求人業界でも大注目!「求人動画」の活用事例をご紹介【2024年5月最新版】

「求人で動画広告を活用したい」
「求人動画の活用事例を見たい」
「求人動画の活用メリットについて知りたい」

紙媒体・リアルでの会社説明会・リクルートサイトなどと併用して、求人動画の活用が増えてきました。しかし動画が主流になりつつあるいま、単に動画を活用するだけでは、ターゲットに見つけてもらうことは困難です。

また労働人口の減少により、人材不足が深刻化しているため、求人市場の競争率が高くなっています。このような状況下の中、求職者に見つけてもらいやすくするために、求人広告動画を活用する企業も増えてきました

そのような理由から、本記事では求人広告動画の活用事例をご紹介。また、制作する際のポイントやメリットについてもお伝えしています。ぜひ、自社の求人広告動画活用の参考にしてください。

※なお、求人動画の制作会社の探し方・選び方がわからない!という方はお気軽にご相談ください。あなたの目的・予算にあった最適な制作会社を「人力で」マッチングします。

【無料】求人広告の動画制作に強い会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. 求人動画の活用事例
    1. 1-1. 企業紹介動画
    2. 1-2. サービス・商品紹介
    3. 1-3. 社員インタビュー
    4. 1-4. 新卒採用動画
  2. 2. 求人広告の動画活用3つのメリット
    1. 2-1. メリット1.求職者に具体的なイメージを提供でき、記憶に残せる
    2. 2-2. メリット2.膨大な情報を短時間で提供でき、自社をより深くアピールできる
    3. 2-3. メリット3.社員インタビューなど、実際に働いている人の雰囲気が伝えられる
  3. 3. 求人広告動画の制作ポイント
    1. 3-1. ターゲットを明確にする
    2. 3-2. 自社ならではの特徴を発信できるストーリー構成
  4. 4. 【まとめ】求人動画について
    1. 4-1. 動画制作をプロに依頼したいという方へ

求人動画の活用事例

ではさっそく、求人広告動画の活用事例をご紹介します。

企業紹介動画

【株式会社モノクラム】

動画時間:5分28秒

株式会社モノクラムの会社紹介動画です。社員インタビューをメインとした会社紹介動画になっており、インタビューの内容から働きがいのある職場ということが伝わってきます。

また、オフィス環境やスキルアップ環境についても、社員インタビューを活用して紹介。それれらのシーンがイメージできるように、内容に合わせた動画カットが挿入されています。同社のコンセプトである「デザイナーファースト」というフレーズが所々で流れるため、その言葉が記憶に残る動画になっています。

【東京エレクトロン株式会社】

動画時間:8分28秒

東京エレクトロン株式会社の会社紹介動画です。実写と3DCGで表現しており、詳細をナレーションにて解説。専門的な内容に関しては、担当者がインタビュー形式で説明しているため、わかりやすいです。

シナリオは、現在の状況 → 各部署による仕事内容の紹介 → ビジョンの順で進行。バックで流れるBGMが同社のブランドイメージを表現しています。

サービス・商品紹介

【株式会社EXIDEA(エクシィディア)】

動画時間:1分3秒

株式会社EXIDEAが提供する、「JET Global」のサービス紹介による求人動画です。主にアニメーションや3DCGを活用した動画で、テンポよくリズミカルに自社サービスを訴求。ナレーションに合わせた動画編集で、よりわかりやすく表現されています。

全体的にシンプルな構成になっており、色づかいもモノクロを主体のため、求職者がストレスなく見られるように工夫されています。

社員インタビュー

【ANA】

動画時間:1分40秒

ANAの社員インタビューの求人動画です。社風の「一人ひとりの人間性を活かしながら、お客様の立場にたち、クルーの気づきを大切にしてチームでフライトをおこなう」を活かし、1人のCAにフォーカスした動画構成。CAを選んだ理由・仕事内容・仕事に対する姿勢について語っています。

1分40秒と短い動画ですが、CAの仕事やANAで働く誇りが伝わるように表現。インタビューの内容に合わせたシーンを差し込むことで、より職場の雰囲気が訴求できるように工夫されています。

【株式会社情熱ノチカラ】

動画時間:3分32秒

株式会社情熱ノチカラの社員インタビュー動画です。BGMが流れていないので、インタビュー音声が聞き取りやすいことがポイント。インタビューには字幕のテロップが入っているため、音声なしでも内容が分かり、生の声とともに理解が深まる工夫がされています。

新卒採用動画

【株式会社丸久】

動画時間:1分47秒

株式会社丸久の新卒採用動画です。現場で働く社員のインタビューを活用しており、同社で働く魅力を短い時間の中で訴求。社員としての仕事スタンスをわかりやすく説明しています。

また重要な部分についてはテロップにて補足し、視覚と聴覚の両方に伝わるようにしています。実際に働いている場面もあるため、求職者が同社で働くイメージも湧きやすいです。

【ラビットクリエイティブ】

動画時間:31秒

動画マーケティングを行うラビットクリエイティブの新卒採用動画です。新卒採用説明会に活用するオープニングムービーになっており、冒頭で視聴者を引きつけるようなかっこいい演出が特徴です。

職務内容の異なる従業員2人にフォーカスした映像になっており、モーショングラフィックスという手法を活用。音声はなく、実写映像・グラフィック・BGMを融合させた仕上がりになっています。

採用説明会で流す際に参考になる動画事例です。

※動画幹事では「かっこいい採用動画」にフォーカスし事例を集めた記事もあります。本記事と合わせて参考にしてください。

関連記事:かっこいい採用動画の事例を総まとめ!

