1分動画制作のフリーランスへの依頼費用相場は?そのメリットも紹介【2024年最新版】

1分動画制作のフリーランスへの依頼費用相場は?そのメリットも紹介

1分動画の制作をフリーランスに依頼したいが費用の相場がわからないという方もいるかと思います。本記事では、1分動画の制作にかかる費用の相場を紹介します。また、フリーランスへ依頼するメリットや依頼の仕方も解説するので、ぜひ参考にしてください。

【無料】1分動画の制作について相談する

目次
  1. 1. 1分間の動画制作にかかる費用相場
    1. 1-1. 1分動画のジャンル別制作費用相場
    2. 1-2. 1分の動画制作はフリーランスに依頼すると安くなる
    3. 1-3. フリーランスへ依頼するメリット
  2. 2. 動画制作費用の内訳とそれぞれの費用相場
    1. 2-1. 企画・制作に関わる費用
    2. 2-2. 撮影に関わる費用
    3. 2-3. 編集に関わる費用
  3. 3. 1分動画のメリット
  4. 4. 1分以下の動画制作における構成の流れ
  5. 5. 1分動画制作時のポイント
    1. 5-1. 伝えたい内容を整理する
    2. 5-2. ターゲット層を明確にする
    3. 5-3. 動画に引き込まれる内容を心がける
    4. 5-4. 短い動画を複数つなぎ合わせる
    5. 5-5. 早送りを利用する
  6. 6. 1分の動画制作費用を抑える方法
  7. 7. 動画制作を依頼する個人(フリーランス)を見つけるのにおすすめのサイト
    1. 7-1. ランサーズ
    2. 7-2. クラウドワークス
    3. 7-3. ココナラ
    4. 7-4. Indeed
  8. 8. 動画制作・映像制作に使える補助金・助成金
  9. 9. 効果的なPVをつくるにはマーケティング視点、事業視点が重要
  10. 10. 1分動画を安価に制作するならフリーランスに依頼しよう

1分間の動画制作にかかる費用相場

1分間の動画制作にかかる費用の相場は、以下の通りです。

種類

費用

アニメーション動画(簡単なもの)

400,000円~700,000円

実写動画

400,000円~1,000,000円

3DやCGのアニメーション動画

1,000,000円~2,000,000円

予算が厳しい場合は、動画の長さを短くすると費用を抑えられます。例えば、30秒程度の動画であれば10万円~60万円ほどまで費用を抑えることが可能です。

1分動画のジャンル別制作費用相場

1分動画のジャンル別の制作費用の相場は、おおまかに以下の表のとおりです。

種類

料金

撮影時間

制作期間

採用動画

300,000円~1,000,000円

半日~1日 

1カ月~2カ月

営業資料動画

300,000円~1,000,000円

半日~1日 

2週間~1カ月

会社紹介動画

50,000円~1,000,000円

3時間~数日

2週間~3カ月

セミナー配信

50,000円~500,000円

1時間~3時間

数日~2週間

YouTube動画

10,000円~500,000円

なし~6時間 

数日~1カ月

アニメーション動画

100,000円~1,000,000円

なし 

2週間~3カ月

ウェブCM

500,000円~3,000,000円 

半日~1日 

1~2カ月

テレビCM

1,000,000円~5,000,000円以上

半日~数日  

2カ月以上

1分の動画制作はフリーランスに依頼すると安くなる

1分の動画制作の依頼先は、主に総合広告代理店、動画制作会社、フリーランスの3種類です。総合広告代理店に依頼するケースが一番高くなりやすく、フリーランスに依頼するケースが一番安くなりやすいです。費用を抑えたい方は、フリーランスへの依頼がおすすめです。

