保険業界必見!商品動画の活用メリットを事例交えてご紹介

契約者の状況・状態に応じた提案が必要となる保険ですが、商品の種類が多様化しているからこそ「保険って分かりにくい」「説明されるのが面倒」などマイナスイメージを抱いている方もいます。

実際、保険会社にお勤めの方の中には、「保険を理解させるのが困難」「保険と聞くだけで拒否される」といった説明の難しさを感じている方もいるのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、保険への理解度アップにつながる「動画」の活用です。動画にはメリットも多く、保険を案内する側と加入する側どちらにも様々な効果が見込めます。

本記事では、保険業界の動画活用事例や動画で訴求するメリット、制作時のポイントを紹介しているので、自社の課題に合わせてぜひ参考にしてください。

※なお、制作会社の探し方・選び方が分からない!という方はお気軽にご相談ください。
あなたの目的・予算に合った最適な制作会社を「人力で」マッチングします。

【無料】保険会社向けの動画におすすめの制作会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. 保険会社の動画事例
    1. 1-1. 商品プロモーション動画
    2. 1-2. 商品説明動画
    3. 1-3. 保険知識の学習動画
    4. 1-4. 保険業界のインタビュー動画
  2. 2. 保険会社の動画活用メリット
    1. 2-1. 難しい保険知識を分かりやすく伝えられる
    2. 2-2. 営業活動を効果的に行える
    3. 2-3. 社内研修にも活用できる
  3. 3. 保険動画の制作ポイント
    1. 3-1. 商品説明動画は「理解を促す」ビジュアルの工夫を
    2. 3-2. プロモーション動画では、保険が必要な場面が想起できるストーリーを意識する
    3. 3-3. 専門用語はできる限り噛み砕いて説明する
  4. 4. 【まとめ】保険会社の動画の制作について
    1. 4-1. 保険会社用の動画をプロに任せたい方へ

保険会社の動画事例

まずは、実際に保険会社が提供している動画の事例を商品プロモーション・商品説明・保険知識の学習・保険業界のインタビューの4つのカテゴリに分けて紹介します。

保険業界における動画活用のイメージが湧かない方は、ぜひこちらをご覧ください。

商品プロモーション動画

Vitality【住友生命保険相互会社】

動画時間:16秒

住友生命保険相互会社が公開している商品「Vitality」のプロモーション動画です。芸人のバナナマンを起用し、保険料の割引についてテンポよく紹介しています。

同動画はセリフの全てにテロップを用意している点が特徴。音声が流せない環境や聞き取りにくい状況でも問題なく内容を理解できます。

また、特に注目させたいポイントは赤枠の吹き出しを用いて説明。杖で視線を誘導するなど、吹き出し部分を見てもらうための工夫も凝らしています。

おくすり保険「メディフィットEX」【メディケア生命保険株式会社】

動画時間:32秒

メディケア生命保険株式会社の提供するおくすり保険「メディフィットEX」をプロモーションする動画です。公式の情報では「薬剤治療保険」という名称で販売されていますが、視聴者がイメージしやすいように「おくすり保険」という表現が用いられています。

また、博士をモチーフにしたキャラクターが「これからの通院時代には薬の治療費に備えることが重要である」と説明し、今までにはなかった日本初の保険であることを強調。
「通院時代」「おくすり保険」など印象に残りやすいフレーズを採用することで、商品のプロモーションにつなげています。

商品説明動画

ユニット・リンク保険【アクサ生命保険株式会社】

動画時間:7分38秒

アクサ生命保険株式会社の商品「ユニット・リンク保険」を説明する動画です。

グラフやイラストに動きを持たせることで視聴者を飽きさせず、さらにどの部分を解説しているのかも明確に示せる作りとなっています。

また、ナレーションには落ち着いた声の女性を起用し、映像に合わせて解説を加えている点も特徴。動画内に文量が多い部分もありますが、ゆっくりとしたテンポで話されているため、初めて動画を視聴した方でも無理なく説明を読み進められるでしょう。

