デジタルサイネージの動画事例と活用メリットを業種別に紹介【2024年5月最新版】

「デジタルサイネージの導入を検討している」
「デジタルサイネージの導入事例が知りたい」
「デジタルサイネージ導入のメリットを知りたい」

「デジタル看板」や「電子看板」とも言われ、広告ツールとして導入する企業や飲食店が増えているデジタルサイネージ。店舗の前に立てかけたり、施設内のディスプレイとして置いたりと、屋内・屋外問わず活用されています。

そこで本記事ではデジタルサイネージ導入を検討されている方に、デジタルサイネージの導入事例についてお伝えします。また記事の後半では、デジタルサイネージ導入におけるメリットもご紹介。ぜひ自社のデジタルサイネージ導入にお役立てください。

【無料】デジタルサイネージに強い制作会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. 業種別デジタルサイネージ導入事例
    1. 1-1. 金融機関の導入事例
    2. 1-2. 物流業の導入事例
    3. 1-3. 飲食業の導入事例
    4. 1-4. ホテル業の導入事例
    5. 1-5. 医療業の導入事例
    6. 1-6. 官公庁・自治体の導入事例
    7. 1-7. 学校の導入事例
  2. 2. デジタルサイネージの導入メリット
    1. 2-1. 一度に複数人へ情報発信ができる
    2. 2-2. ポスターよりも訴求力が高く工数が削減できる
  3. 3. デジタルサイネージの種類
    1. 3-1. スタンドアローン型
    2. 3-2. ローカルネットワーク型
    3. 3-3. クラウド型
    4. 3-4. インタラクティブ型
  4. 4. デジタルサイネージの価格
    1. 4-1. ディスプレイのサイズと種類で比較
    2. 4-2. スタンドアローン型
    3. 4-3. 通信制御型(放送型、共同編集型)
    4. 4-4. タッチパネル型
    5. 4-5. 商業施設(高輝度ビジョン)
    6. 4-6. 屋外型
    7. 4-7. マルチディスプレイ
  5. 5. 【まとめ】デジタルサイネージの導入事例とメリットについて
    1. 5-1. デジタルサイネージ動画をプロに任せたい方へ

業種別デジタルサイネージ導入事例

それでは早速、業種別のデジタルサイネージ導入事例を見ていきましょう。

金融機関の導入事例

銀行の「地域密着性」を表現【浜松いわた信用金庫】

動画時間:4分54秒

静岡県にある「浜松いわた信用金庫」のデジタルサイネージ導入事例です。「あなたの夢に、追い風を」というスローガンのもと展開している同銀行。この動画では「夢追日和」というタイトルで、浜松市の日常を映しています。

桜並木や無人駅など「浜松の何気ない日常」を映すことで、地方銀行の「地域密着性」を表現。地域住民に寄り添った内容の動画といえます。商売と地域との関係性をうまく動画で表現している点は、動画制作においても参考になります。

物流業の導入事例

「岡山の物流は自分たちが守る」という強いメッセージを発信【岡山県トラック協会】

動画時間:15秒

岡山トラック協会のデジタルサイネージ導入事例です。「岡山の物流は自分たちが守る」「岡山の経済は自分たちが支える」といった力強いメッセージと、トラックの迫力ある映像を折り混ぜた構成になっています。

シンプルかつインパクトあるメッセージを伝えているため、視聴者の目を引きやすい事例の1つ。15秒という「短い時間の中で視聴者の心を掴む」という点は、動画制作時に参考にすべき点でしょう。

会社の事業や理念をスマートに伝える【日本郵船】

動画時間:15秒

日本郵船のデジタルサイネージ導入事例です。「Bringing value to life」という字幕とナレーションから始まる同動画。デジタルサイネージを通じて、同社の理念である「人々の生活を支え豊にする」「生きているを支えていく」という理念を伝えています。

また日本郵船ならではの「船」を使った映像が特徴的です。わずか15秒ではあるものの、「何をやっている会社なのか」「どんな理念なのか」が理解できます。会社の事業や理念をスマートに訴求している点において参考にしたい事例です。

