社員総会動画の事例8選!動画作りのメリットやコツを解説

1年に最低1度は開催される社員総会は、社員のモチベーションや会社のインナーブランディングに関わってくる重要な行事です。総会を担当している広報部の方は、経営戦略の共有や社内のコミュニケーションアップを図りたいと考えているでしょう。

例年PowerPointだけでプレゼンをしていたためか、社員が退屈そうにしていたり盛り上がりに欠けると感じたことはありませんか?そこで今回は、新たなコンテンツとして動画を用いることで、社員のモチベーションアップや会場の盛り上がりに繋げたいと考えている方もいると思われます。

しかし、動画の導入を検討するにあたり、以下のような悩みを抱えている人も多いでしょう。

「動画を導入することにどのようなメリットがあるのか」
「どのように動画を制作したらいいかわからない」
「参考になる事例や見本を見たい」

そこで本記事では、社員総会に動画を導入するメリットや動画事例、制作のコツ、オススメの制作会社や制作費の相場などを紹介します

※現在、社員総会動画の制作を考えていて、動画の制作を依頼したい方は動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、最適な会社を選定します。相談料も紹介料も一切かかりません。

【無料】社員総会動画に強い動画制作会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. 社員総会で動画を導入するメリット
    1. 1-1. 会社の雰囲気をより鮮明に伝えることができる
    2. 1-2. 社員のモチベーションアップ
    3. 1-3. 採用動画など他のシーンでも応用できる
  2. 2. 社員総会動画の事例8選
    1. 2-1. 社員へのメッセージ性が高い動画
    2. 2-2. 1日の始まりを意識した社員を活気づける動画
    3. 2-3. 1つのキーワードに焦点を当てた動画
    4. 2-4. 営業時の映像を使用することで笑顔を身近に感じさせる動画
    5. 2-5. 会社の規模の大きさを演出した動画
    6. 2-6. 会社の事業紹介を中心とした動画
    7. 2-7. アップテンポな音楽でスピード感を演出した動画
    8. 2-8. 実際の画像や映像を撮影せずに制作した動画
  3. 3. 効果的な社員総会動画を作るコツ
    1. 3-1. 動画のテーマを設定する
    2. 3-2. 音楽を効果的に使う
    3. 3-3. 社長からのメッセージを載せる
    4. 3-4. あえてネガティブな過去・苦労をしたシーンも載せる
    5. 3-5. 著名人からのメッセージを載せる
    6. 3-6. SNSでバズりを狙った演出にしてみる
    7. 3-7. 動画を長くしすぎない
  4. 4. 社員総会動画の外注費用の相場
  5. 5. 社員総会動画に強いおすすめの制作会社
    1. 5-1. 株式会社プルークス
    2. 5-2. デジトゥルー
  6. 6. 社員総会動画まとめ

社員総会で動画を導入するメリット

社員総会は、業績を共有する場としてだけではなく、社員のモチベーションアップにも不可欠な場です。社員総会はパワーポイントを用いたプレゼン方式で行われることが多いですが、スライドだけの単調なプレゼンは見ている社員を退屈させてしまう恐れがあります。

そこで動画を導入すれば、そういった問題を解決することが可能です。事例を見る前に、今一度社員総会で動画を導入するメリットをおさらいすることで、改めて自社での社員総会の目的などを見つめ直せます。

社員総会動画のメリット

※社員総会動画の事例を早く見たい方は下記をクリック! 『社員総会動画の事例8選』に移動

会社の雰囲気をより鮮明に伝えることができる

会社の様子を動画にして社員総会で流すと、視聴者は会社での思い出などを鮮明に振り返ることで楽しく視聴できます。動画は視覚と聴覚に直感的にアプローチできるため、視聴者に対してより分かりやすい形で伝えたい内容を提示できる特徴があります。

また、PowerPointなどのスライドよりも動画は短時間で多くの情報を伝えることができ、社員総会の時間短縮にも貢献します。例えば、理念が伝わりやすい職場でのワンシーンを撮影し、その映像に理念のテロップやコンセプトにマッチしたBGMで演出するだけでも、視聴者の感情にアプローチしてするコンテンツ作りになるでしょう。

社員のモチベーションアップ

例えば、迫力のある音楽を活用したり、「挑戦」などのやる気を鼓舞するようなキーワードをダイナミックなアニメーションにして投げかけることで、社員のモチベーションに繋がるでしょう

動画を通じて今までの業績を振り返ることで、社員たちが自身の努力の成果を直感的に感じることができます。また、普段直接は伝えられない社長からの社員への感謝を動画メッセージとして流すことで、社員のモチベーションを上昇させ、会社への愛着も生じさせる効果も期待できます

