作会社に任せ、フィードバックに注力しましょう

制作会社は最初にクライアント側がイメージする仕上がりをヒアリングします。そのヒアリング内容をもとに絵コンテを作成するので、安心して任せてください。

動画の絵コンテや構成を作る前の下準備

絵コンテを作るための準備

ここでは自分で絵コンテを作成するための準備を解説します。

・目的を明確にしておく
・ターゲットを深掘りしておく
・配信媒体を決めておく

この3つを考えておくと、動画の訴求ポイントが鮮明になります。

目的を明確にしておく

絵コンテ・構成表を作る上での軸となるのが「目的」です。まず動画の目的は主に3種類あり、どれに該当するか設定してください。

・企業名やサービスの認知拡大
・企業ブランドの価値を高めるブランディング
・サイト誘導や商品購入、採用などの集客

例えば認知拡大であれば、動画内で商品名やサービス名などの露出を増やす、商品の購入が目的であればメリットを訴求するなど、動画の目的によって映像やナレーションの戦略が変わります。

ターゲットをできるだけ深堀りする

ターゲット像によっても訴求のポイント、理解しやすい伝え方も変わってきます。また、ターゲットが明確であるほど、メッセージ性の強い動画に近づけます。

性別、年齢はもちろん、「職業」「住んでいる場所」「家族構成」まで考えられるとベターです。例えば、女性向けの商品購入が目的の動画であっても、プレゼント購入を促すなら、男性向けのテイストにしたほうが良い場合もあります。ターゲット像は明確であるほど制作会社は戦略を立てやすくなるため、掘り下げられるところまで設定しましょう。

配信媒体を決めておく

動画を配信するメインの媒体も決めておいてください。公式サイトで掲載するのか、タクシーや電車などの交通広告なのか、YouTubeなのか?Facebookなのか?

媒体によって向いている世界観が違い、制作費、適切な動画の長さ、撮影機材なども異なります

Webの小さな画角と違い、テレビや大型モニター、セミナーのプロジェクター、映画館などで流す場合は画像が荒くなってしまいます。その場合は鮮明に撮れるカメラを使うため制作費も変わってくるのです。企業説明会、商品説明会で流すものなのかSNSで流すのかなど、メインの媒体や用途も考えておくと絵コンテを作成しやすくなります。

動画の絵コンテ・構成表の作り方3STEP

絵コンテ作成の手順

ここから絵コンテ・構成表の作り方を解説します。ポイントを押さえておくと、制作会社の絵コンテをチェックする際にも役立ちます。自分で絵コンテを作成するときは絵コンテ用紙、筆記用具、ストップウォッチを用意してください。手順は以下の3STEPです。

1.セリフ・ナレーションを書く
2.時間ごとにカット割りを決める
3.最後に絵を描く

STEP1:スクリプト(ナレーション)を書く

絵コンテといえば、まず絵を描くことをイメージしがちですが、最初にやることはセリフ・ナレーションを書くこと先に軸である全体のセリフ・ナレーションを入れたシナリオ原稿を作ります。絵を決めてしまうと、セリフやナレーションによっては不自然になってしまうからです。たまにナレーションと映像がうまくマッチしていない動画を見ますが、映像ありきで考えてしまうことが原因の一つです。

そして、セリフやナレーションの原稿はクライアント側で考えておき、制作会社に添削してもらう方法がベスト。動画はクライアントの伝えたい想いや商品・サービスの良さ、採用への呼びかけを映像化するものなので、軸となるメッセージはクライアント側で考えておきましょう。

映像化のプロである制作会社と二人三脚で完成させることが、理想の動画への近道です。

セリフやナレーションはストップウォッチで図る

考えたセリフやナレーションの原稿は音読し、ストップウォッチで秒数を測ってください。適正な長さと思っていても、30秒の動画なのに、いざ朗読すると45秒になってしまうなど、文字数は多くなりがち。また、映像のセリフは視聴者に分かりやすく伝えるため、日常会話よりゆっくりしゃべるケースが多いです。

原稿の文字数の目安は1分間で180字前後。1秒間に6字ほどしかしゃべれないので、言えることは限られます。制作会社に原稿を見せてから大部分が削られることのないよう、必ず時間を測って原稿を作ってください。

STEP2:カット(コマ)割りを決める

カット割りを決める

原稿を作ったあとは、細かいカット割りを決めていきます。カット割りとは、シーンごとの構図、シーンとシーンのつなぎのこと。ここからの作業は基本的に制作会社が行うので、クライアント側は原稿を用意するだけで大丈夫です。ご自身で絵コンテを作成される方に簡単に流れを説明します。

絵コンテの1カットは3秒までにする

動画の1カットの長さは基本的に3秒まで、長くても1カット5〜6秒が限度です。それ以上の長さになると動きがなく、視聴者は映像が止まっているように感じてしまうのです。原稿を考えるときも、あまり1場面に時間をかけられないと思っておいてください。

脚本を線で区切ってカット割りを決める

絵コンテのカット割り

絵コンテのカット割りを決めるスタンダードなやり方は以下の方法です。

①時間を計り、各シーンで区切る
②アップ・肩越し・引きなど演出を入れる

まず、秒数を計って、C-1、C-2など各シーンに区切っていきます。区切ったシーンごとに演出を書き込みます。バストアップ、肩越しなどのカメラアングル、笑顔などの人物の表情、背景に何があるかなど詳しいほど良いでしょう。

