メルマガ動画を活用するメリットと役立つツールの事例を紹介

「自社サービスを利用してもらうために、動画を活用したメールを配信してみよう」という話が持ち上がった・・・。

しかしメルマガ動画をつくると言っても、どう作ればいいか分からない、どれを使えばいいの?とお悩みの担当者様へ。

本記事では、NHK・AbemaTV等で動画制作経験のある筆者が、メルマガ動画のメリット・おすすめのツールを紹介。作成時に意識すべきポイントも解説します。

項目別に整理しましたので、ぜひご覧ください。

※なお、制作会社の探し方・選び方がわからない!という方はお気軽にご相談ください。
あなたの目的・予算にあった最適な制作会社を「人力で」マッチングします。

【無料】メルマガ動画におすすめの制作会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. メルマガ動画の活用メリット
    1. 1-1. クリック率が高い
    2. 1-2. 情報量が多い
    3. 1-3. オプトアウト(受信拒否)を防ぐ効果が期待できる
  2. 2. メルマガ動画におすすめのツール
    1. 2-1. 配配メール
    2. 2-2. milchamp
    3. 2-3. Vmail
  3. 3. メルマガに動画を埋め込むときのポイント
    1. 3-1. 1.VIDEOタグ+フル動画
    2. 3-2. 2.IMGタグ+GIFアニメ(読込型)
    3. 3-3. 3.IMGタグ+GIFアニメ(添付型)
    4. 3-4. 4.再生マークつき静止画リンクを使用
    5. 3-5. 5.YouTube動画の埋め込み
  4. 4. メルマガ動画事例のまとめ
    1. 4-1. メルマガ動画をプロに任せたい方へ

メルマガ動画の活用メリット

メルマガへ動画を入れ込むメリットは、その情報量の多さから読者に具体的/身近にアプローチ可能になり、エンゲージメントを高められることです。メルマガ自体はメールが打てるようになった時代から馴染みがあり、テキスト/画像ベースのメディアだという認識があるかもしれません。

しかし近年では、動画を組み込むことで表現の幅が広くなっています。動画を利用してより具体的/身近に受信者に訴求してみましょう。

クリック率が高い

Implixの調査によると、動画を含まないメルマガに比べ、動画を含んだメルマガはリンクのクリック率(=CTR)が96.38%も高いという結果が出ました。動画を入れるだけでほとんどの場合クリック率が高まることになります。

情報量が多い

メルマガに動画を活用することで、より多くの情報を発信できます。マーケットリサーチ会社の研究では、1分間の動画は180万語に値するという結果が発表されています。動画は単位当たりの情報量が多いのです。メールに動画を活用することで、濃密な情報を届けましょう。

オプトアウト(受信拒否)を防ぐ効果が期待できる

Campaign Monitorによると、メルマガに動画をプラスすることによってメルマガのオプトアウト、つまり受信拒否の件数を75%削減できるとされています。動画を組み込むことで、しっかりと読み込んでもらいエンゲージを高めましょう。

メルマガ動画におすすめのツール

続いては、メルマガ動画を配信する際におすすめのツールを3つ紹介します。

配配メール

配配メールは、埋め込み型動画メールサービスの一種です。特徴は何と言ってもドラッグ&ドロップで動画などコンテンツをメールに追加できること。

配配メール

画像出典:配配メール

潜在顧客やリピーターに訴求するのが動画メルマガの強みですが、配配メールのサービスはメール閲覧状況分析や自動時差配信の機能などで可能にしています。

milchamp

milchamp

画像出典:maichimp

maichimpは無料で使い始めることができるメールリストのサービスです最大で2000件の連絡先・12000通/月の送信を超えるまでは無料で利用できます。自分でコードを書いて動画を埋め込るため、自由度が高く独自性を打ち出せます。コーディングの知識があり、まず動画を埋め込んだメールマガジン配信を考えている方にはうってつけのサービスです。

Vmail

Vmail

画像出典:Vmail

Vmailはあらかじめ用意されたタグを発行し、メールテンプレートに貼り付けるだけで動画メルマガが送れる点が便利なサービスです。メルマガを配信した後はクリック数・再生数・開封数などが確認でき、数値によって把握できるのでマーケティングにも活用できるのが特徴。