制作会社とフリーランスの相場の比較は以下のとおりです。

種類

制作会社

フリーランス

インタビュー

50,000円~

30,000円~

セミナー・イベント

150,000円~800,000円

150,000円~500,000円

会社紹介・PR

500,000円~1,000,000円

150,000円~

商品・サービス紹介

300,000円~1,000,000円

300,000円~

YouTube向け

100,000円~1,000,000円

50,000円~300,000円

アニメーション

200,000円~500,000円

200,000円~500,000円

フリーランスへ依頼するメリット

フリーランスへ依頼するメリットは、主に以下の3つです。

  • 料金相場が安い、費用を抑えやすい
  • 作業ごとに依頼できる
  • 細かいスケジュール調整が可能

以下で各項目の詳細を解説していきます。

料金相場が安い、費用を抑えやすい

フリーランスに依頼をする場合は、動画制作会社に依頼をするよりも費用を抑えられます。

実績数を増やしたいと思っているフリーランスのクリエイターの方は、相場よりも安い価格で依頼を受けていることがあるからです。

ただし、料金だけで選んでしまうとクオリティの低い動画が提出されることもありえるため、依頼の前に実績や制作した動画などを確認するとよいでしょう。

作業ごとに依頼できる

フリーランスに依頼する際は、必要な作業だけを依頼できるという点もメリットです。

動画制作には企画構成・編集などさまざまな工程がありますが、自社スタッフでは難しい部分や自社でやる必要がない部分だけをフリーランスに依頼できます。動画制作の一部工程を依頼することで、空いたリソースをほかの部分に割り振ることができます。

細かいスケジュール調整が可能

フリーランスに依頼する場合は、スケジュールを調整してもらいやすいという点もメリットです。

動画制作会社への依頼では制作工程に複数の人が関わっていることが多いため、スケジュールを柔軟に変更することが難しい傾向があります。一方、個人で活動しているフリーランスの場合は、制作会社に比べると柔軟に対応してくれる傾向があります。

ただし、急な納期の調整や多すぎる修正はトラブルの原因にもつながるので、どこまで対応してくれるかを依頼する際に確認しておくとよいでしょう。修正回数の上限を指定している場合もあり
ます。

【無料】1分動画の制作について相談する

動画制作費用の内訳とそれぞれの費用相場

動画制作費用は、大きく分けると企画・制作に関わる費用、撮影に関わる費用、編集に関わる費用の3つに分けられます。

制作する動画の種類や求めるクオリティによっては不要になるものがありますが、代表的な内訳と費用相場を解説していきます。

企画・制作に関わる費用

企画・制作には、動画の構成や台本を作成し、動画制作の進行を管理する工程などが含まれます。

企画・制作に関わる主な費用は以下の表のとおりです。

種類

詳細

費用

企画構成費

企画・構成、台本作りなどの人件費

30,000円~150,000円

プロデュース費

動画制作全体の統括に関わる人件費

50,000円~100,000円

ディレクション費

映像演出に関わる人件費

50,000円~250,000円

撮影に関わる費用

撮影に関わる費用の主な内訳は、以下の表のとおりです。

種類

詳細

費用

撮影費

撮影に関わるスタッフの人件費

50,000円~350,000円

スタジオ費

スタジオ収録する際のレンタル費用

50,000円~400,000円

ロケハン費

撮影場所の確認をするために発生する費用

30,000円~100,000円

機材費

撮影内容に必要な機材の使用費

50,000円~500,000円

車両費

撮影場所まで機材を運ぶ車両にかかる費用

20,000円~100,000円

交通費

方で撮影する場合のスタッフなどの交通費

20,000円~100,000円

(交通・宿泊費の合計)

宿泊費

宿泊施設の利用にかかる費用

美術費

撮影に利用するセットや小道具の手配にかかる費用

10,000~150,000円

スタイリスト費

メイクアップや衣装を用意するスタイリストの人件費

50,000円程度

キャスティング費

動画に出演する役者やモデルの人件費

50,000円~400,000円

ただし、美術にかかる費用や出演するキャストにかかる費用は、撮影する動画の内容や出演する役者によって大きく変わります。また、宿泊費や交通費なども撮影場所との距離によって変わってしまうので、遠方での撮影になる場合は予算を相場より少し多めに見ておくとよいかもしれません。

編集に関わる費用

編集に関わる費用の主な内訳は以下の表のとおりです。

種類

詳細

費用

動画編集

編集に関わるスタッフの人件費

50,000円~500,000円

音響効果

動画に入れる音楽の制作費や使用料

30,000円~300,000円

MA(音声編集)

スタジオのレンタル費

MAスタッフの人件費

 

ナレーション

ナレーターにかかる人件費

30,000円~300,000円

素材制作・購入

動画に使用する素材の制作費・購入費

50,000~500,000円

マスター制作

納品時に提出する映像データの制作費

10,000円~50,000円

ただし、有名なタレントやナレーターを使う場合はナレーションの人件費だけで10,000円を超えてしまうこともあります。費用を安く抑えたい場合には、動画編集やナレーションなどの工程をフリーランスに依頼すると安く抑えられるでしょう。