【無料】デジタルサイネージの動画について相談する

飲食業の導入事例

横長の2画面ディスプレイで商品を紹介(店頭看板)【Chibo's Kichen ららぽーと甲子園店】

動画時間:3分29秒

お好み焼き店「Chibo's Kichen ららぽーと甲子園店」のデジタルサイネージ導入事例です。主力商品であるお好み焼きやたこ焼きを中心に、ドリンクやデザートなどのサイドメニューを紹介。

ディスプレイが2画面になっているため、より多くの商品情報を伝えられる工夫がされています。「左画面は商品を文章で紹介」「右画面は商品の写真だけ」など、2画面のデジタルサイネージを導入する際の参考にしたい事例です。

視聴者の「食べてみたい」を加速【やさい村 大地】

動画時間:37秒

サムギョプサル専門店「やさい村 大地」のデジタルサイネージ導入事例です。スタッフの笑顔から始まり、お肉をサンチュに乗せるところまで店舗の「売り」を映像で最大限アピールしています。

映像だけでなく字幕も充実。営業時間からコース内容まで幅広い店舗情報をディスプレイに記載しています。美味しそうなサムギョプサルの映像や分かりやすい店舗情報など、視聴者の食べてみたい欲求を刺激するデジタルサイネージといえるでしょう。

【無料】デジタルサイネージの動画について相談する

ホテル業の導入事例

ホテルの館内設備やサービスを紹介【ホテルプラザ勝川】

動画時間:30秒

愛知県春日井市にある「ホテルプラザ勝川」のデジタルサイネージ導入事例です。ホテルの館内設備やサービス、アクセスまで幅広く紹介。画面の切り替わりが早いため、サクサクと動画を見ることができます。

また館内のジムや会議室、ウェディングなど「全体像が見える写真」を載せているため、ディスプレイを見るだけでサービス内容が一目瞭然。「写真で情報を伝える」という点において、大いに参考にできる事例です。

【無料】デジタルサイネージの動画について相談する

医療業の導入事例

縦長ディスプレイで2つの動画を同時に再生【あすなろ整骨院】

動画時間:1分32秒

東京都四つ木にある「あすなろ整骨院」のデジタルサイネージ導入事例です。「整骨院×パーソナルトレーニング」を売りにしている同整骨院。実際に楽しくトレーニングをしている映像を使いながら、丈夫な体作りや早期回復といった「自店の魅力」をデジタルサイネージで表現しています。

2つの動画が同時に再生されるディスプレイや、つい映像を見たくなるようなポップなBGMなど、視聴者の興味をそそる工夫をしています。

【無料】デジタルサイネージの動画について相談する

官公庁・自治体の導入事例

案内図の横にデジタルサイネージを設置(店頭看板)【たつの市役所】

動画時間:17秒

兵庫県たつの市役所のデジタルサイネージ導入事例です。市役所の案内図の横にディスプレイを設置。「まず市役所に入ったら案内図を見る」という利用者の目に止まりやすくなっています。

利用者の目に付きやすい、老若男女さまざまな人が出入りするので広告の幅も広がる、という意味で費用対効果の高いデジタルサイネージといえるでしょう。ディスプレイの設置場所において参考にしたい事例です。

幸出市の見どころや文化を発信(駅の電子看板)【幸出市】

動画時間:2分39秒

岩手県幸手市のデジタルサイネージ導入事例です。田園風景やお祭りなど「地域の魅力」をディスプレイで発信しています。また、動画の上下部分には静止画も設置。住民の「このまちが好き」というメッセージや、ふるさと納税の宣伝もされています。

このような「視聴者により多くの情報を伝える工夫」は、デジタルサイネージ制作時にも参考になるでしょう。

【無料】デジタルサイネージの動画について相談する

学校の導入事例

デジタルサイネージで視聴者を「パンフレット」へ誘導【城南学園中学校】

動画時間:14秒

城南学園中学校のデジタルサイネージ事例です。ディスプレイ内では学校名、生徒の写真、勉学のコースなどを紹介。「自主自律」や「清和気品」など学校の特徴も書かれているため、校風もイメージしやすいです。