保険知識の学習動画

外貨建保険説明動画A【日本生命保険相互会社】

動画時間:3分18秒

日本生命保険相互会社の提供する「外貨建生命保険」について学習できる動画です。

日本生命の公式サイト内にて「なるほど動画」として複数の動画が用意されており、保険の基本や費用、注意点などを段階的に学べます。

動画の始めに外貨建生命保険の基本情報について解説した上で「外貨預金」や「投資信託」との違いを説明し、保険に関する知識を徐々に深められる構成。基本的にはシンプルな図解が中心となった映像ですが、ナレーションに合わせて動きを持たせているためスムーズな理解を促せます。

保険業界のインタビュー動画

お客さまインタビュー【カーディフ生命保険株式会社】

動画時間:4分52秒

カーディフ生命保険株式会社の公開しているインタビュー動画です。

ガンと診断された方とそのご家族に対してインタビューを行い、「ガン保障」の重要性について説く内容となっています。

動画の序盤で、保険金の支払いが適用された実際の方へのインタビューであることを明示。さらにガンであることが確定した日や保険金の請求が行われた日など具体的な年月日も動画内に載せることで、「病気は誰にでも起こりうるものである」という現実味を感じさせる構成です。

保険会社の動画活用メリット

保険会社が動画を活用するメリットは、大きく分けて下記の3つです。

  • 難しい保険知識を分かりやすく伝えられる
  • 営業活動を効果的に行える
  • 社内研修にも活用できる

こちらではそれぞれのメリットについて詳しく解説しますので、動画の導入をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

難しい保険知識を分かりやすく伝えられる

保険動画の大きなメリットとして挙げられるのが、難しい保険の知識を分かりやすく伝えられる点です。

保険には生命保険や学資保険、自動車保険など様々な種類があり、一から学ぼうとすると時間がかかりるものです。また、生命保険だけを見ても定期保険・終身保険・養老保険と種類が多岐に渡るため、「説明を聞いても訳が分からない」「資料を読む気にもならない」など理解しようという気持ちすら持たない方もいます。

特に紙媒体は資料も分厚く、全てを読んでもらうことは難しいでしょう。

ですが、動画であれば映像に動きを持たせられるため、最後まで視聴してもらえるように様々な工夫を取り入れることが可能。例えば住友生命の事例のようにタレントを起用して興味を引いたり、アクサ生命のようにイラストを使いながらテンポよく説明したりすることで、保険に対する「ややこしそう」「難しそう」という認識を和らげられるでしょう。

営業活動を効果的に行える

営業活動を効果的に行える点も保険動画のメリットです。

将来への投資となる保険は生きていくうえで必須とは言えません。そのため、相手にとって明確な魅力がないと訴求しづらく、「加入したい」と思えるまでに至らないことも考えられます。

「保険の知識を分かりやすく伝えられる」のメリットとも関連しますが、例えば保険への加入を検討している人がホームページで情報を調べようとした場合、テキストや画像だけでの説明では結局理解できずにホームページから離脱してしまう可能性があります。また、営業で保険を紹介しようとしても、理解できないものに対して拒否反応を示す方もいることでしょう。

そのようなときに動画で手軽に理解を深めたり商品の魅力を伝えたりできれば、営業活動を円滑に進められるようになります。また、動画を見れば分かる状態が整えられていることで、問い合わせ数の削減や顧客対応の簡略化につなげられる点もメリットと言えるでしょう。

社内研修にも活用できる

保険動画の3つ目のメリットは、制作した動画を社内研修としても活用できる点です。

保険の知識がないままだと契約を検討している方への説明ができないため、契約数の増加どころかクレームにつながってしまう可能性もあります。

ですが、新入社員やカスタマーサポート担当者などが動画を視聴することで保険への理解をスムーズに深められるため、社内教育の効率化も図れます。

また、研修の一部に動画を活用すれば、指導にあたる側の時間や手間も軽減できます。指導者の保険に対する理解度や指導力にも左右されないため、研修の質が変動しにくい点もメリットです。