【無料】1分動画の制作について相談する

1分動画のメリット

1分動画を作成するメリットは、主に以下の4点です。

  • 短時間なので離脱されにくい
  • 内容がまとめられていて分かりすい
  • スマホから簡単に確認できる
  • エンゲージメントを維持しやすい

以下で各項目の詳細を解説していきます。

短時間なので離脱されにくい

1分という短い時間の動画のため、離脱されにくいという点が1つ目のメリットです。

サービスや商品の紹介動画の場合は、最後まで動画を見てもらわないと伝えたい情報を漏れなく伝えることができません。1分という短い時間であれば途中で飽きにくく、最後まで見てもらいやすくなります。

内容がまとめられていて分かりすい

1分の動画は尺が限られているため、必要な要素だけをまとめなければいけません。そのため、制作時に自然と一番伝えたい情報に絞ったメッセージをつくることになり、内容的にシンプルでまとまりのある動画が完成することが多いです。

スマホから簡単に確認できる

1分の動画なら隙間時間で視聴できるため、再生時間の長い動画に比べて手軽に見られます。特に近年ではスマホで動画を見る方も増えているので、隙間時間で手軽に見られる1分動画はより多くの人に見てもらいやすくなっています。

エンゲージメントを維持しやすい

動画分析会社が公表しているデータによると、動画が1分以内であれば視聴者のエンゲージメントを7割以上維持できるとされています。(エンゲージメント:動画に対する視聴者の関心や反応)

【無料】1分動画の制作について相談する

1分以下の動画制作における構成の流れ

1分以下の動画であっても、1分動画と同じくオープニング、コンテンツ、エンディングの形で構成します。

1分の動画よりもさらに時間が短いため「起承転結」を意識した構成を作ることは難しいです。代わりに問題提起・解決策の提示・結論という流れにすると、短い時間でも内容が伝わりやすい動画にできます。

また、印象に残りやすいフレーズを盛り込んだり、SNSでの拡散を意識した構成にすることも大切です。冒頭の5秒だけ見て離脱されてしまうことも少なくないので、最初の数秒で視聴者を引き込むことを意識した構成を作ることもポイントです。

【無料】1分動画の制作について相談する

1分動画制作時のポイント

1分動画を制作する際のポイントは次の5つです。

  • 伝えたい内容を整理する
  • ターゲット層を明確にする
  • 動画に引き込まれる内容を心がける
  • 短い動画を複数つなぎ合わせる
  • 早送りを利用する

以下、詳細を解説していきます。

伝えたい内容を整理する

1分動画は1分という短い時間の中に情報を詰め込むため、伝えたい情報を整理することが大切です。伝えたい情報に優先順位を付け、外せない順から盛り込んでいきましょう。無理やり詰め込んでしまうと何を伝えたいのかわからない動画になってしまうこともあるため、優先順位が低い情報は切り捨てた方が良いケースもあります。

情報の整理が苦手な方には、6W1Hに当てはめる方法がおすすめです。6W1Hは、誰が(who)誰に(whom)いつ(when)どこで(where)何を(what)なぜ(why)どうやって(how)の7項目です。この7項目に当てはめて伝えるべき情報を整理してみてください。

ターゲット層を明確にする

1分動画を作る際は、視聴者のターゲットを明確にしましょう。

例えば、ターゲットが男性なのか女性なのか、学生なのか社会人なのか高齢者なのかによって、作るべき動画の構成が大きく変わってきます。また、出演するキャストや演出の仕方、配信するプラットフォームもターゲット層に合わせる必要があるので、ターゲット層を明確にすることは大切です。

動画に引き込まれる内容を心がける

1分動画を作る際は、最後まで見てもらうために視聴者を引き込む内容にすることもポイントです。動画の内容にストーリー性を持たせたりするなど、途中で離脱しにくいような工夫をしましょう。

また、動画の冒頭部分で自分に関係がある内容だと思わせることも大切です。一例ですが、最初にターゲット層に当てはまりそうな事柄を列挙して視聴者の関心を集め、解決策を提示し、キャンペーンでアクションを促す、という流れはよく使われています。

短い動画を複数つなぎ合わせる

短い動画を複数つなぎ合わせることも1分動画を作るポイントの1つです。

複数の素材を使うことで動画にメリハリが付くため単調にならず、視聴者が飽きて離脱してしまうことを防ぐ効果が期待できます。動画に使用する素材が多すぎても情報過多になるおそれがあるので、全体のバランスを見ながら調整していくとよいでしょう。