採用動画など他のシーンでも応用できる

社員総会動画は、採用など他のシーンでも応用できることから、費用対効果の高いコンテンツでもあります

就活生にとって社員総会動画は、文章や写真では伝えづらい職場の雰囲気を知れるので、自分が会社で働く将来のビジョンを想像するツールになります。また、経営理念やこれまでの会社の歴史を動画に盛り込むと、視聴者が「この会社はこういう苦難・過去を乗り越えたことで、こういうマインドや理念が生まれたんだ」とより会社への理解が深まります。すると、そのような会社の過去や理念に共感した視聴者のなかから就職希望の視聴者が生まれ、動画がきっかけで応募してくれる可能性が高まります。そのため、就職希望者と人事のミスマッチ率を低下する役割も期待できるでしょう。

採用以外では、社外に対してのブランドイメージの向上にも利用できます。

社員総会動画の事例8選

社員へのメッセージ性が高い動画

株式会社TRUST

株式会社TRUSTは、建築測量や空間デザイン事業を提供している会社です。「自分の仕事にプライドを持っていますか?」という社員への問いかけから始まるメッセージ性の高い動画に仕上がっています。

社員総会のテーマが新たな行動指針「TRUST PRIDE」(信頼やチャレンジなどの約束)の発表であるため、その発表を軸とした構成となっています。仕事風景などを織り交ぜつつ、最高に盛り上がったタイミングで行動指針を発表することで、視聴者の印象に残りやすくする工夫が施されてる点に注目です。
また、アクション映画の予告動画に使われていそうなBGMを使用することで、視聴者に緊張感・躍動感を持たせることができます。

この事例の動画は、文字と写真、エフェクト、BGMのみで構成されており、撮影の手間がかかっていない点がポイントです。撮影は大きなコストとなるため、低予算で制作するなら動画編集のみで対応できる本動画のような構成が良いでしょう。

1日の始まりを意識した社員を活気づける動画

株式会社シティクリエイションホールディングス

株式会社シティクリエイションホールディングスは、営業代行やコールセンター事業を手掛けています。1日の始まりを映像として流すことで、新たな年度の始まりを演出し、この1年もベストを尽くそうと社員を活気づける動画となっています。次第に盛り上がる音楽に加えて、社員が走り出す映像を流すことで、「ベストを尽くす」というテーマを直感的に表現しています。

「仲間」や「感謝」などのテロップを表示する際に、実際に大人数で肩を組んでいる映像や握手している映像を背景で流しています。文字のみを表示させるよりも、印象に残りやすく退屈に感じない動画になっています。

テロップの最初に、ハッシュタグ(#)を付けることで現代の若者にとって馴染み深く、印象に残りやすくしています

1つのキーワードに焦点を当てた動画

株式会社ディスカヴァー21 

株式会社ディスカヴァー21は、出版事業を行っている会社です。アップテンポな曲調とテロップメッセージを使った動画となっています。

「Beyond」というキーワードを一定間隔で見せることで、視聴者に深く印象付けることができます。また、「Beyond」の限界を超えるという意味を連想させるような映像(山登りやスカイダイビング)を流しています。この演出によって、社員にも今後もさらに限界を決めずに常に会社とともに成長し続けていこうというメッセージを伝えられています。

この事例動画では、黒い背景に白抜き文字を表示しています。白抜き文字は、案内板でも頻繁に使用されており、無意識に目の感度を高めることで、文字を認識しやすいメリットがあります。

社員総会というワードを出さずに制作していることから、一般向けのウェブサイトなどに掲載することもできる汎用性の高さが特徴です。動画を他のシーンでも応用したい企業の方はこのような工夫を施す必要があります。

営業時の映像を使用することで笑顔を身近に感じさせる動画

株式会社インターナショナルサポート

株式会社インターナショナルサポートは、複数の飲食店を運営しています。営業時のお客さんと従業員の姿を映像として流し、「人と食を改革し地域に最も必要とされる企業グループになる」という経年理念を再確認させています。

格闘技のプロモーション動画のような力強いBGMとともに、メッセージ性のある簡潔なテロップを映像が変わるごとに次々と表示させることで、視聴者の注意を引き付けています。動画のテンポに合わせて映像を移り変えており、見やすさを意識している点がポイントです。

従業員が働いている動きにより注目させるために、カラーの動画の中にあえてモノクロの映像を組み込んでいます。写真やスライドなどの静止画ではなく、映像で主に構成されているため、動きのある動画に仕上がっています。