保険動画の制作ポイント

保険動画は、制作する動画の種類によって意識すべきポイントが変わってきます。
最後に、保険動画の制作ポイントを3つ紹介しますので、ぜひこちらも合わせてご確認ください。

商品説明動画は「理解を促す」ビジュアルの工夫を

商品を説明する動画は、まず理解してもらえるかどうかがポイントとなります。

ただ画像を組み合わせるだけでなく、グラフに動きを持たせたり料金の計算過程を見せたりなど、保険のメリットが伝わるように構成しましょう。

また、動画に使用する素材がある程度まとまったら、社内にいる保険の知識が薄い人、家族や友人などに見てもらうのもおすすめです。保険は専門性が高く理解が難しい傾向にあるため、「初めて動画を見た人でも理解できるか」など契約者目線で確認してもらうことで、より訴求につながる動画を制作できるようになります。

プロモーション動画では、保険が必要な場面が想起できるストーリーを意識する

保険など形に見えないサービスは、いかにして「自分ごと」と捉えてもらうかが重要です。

そのため、プロモーション動画を制作する場合は保険が必要な場面を想起できるストーリーになるよう意識しましょう。

たとえばメディケア生命保険の事例では、「通院時代」という誰にでも起こりえる可能性を示唆しながらおくすり保険の必要性を投げかけています。ほかにも、交通事故のシーンを用いて自動車保険のメリットを訴求したり、「保険料が高い」という視点から保険の乗り換えを提案したりなどプロモーション動画はさまざまなパターンが考えられます。

保険の商品に沿って対象を絞り、視聴者に刺さる動画を制作するように心がけましょう。

専門用語はできる限り噛み砕いて説明する

保険というだけで「分かりにくい」「難しい」といった苦手意識をもつ人も多いため、専門用語はできる限り使わないように注意しましょう。

相手は保険について知りたいと思って動画を視聴しますが、見た上で理解できないとなるとかえって保険に対するモチベーションが下がってしまう可能性もあります。

専門用語を使う場合は、まずその用語について説明するための尺を設けたり、注釈を別途用意したりすることが大切。高齢者や若年層など幅広い世代が視聴することを想定し、動画の制作を進めましょう。

【まとめ】保険会社の動画の制作について

本記事では、保険動画の事例やメリット、制作時のポイントなどをお伝えしました。

保険動画はプロモーション用や説明用など様々な種類があり、まずは「どういった動画を作るのか」を明確にすることが大切。保険という目に見えないものを扱うからこそ、信頼性や安心感を高める方法として動画がおすすめです。

また、保険動画は対象がはっきりしている分、年代や性別に合わせた訴求が求められます。今後、動画を活用した施策展開をお考えの方は、本記事で紹介した内容を参考にしながらさまざまなパターンの動画を制作いただければと思います。

保険会社用の動画をプロに任せたい方へ

動画制作会社をなかなか探す時間がないという方は、ぜひ動画幹事にご相談ください。

動画幹事は、あなたに最適な制作会社を「人力で」マッチングするサービス。

あなたの予算や目的を専任のコンサルタントが丁寧にヒアリング。業者選びの手間なく、質の高いマッチングを受けることが可能です。

コンサルタントのご紹介 動画幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 専任のコンサルタントが、
お客様の予算と目的を丁寧にヒアリング。
最適な会社をピックアップ・ご紹介させていただきます!
初心者の方でも安心してご相談いただけます。

相談料は「完全無料」。また紹介された制作会社に必ず発注する必要はありません。
動画の制作・発注にお困りの方は、
お気軽にご連絡ください!

【無料】保険会社向けの動画におすすめの制作会社を紹介してもらう