STEP3:絵の部分を作成する

全体の原稿ができ、カット割りを決めたあとに絵を作成していきます。ポイントは次の2つ。

・絵の上手さではなく、分かりやすさを重視
・テロップ(文字)が入る場合も想定する

絵コンテの目的は他の制作スタッフやクライアントと動画の全体像を共有するためのもの。絵の上手さにこだわるのではなく、「どこに何があるか」「どんな動きをするか」を伝えることがポイントです。また、動画には説明文のテロップが入る場合もあります。映像だけでなく、文字が入る場合も想定して描きましょう。

イメージに近い絵を描くおすすめの方法

イメージに近い絵を描くおすすめの方法

画像引用:Google画像検索

手っ取り早く正確なイラストを描く方法の一つが、Googleの画像検索でキーワードを入力し、イメージに近い画像を絵コンテになぞること。「浴衣 女性 振り返る」などの場面で検索し、イメージに近い構図を真似して描くといいでしょう。

もしくは、フリー画像のサービスで検索する、自分で見本となる写真を撮影するなども方法の一つ。美術やデッサンが得意でないと、頭の中で絵を想像して描くのは至難です。イメージに近い見本を探し、それを真似るといいでしょう。ただし、絵は完全に模写するのではなく、簡易的なものでOKです。絵コンテはあくまで構図を確認するためのもの。詳しくは内容にテキストで書くことで補完します。

絵コンテ・構成表の注意点

絵コンテ・構成表の注意点

メッセージを詰め込みすぎない

絵コンテ・構成表の原稿を作るときの注意点が「メッセージを詰め込みすぎない」こと。会社紹介の動画を例にとると、以下がメッセージになります。

・会社紹介が目的→自社の強み、他社と違う魅力、経営のデータなどを訴求する
・採用が目的→職場の雰囲気や仕事内容の理解、出世イメージなどを訴求する

同じ会社紹介でも映像やナレーションが全然違うことが分かります。このとき、入れられるメッセージの数は以下が基準です。

・30秒前後の動画→メッセージは1つか2つ
・60秒以上の動画→メッセージは3つ

90秒、120秒の動画になってもメッセージ数は3つまで。それ以上多くなると、視聴者に刺さらなくなるからです。60秒以下の動画であればメッセージは1つか2つに絞ってください。伝えたいメッセージを先に決めてから、動画全体の原稿を作成するといいでしょう

絵コンテの細かな表現にはこだわりすぎない

2つ目が絵コンテの細かな表現にこだわりすぎないこと。実際の動画は絵コンテと異なります。実写とアニメでは次のような相違があります。

実際の撮影と絵コンテの違い

実写の撮影時、光の具合や天候などで本番当日に映像が変わる場合があります。また、現場で良い提案が生まれてアドリブが入る場合や、後ろに違った人や物が映り込むなど、絵コンテと現場では状況が異なります。絵コンテの段階で細かな表現まで指摘しないほうが打ち合わせや制作がスムーズに進行します

ただし、これらの変更点が出るかもしれないので、クライアント側の責任者は必ず当日の撮影に同行してください。原則、撮影は撮り直しがききません。その場でモニターを見ながら、OKどうかの判断をしてください。

実際のアニメ動画と絵コンテの違い

制作会社が用意する絵コンテは映像ディレクターが描くことが多く、本番の絵はイラストレーターが描きます。なので、絵のタッチやキャラのテイスト、世界観は全然違います

絵コンテはあくまで構成台本であり、全体の流れを共有するためのもの。アニメ動画では、全員に絵コンテを共有したあと、イラストレーターがキャラ・背景・代表シーンなどのラフ画を描きます。アニメ動画の場合、何枚も描いたイラストをアニメーターが動きをつけるため、静止画のイラストと動いているアニメーションでは印象が違う場合があります。

絵コンテで描かれている動きはあくまでイメージです。完成品の実際の動きとは異なるので、絵コンテに引っ張られないようにしましょう。

動画制作の絵コンテ・構成表の作り方まとめ

以上、動画制作における絵コンテ・構成表について解説してきました。
コンテンツは構成が命です。絵コンテ・構成表が「動画のクオリティの7割を左右する」とも言われます。

企画の段階で納得がいくまで制作会社と打ち合わせをし、骨太な絵コンテにしましょう。ここで妥協したら理想の動画は生まれません。本記事で紹介したポイントを押さえ、自分で絵コンテの作成を練習してみることもおすすめです。

動画制作をプロに依頼したいという方へ

なかなか自分で探す時間がない・そもそも制作会社の違いが分からないという方は動画幹事にご相談ください。動画幹事は、あなたに最適な映像制作会社を「人力で」マッチングするサービス。

専門のコンサルタントが丁寧にヒアリング、予算や目的に合わせて最適な会社を選定・紹介します。

コンサルタントのご紹介 動画幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 専任のコンサルタントが、
お客様の予算と目的を丁寧にヒアリング。
最適な会社をピックアップ・ご紹介させていただきます!
初心者の方でも安心してご相談いただけます。

相談料は「完全無料」。まずは相場の情報を知りたいなどの情報提供のみでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

【無料】おすすめの動画制作会社を紹介してもらう

最適な動画・映像制作会社を
プロが選定・紹介します!

完全無料 / 無駄な営業電話が来ません / 毎月100件以上の相談実績 完全無料 / 無駄な営業電話が来ません / 毎月100件以上の相談実績

※ 気に入った会社が無ければ会う必要はありません。

お急ぎの方は
お電話ください

03-6457-3550

(平日 10:00〜21:00)