会社の規模の大きさを演出した動画

共同エンジニアリング株式会社 

共同エンジニアリング株式会社は建設コンサルティングの会社です。北海道から沖縄まで日本全国の支店を集合写真とともに紹介し、日本地図を用いて各支店から光が東京に集まるシーンを3DCGで演出。日本全国の社員が一堂に会するこの総会の重要性を表現しています。

スケール感のある壮大なBGMを使用することで、会社の規模の大きさを演出しています。

動画の冒頭にカウントダウンを入れることで、観客に期待感を持たせ、雰囲気を盛り上げています。最後に「START」という文字を大きく表示し、総会の始まりを改めて知らせることで、次のプログラムに繫げやすくなっている点がポイントです。

会社の事業紹介を中心とした動画

ココン株式会社

ココン株式会社は、情報サービスやインターネット関連サービスを提供している会社です。ココングループに新たに4社加わったこともあり、社内外に発信するためココングループの各会社の代表がそれぞれの事業内容や特徴を紹介しています。

代表取締役が実際に走っている姿を映像として流すことで、会社としての新たな走り出しを演出。ドローンを使って空中から撮影することで世界の広さとともに、世界的に類を見ないような企業グループを作りたいという目標を表現しています。また、ナチュラルな様子を演出するために、カメラから目線を外す工夫も使われています。

アップテンポな音楽でスピード感を演出した動画

株式会社スタッフサービス  

株式会社スタッフサービスは人材派遣を行っている会社。最初に「START!」と社員総会の開始を表現することで視聴者を引き付けています。30秒と短い動画で、営業企画部やBPマネジメント部などの各事業部を次々に紹介し、スピード感を演出した動画。全社員の一体感を高め、総会に対する雰囲気作りをしています。

各事業部の紹介ごとに色を変えることで、視覚的にわかりやすい差異を与えている点に注目です。動画時間が短く映像や写真を使用していないため、低コストで制作したい方にオススメです。

実際の画像や映像を撮影せずに制作した動画

アイ・エム・ジェイ

アイ・エム・ジェイはwebサイト構築を手掛けている会社。新入社員向けにフレッシュなイメージで統一。実際の画像や映像は撮影せずに制作している点に特徴があります。

親入社員という若年層に親和性が高い色鮮やかなイラストによる、音楽フェスを意識した勢いを感じさせる映像です。30秒と短い動画ではありますが、音楽と演出に勢いがあり、若い視聴者(新入社員)が飽きずに集中したまま次のプログラムに繫げやすいオープニング動画となっています

※社員総会動画の制作を考えていて、動画の制作を依頼したい方は動画幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、最適な会社を選定します。

【無料】社員総会動画に強い動画制作会社を紹介してもらう

効果的な社員総会動画を作るコツ

ここまで紹介した事例を見ただけでは、どのように社員総会動画作成したらいいかわからない方も多いはずです。
そこで、こちらでは効果的な社員総会動画を作るコツを詳細に説明します。

社員総会動画のコツ

動画のテーマを設定する

「誰に」「何を」伝えたいのかを明確にすることで、視聴者に動画の意図を伝達させ、退屈だと思わせずに楽しんで見てもらうことができます

例えば、「誰に」は社員だけではなく、社員の状況や心情などを詳細に設定することが重要です。業績が悪くモチベーションが低下している社員に対しては、やる気を鼓舞するような動画制作が適しています。

「何を」の部分は、「行動指針の発表」や「1年の総括」といった社員総会自体のテーマから動画のテーマ(発表や振り返りなど)を設定する必要があります。視聴者が退屈に感じない理想的な動画の時間が60~90秒と限られているため、たくさん要素を組み込むのではなく、総会のテーマに沿った厳選が求められます

音楽を効果的に使う

基本的な使い方としては、感動させるシーンではスローテンポな曲、楽しいシーンでは明るい曲を使用することで、効果的に視聴者の気持ちを動かすことができます。動画の展開に適した音楽の選択が重要です。

動画を社員総会のオープニングで使う場合は、後半になるにつれて盛り上がる音楽を選択すると、次のプログラムへの期待感を高めて、より社員総会への参加に前のめりな状態にしてつなぐことができます

社長からのメッセージを載せる

社長からのメッセージ動画を載せることで、普段なかなか伝えられない社長の気持ちを社員へ伝えることができます。このような社員が一斉に集まる総会だからこそ、日頃の感謝や将来のビジョン、社員へのお願いなどをストレートに伝えるべきです

あえてネガティブな過去・苦労をしたシーンも載せる

創業当初や景気悪化による業績悪化などの苦労した過去を、あえて新入社員に対して正直にさらけ出すことで、企業と社員の信頼関係をより深めることができます。さらに、信頼関係の構築は、社員の会社への貢献意欲や会社への愛着アップにも繋がるのです。