早送りを利用する

1分動画では、早送りを利用することもポイントです。

動画の内容によっては適しませんが、料理動画などのHow to動画の場合は単調になりがちなシーンを早送りすることでテンポの良い動画にできます。早送り映像を使う際は、テロップなどで補足説明をすると内容が分かりやすくなるのでおすすめです。

【無料】1分動画の制作について相談する

1分の動画制作費用を抑える方法

1分動画の制作費用を抑えるためには、以下のような方法があります。

  • 画像素材や音楽素材にフリー素材を使う
  • ナレーションや出演者に自社スタッフを使う
  • 遠征費用がかからないように撮影する
  • 工程の一部、または全部をフリーランスに依頼する

画像や映像、音楽素材はフリー素材を使用することで費用を抑えることができます。ただし、フリー素材の場合は他社も同じ素材を使っていることがあるので、他社の動画と素材が被ってしまわないように気をつけましょう。

また、動画のキャストに自社スタッフやフリーランスの方を採用することでもコストダウンができます。また、撮影や編集などの工程をフリーランスに依頼すると、動画制作にかかる費用を抑えることも可能です。自社でできる部分は自社スタッフで行い、自社でできない部分だけをフリーランスに依頼するという手段もおすすめです。

【無料】1分動画の制作について相談する

動画制作を依頼する個人(フリーランス)を見つけるのにおすすめのサイト

フリーランスに動画制作を依頼する場合は、フリーランスの方が登録しているサービスで探すことになります。フリーランスに依頼できるおすすめのサービスは次の4つです。

サービス名

特徴

形態

ランサーズ

(Lancers)

  • ・導入企業400,000社以上の実績がある
  • ・350種類以上のカテゴリがある
  • ・個人契約不可の企業向けの独自サービスあり

クラウドソーシング

クラウドワークス

(Crowd Works)

  • ・登録しているワーカーの数が480万人以上
  • ・78万社以上の企業が利用している実績がある
  • ・依頼できる業務は250種類以上

クラウドソーシング

ココナラ

(coconala)

  • ・登録しているワーカーの数が480万人以上
  • ・78万社以上の企業が利用している実績がある
  • ・依頼できる業務は250種類以上

スキルシェア

Indeed

  • ・世界トップクラスの求人検索サービス
  • ・無料でも利用できる
  • ・検索でフリーランスを探すことができる

求人

クラウドシーシング:インターネットを通して外注する仕組みの総称
スキルシェア:個人の持つ経験や知識、時間を提供して対価を得る仕組み。

以下で、それぞれのサービスの特徴とおすすめポイントを紹介していきます。

ランサーズ

ランサーズ

画像引用:ランサーズ

おすすめポイント

  • 導入企業400,000社以上の実績があるので、安心して利用できる
  • 350種類以上のカテゴリがあるため、ほとんどの業種で依頼可能
  • 独自サービスによって、個人と契約できない場合でもフリーランスに依頼できる

ランサーズは、2008年にサービスを開始した大手のクラウドソーシングサービスです。導入企業数は400,000社を超えており、ランサー(依頼を受ける人)も数多く登録しています。

Webシステム開発やWebデザイン、アプリ開発からイラスト制作、動画制作、コンサルティングまで、350種類以上の業務を依頼可能です。

また、個人への発注ができない方に向けてランサーズディレクションパートナーというサービスも提供しています。ランサーズの公認パートナーと法人契約をしてディレクション業務を委託し、作業はフリーランスが行うという仕組みになっています。このサービスを利用することで、社内規則で個人へ依頼が出来ない場合でもフリーランスに作業を依頼可能です。

クラウドワークス

クラウドワークス

画像引用:クラウドワークス

おすすめポイント

  • 登録しているワーカーの数が480万人以上のため、フリーランスを見つけやすい
  • 78万社以上の企業が利用している実績があるので、安心して利用できる
  • 依頼できる業務は250種類以上のため、ほとんどの業務を依頼可能

クラウドワークスは、登録しているユーザー数が480人で業界トップクラスのクラウドソーシングサービスです。「応募が来るまで最短1分」を謳っているほどユーザー数が多いことが特徴です。

利用している企業数も78万社を超えており、伊藤忠商事や経済産業省、TBSなど有名企業や省庁も利用しているため実績や信頼度も十分と言えるでしょう。

依頼できる内容もシステム開発やアプリ開発、デザインや動画制作、ライティングなど幅広く扱っており、依頼できる業務は250種類以上扱っています。そのため、特定の分野に特化したワーカーも多く登録しており、業務の一部を委託する場合でも適した人材を見つけやすくなっています。