【無料】求人動画について相談する

求人広告の動画活用3つのメリット

求人広告の動画活用3つのメリット

求人広告の動画活用3つのメリットについてお伝えします。

メリット1.求職者に具体的なイメージを提供でき、記憶に残せる

求人広告で動画を活用すると、求職者に具体的なイメージを提供できるため、記憶に残りやすくなります。文章だけでは伝えにくい、職場の雰囲気・社風・個性を訴求できるため、自社で働く時のイメージを明確にすることが可能。視覚と聴覚に訴えることによって、求職者の記憶に残りやすくなります。

例えば、実際に働いている現場・本社の部署ごと・社食スペースなどを動画で撮影することで、静止画やテキストでは伝わらない非言語化したイメージを伝えることが可能です。また、職場で働いているイメージが求職者の頭の中でできると、内定後の承諾率が高まります

メリット2.膨大な情報を短時間で提供でき、自社をより深くアピールできる

動画はテキストや静止画と比べ、短時間でたくさんの情報を提供できるため、自社の魅力をより深くアピール可能です。先ほども触れましたが、動画は視覚と聴覚の両方に訴求できるため、効率よく情報提供ができます。

【動画で提供できること】
・社内の様子や雰囲気
・よりリアルな企業の歴史
・実際に働いている従業員の雰囲気
・実際の作業
・ブランドイメージ

とくに社会経験が浅い学生の場合、職場の雰囲気や人間関係など働きやすい環境を求める傾向がありますので、それらを伝えられる動画が最適です。

メリット3.社員インタビューなど、実際に働いている人の雰囲気が伝えられる

求人動画を活用すると、社員インタビューなど実際に働いている人の雰囲気を伝えられます。求職者は、職務内容だけでなくどのような従業員が働いているのかを気にしているため、これを正確に伝えることが重要です。

  • 応募数の増加
  • ミスマッチ防止による採用費用の削減
  • 入社後早期退職者の減少

社員インタビューによって、入社後の職場のイメージがしやすくなるため、上記のような効果を得られるでしょう。

【採用動画を制作会社に依頼したい方へ】

ここまで記事を読み、採用動画を自作するよりも、制作会社に依頼した方がよいと判断した方もいるのではないでしょうか。そんな方のために制作会社へ依頼した時の、費用感や相場をまとめた記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:採用・リクルート動画の費用と料金相場を徹底解説!【相場早見表・事例あり】

【無料】求人動画について相談する

求人広告動画の制作ポイント

求人広告動画を作成する時のポイントについて解説します。

ターゲットを明確にする

求人動画を制作する際には、ターゲットを明確にすることが重要です。そうすることにより、伝えるべきメッセージが明確になるため、ターゲットに刺さりやすい内容で訴求することが可能。求める人材にのみメッセージが伝わるので、ミスマッチが起こりにくくなります。

また、ターゲット以外の応募を抑制できるので、面接にかかる採用コスト(費用・時間)削減にもつながります。

自社ならではの特徴を発信できるストーリー構成

求人広告動画の制作ポイントは、自社ならではの特徴をストーリー調で発信することです。

  • 会社を立ち上げた理由とビジョン
  • 商品やサービスの制作秘話
  • 経営する上で苦労した社長のストーリー

これらをストーリー調で配信することで、求人者が自社に興味を持つ確率を高めます。また3DCGやアニメーションを活用し、見えない情報を視覚化して伝えることでインパクトのある動画を配信することもオススメ。テロップは必ず活用し、かつ数が多くならない程度に重要な内容だけ絞って表記することもポイントです。

【無料】求人動画について相談する

【まとめ】求人動画について

本記事では、求人広告動画を活用するメリットと事例、制作する際のポイントについてお伝えしました。求人動画には、情報を求職者の記憶に定着させ、目に見えない自社の雰囲気やイメージを訴求できるなどのメリットがあります

また動画制作の際は、ターゲットを決めてメッセージを明確に伝えることや、ストーリー調で構成することが重要です。本記事で紹介した内容を参考にしていただき、ぜひ求人広告動画の活用にお役立てください。

動画制作をプロに依頼したいという方へ

なかなか自分で探す時間がない・そもそも制作会社の違いが分からないという方は動画幹事にご相談ください。

動画幹事は、あなたに最適な映像制作会社を「人力で」マッチングするサービス。専門のコンサルタントが丁寧にヒアリング、予算や目的に合わせて最適な会社を選定・紹介します。

コンサルタントのご紹介 動画幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 専任のコンサルタントが、
お客様の予算と目的を丁寧にヒアリング。
最適な会社をピックアップ・ご紹介させていただきます!
初心者の方でも安心してご相談いただけます。

相談料は「完全無料」。まずは相場の情報を知りたいなどの情報提供のみでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!

【無料】求人広告の動画制作に強い会社を紹介してもらう