HTMLメールが苦手でも、好きなテンプレートからメルマガ動画を選んで送信することもできるので初心者でも安心。プランは3つあり、最安が月額20,000円からとなっています。

メルマガに動画を埋め込むときのポイント

最後にメルマガに動画を埋め込むときのポイントを5つ解説します。メルマガに動画を入れ込むにあたって、主に大きく分けて自身でコーディングする方法と、埋め込み型メールサービスを利用する方法とがあります。

1.VIDEOタグ+フル動画

VIDEOタグ+フル動画

まずは、HTML5からVideo要素を使ってフル動画を埋め込む方法です。上の画像のコーディングで実現可能になります。

2.IMGタグ+GIFアニメ(読込型)

IMGタグ+GIFアニメ

画像出典:Vmail

「IMGタグを利用してGIFアニメをメルマガで表示する」とは、「IMGタグというコーディングを使って、GIFを追加する」という意味です。例えば以下のようなコードを書き、あらかじめサーバーにアップロードしたgifを読み込みます。

<img src="https://co-cdn.vmail.tokyo/movie/dougamail_sumple.gif"/>

すると、上にようにGIFアニメーションとして動画を送ることができます。この手法は、GIFアニメをメールで表示する際に、インターネットから読み込む手法。ネットから読み込むため容量制限に縛られないことがメリットです。

3.IMGタグ+GIFアニメ(添付型)

IMGタグ+GIFアニメ

画像出典:AMP

IMGタグを利用しGIFアニメをメルマガで表示する方法の後者です。上のような表示とコーディングになります。

IMGタグというコーディングを使ってGIFを添付する方法で、前者と違ってサーバから読み込まず、メールに直接コーディングし添付します。アイキャッチなど装飾的に用いると効果的であることがメリットです。

4.再生マークつき静止画リンクを使用

紹介した1-3の方法と比べ原始的ですが、どのメールソフトでも表示可能なことがメリットである方法です。手順は以下の通り。

  1. 動画のキャプチャから静止画を作り、再生マークを重ねた画像に加工する
  2. 作った静止画をHTMLメールへ画像リンクとして挿入
  3. リンク先は動画ファイル・動画配信サイトのURLを指定

5.YouTube動画の埋め込み

YouTube動画の埋め込みは、メルマガには向いていません。なぜなら、YouTubeの動画埋め込みコードには JavaScriptが使われていますが、JavaScriptを有効にできるメールソフトが少ないからです。ただ、方法はあります。手順は4.再生マークつき静止画リンクを利用と同様です。

  1. 動画の一場面をキャプチャし静止画を作り、再生マークを重ねた加工を施した画像にする
  2. 作成した静止画をHTMLメールへ画像リンクとして挿入し、リンク先のURLにYouTube動画のURLを指定する

メルマガ動画事例のまとめ

本記事ではメルマガ動画の事例とその手法をご紹介しました。メルマガを送る際、動画を埋め込むタイプのメルマガは、以下のような強みがあります。

  • 情報量の多さから読者に具体的/身近にアプローチ可能
  • エンゲージメントを高めることができる

実際に動画メルマガを作成する段階で、自前でコードを打つ手法についても紹介しましたが、難しければ、埋め込み型メールサービスを使ってみるのも最適な方法です。

「動画幹事」では、様々な制作会社や動画関連サービスをご紹介しております。紹介しました手法や制作会社などを用いて上手く顧客にリーチしましょう。

メルマガ動画をプロに任せたい方へ

なかなか自分で探す時間がない・そもそも制作会社の違いが分からないという方は動画幹事にご相談ください。動画幹事は、あなたに最適な映像制作会社を「人力で」マッチングするサービス。

コンサルタントのご紹介 動画幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 専任のコンサルタントが、
お客様の予算と目的を丁寧にヒアリング。
最適な会社をピックアップ・ご紹介させていただきます!
初心者の方でも安心してご相談いただけます。

相談料は「完全無料」。まずは相場の情報を知りたいなどの情報提供のみでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

【無料】メルマガ動画におすすめの制作会社を紹介してもらう