また、最短3日で即戦力になるフリーランスを紹介するマッチングサービスの「クラウドテック」も提供しています。質の良いフリーランスに依頼をしたい場合は、クラウドテックの利用を検討してみてもよいかもしれません。

ココナラ

ココナラ

画像引用:ココナラ

おすすめポイント

  • 450種類以上のカテゴリを扱っているため、ほとんどの作業を依頼可能
  • PRO認定を受けた出品者に依頼をすると、クオリティの高い動画制作が期待できる
  • ビジネス向けに特化したサービスを提供しているので、ビジネスでも使いやすい

ココナラは、450種類以上のカテゴリを扱っている日本最大級のスキルマーケットサービスです。基本的には、出品者がそれぞれのスキルを出品しているのでそれを購入して依頼をする仕組みになっています。

出品者のスキルはアマチュアレベルからプロレベルまで様々ですが、クオリティを優先したい場合はPRO認定されている出品者を選ぶと失敗しにくくなります。ただし、PRO認定されるためには厳しい審査があるので、全体から見るとPRO認定された出品者はあまり多くありません。

また、ビジネス向けに特化したココナラビジネスというサービスも提供しています。ココナラビジネスでは、出品されているスキルの品質が良いだけでなく、請求書払いや源泉徴収機能、チャットによるサポートを利用可能です。

Indeed

Indeed

画像引用:Indeed

おすすめポイント

  • 世界トップクラスの求人検索サービスのため、依頼相手を見つけやすい
  • 無料でも利用できるので、コストを抑えられる
  • 検索機能で絞込めるので、フリーランスを探すことも可能

Indeedは、世界トップクラスの求人検索サービスです。日本ではIndeed Japanが運営しています。
登録されている履歴書の数は海外を含めて2.45億もあり世界中の求職者が利用しているサービス
です。

基本的に無料で利用できますが、有料プランを利用すると求人情報が表示されやすくなる仕組みです。フリーランス契約の求人にも利用できるので、クラウドソーシングやスキルシェアサービスで依頼したいフリーランスが見つからなかった場合に求人を出してみるとよいでしょう。

【無料】1分動画の制作について相談する

動画制作・映像制作に使える補助金・助成金

動画制作や映像制作で利用できる補助金・助成金を活用すると、動画制作にかかる費用を抑えることができます。

動画制作・映像制作で利用できる主な補助金・助成金は以下のとおりです。

名称

最大補助額

補助率

申請方法

持続化補助金

2,000,000円

1/4

電子申請または郵送

事業再構築補助金

150,000,000円

2/3~1/2

電子申請

IT導入補助金

4,500,000円

1/2以内

電子申請

「持続化補助金」は、持続的な経営に向けた経営計画に基づいて、小規模事業者を支援する補助金です。最大補助額は通常枠で50万円、賃金引上げ枠・卒業枠・後継者支援枠・創業枠で200万円となっています。補助率は基本的に2/3ですが、動画制作が該当するWebサイト関連費は補助金交付申請額の1/4が上限です。

「事業再構築補助金」は、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するための事業再構築を支援する補助金です。補助金の金額は申請する枠によって大きく変わり、最大では1.5億円になります。

「IT導入補助金」は、中小企業・小規模事業者がITツールを導入するために利用できる補助金です。ソフトウェア購入費やクラウド利用費(最大2年分)などが該当します。補助金は最大で450万円以下、補助率は1/2以内となっています。

各補助金・助成金には細かい規定が多くありますので、詳細は各補助金・助成金の公式サイトで確認してください。

【無料】1分動画の制作について相談する

効果的なPVをつくるにはマーケティング視点、事業視点が重要

広告や宣伝として効果的な動画をつくるためには、マーケティング視点や事業視点も重要です。マーケティング目的の動画を制作する際には、ただ見栄えのよい動画を作れば良いわけではなく、想定したターゲットに届くように動画を制作・運用する必要があります。

フリーランスに依頼をする場合は、マーケティングの知識がある方に依頼するか、企画や運用等の工程をマーケティング知識のある自社スタッフで行うとよいでしょう。

【無料】1分動画の制作について相談する

1分動画を安価に制作するならフリーランスに依頼
しよう

1分動画の制作にかかる費用やフリーランスに依頼するメリット、制作時のポイントなどを解説してきました。

1分動画を安く制作したい場合は、フリーランスに依頼すると費用を抑えられるのでおすすめです。依頼するフリーランスの方を探す際は、本記事で紹介したサービスを活用してみてください。

【無料】1分動画の制作について相談する