著名人からのメッセージを載せる

芸人、ミュージシャン、SNSインフルエンサー、有名企業の社長など、社員にはサプライズで著名人から会社・社員へのメッセージを載せると、社員は驚くとともに歓喜してくれるでしょう
また、「こんな有名な人からメッセージもらえる!より頑張っていこう」「この会社に働き続けたら、いつかこんな有名人と会えるかも」など社員のモチベーションアップにも繋がり、離職率低下の効果も期待できます。

SNSでバズりを狙った演出にしてみる

SNSのバズりを狙った演出は、会社の認知度拡大に貢献します。社員総会動画は、社内限定で公開するだけではなく、社外に発信できます。つまり、YouTubeやSNSなどで動画を公開することで、その内容が面白ければユーザーの拡散による会社の認知度アップに寄与します。

また、プライベートでSNSアカウントを持っている社員に社員総会動画のシェアを頼めば、社内で拡散を促進できます。もしかすると、インフルエンサーの目に留まり爆発的な拡散に繋がる可能性もあります

動画を長くしすぎない

社員総会動画の理想の時間は、60~90秒以内です。動画が長すぎると、参加者が途中で飽きて興味を失ってしまい、その後の総会での内容が社員に伝わりづらくもなってしまいます。短時間で的確に伝えることで、参加者の関心を維持できるのです。

新卒向け会社紹介動画やIR動画(株主向け動画)にも社員総会動画を活用する場合は、構成要素が増えるため2分前後が適切です。

社員総会動画の外注費用の相場

社員総会動画を制作会社に依頼するかどうか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、制作会社に依頼した場合の外注費用を説明します。

社員総会動画の相場は、撮影の有無や動画の長さによって変わります。
60~90分の撮影、約1ヶ月間の制作期間の場合は、50~60万円が目安です。撮影がなく過去に社員が撮影した動画にロゴやテロップを付けるだけの場合は、20~30万円と安価に制作できます。

採用動画などの他のシーンにも転用可能なことや数年間にわたって動画の使いまわしができるので、社員総会動画はコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

社員総会動画の制作は、企業だけでなく個人事業主に人気の案件です。クラウドワークス等の求人サイトに掲載すると個人事業主からの応募がとくに集まるため、個人間で相談して安い事業者に依頼することも可能です。

動画制作の費用相場をさらに知りたい方は、下記記事をご参照ください。
※関連記事:動画制作の相場・料金を徹底解説!費用を抑えるコツも紹介!

社員総会動画に強いおすすめの制作会社

自分で動画を作る時間・ノウハウがなく、予算に余裕のある方には制作会社への依頼をオススメします。しかし、どの制作会社に依頼すればいいか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
こちらでは、動画幹事がとくにおすすめする社員総会動画に強い制作会社を紹介します。

株式会社プルークス

株式会社PROOX(プルークス)

株式会社プルークスは、東京都中央区にある動画制作会社です。2,000社5,000本以上の制作実績を持ち、コンテンツの企画から動画配信、制作など動画マーケティング全体をサポートします。大手企業からベンチャー企業、官公庁、学校など幅広い業界との取引実績を有しています。

実写からアニメーション、CG制作まで幅広く対応。商品紹介、会社紹介、採用など目的に合わせたさまざまな動画制作が可能で、社員総会動画の制作実績も豊富に保有。ホームページに実際に制作した動画が掲載されているので、外注を検討している方は閲覧してみることをオススメします。

デジトゥルー

デジトゥルー

デジトゥルーは、動画やホームページ制作を行う京都府京丹後市の会社です。社員総会などのイベントでの動画制作を得意とし、モーショングラフィックスやCG制作にも対応しています。

既存の動画からリメイク制作する場合は、82,500円からと格安で制作できます。会社ホームページに制作した動画だけではなく、こだわりのポイントなども掲載されているので、発注前に制作過程のイメージをしやすいです

社員総会動画まとめ

本記事では、社員総会に動画を導入するメリットや動画事例、制作のコツ、オススメの制作会社・相場などを紹介しました。

まとめると社員総会に動画を導入することで、次のようなメリットがあります。
・文字だけでは伝わりにくい会社の雰囲気を伝えることができる
・社員のモチベーションアップ
・採用動画など他のシーンでも応用できる
社員総会動画は、社員のモチベーションアップに役立ち、会場を盛り上げることができます。さらに、他のシーンでも応用できるためコストパフォーマンスの高さが魅力です。

実際に社員総会動画の導入を前向きに検討している方も多いのではないでしょうか。
動画制作をプロに依頼しようとお考えの方は、ぜひ動画幹事にご相談ください。

【無料】社員総会動画に強い動画制作会社を紹介してもらう