ディスプレイの下部には「詳しくは局内パンフレットをお取りください」とあります。デジタルサイネージで興味を持った利用者が、より詳しい情報を手に取れるような工夫がされている事例です。

【無料】デジタルサイネージの動画について相談する

デジタルサイネージの導入メリット

デジタルサイネージの導入メリット

続いて、デジタルサイネージを導入するメリットについてご紹介します。

一度に複数人へ情報発信ができる

デジタルサイネージは、広告としての役割を果たすため、不特定多数の人が集まる場所に設置されます。そのため、一度に複数人への情報発信が可能です。

主要駅の構内や交通機関の車両内などは人気がありますが、広告量の多い場所に設置すると埋没してしまうことも。多くの人が集まり、かつ注目を集めやすい場所を選ぶことが大切です。

ポスターよりも訴求力が高く工数が削減できる

デジタルサイネージは、画面の切り替えができるため、ポスターよりも多くの情報を発信できます。消費者の「知りたい」というニーズを掴みやすく、かつ訴求力も高いといえます。

またディスプレイの表示も、データをそのままシステムに入れるだけなのでシンプル。ポスター制作で発生する入稿〜印刷といった工数も削減できます。

【無料】デジタルサイネージの動画について相談する

デジタルサイネージの種類

デジタルサイネージの種類

次に、デジタルサイネージの4つの種類について見ていきましょう。

スタンドアローン型

スタンドアローン型は、ディスプレイにそのままデータを取り込んでコンテンツを表示します。ネットワークを利用しないため、シンプルかつ低コストで運用可能。情報漏洩のリスクも少ないため安全性も高いです。ただ、コンテンツ更新に少々時間がかかるため、更新期間をスケジューリングして運営することがポイントです。

ローカルネットワーク型

ローカルネットワーク型は、文字通りネットワークを利用した表示方法です。インターネットやイントラネットを使ってデータを読み込むため、「コンテンツの差し替え」が簡単にできます。遠隔操作もできるため、拠点内において複数のディスプレイを同時に動かすことも。また、導入コストが高いため、参入障壁が高く競合と差別化できるというメリットがあります。

クラウド型

クラウド型は、クラウドサーバーを利用した表示方法です。ネットワーク型よりも低コストで始められる上に、サーバーにトラブルが起きてもサーバー側が対応してくれるメリットがあります。

ただし、サーバーのサービスが終了してしまう可能性もあることを考慮して運営していく必要があることが注意点です。

インタラクティブ型

インタラクティブ型は、今現在もっとも進化したデジタルサイネージです。ディスプレイにタッチパネルやセンサー機能を搭載することで、ユーザーが必要としている情報をその場で発信できます。

即時対応ができ、効率よく情報発信できるため、他のタイプに比べてコストは少々割高となっています。

【無料】デジタルサイネージの動画について相談する

デジタルサイネージの価格

最後に、デジタルサイネージの価格について見ていきましょう。

ディスプレイのサイズと種類で比較

デジタルサイネージのディスプレイは、大きく分けて「スタンド型」と「壁掛け型」の2種類があります。それぞれの価格は以下のとおりです。

スタンド(立てかけ)型

32〜42インチ

43〜55インチ

屋内用

10〜30万円

11〜40万円

屋外用

40〜80万円

40〜140万円

ディスプレイを屋内に置くのか、屋外に置くのかでも料金が変動。屋外は外気や雨にさらされるため、耐久性の高いディスプレイを設置する必要があります。

壁掛け型

通常ディスプレイ

マルチ専用ディスプレイ

屋内用

42インチ:15万円〜

42インチ:20万円〜

屋外用

98インチ:〜300万円

 

壁掛け型の場合、インチ数の振り幅が大きくなります。98インチのものからマルチディスプレイ対応のものまで幅広いため、目的に合ったデジタルサイネージを選びましょう。

スタンドアローン型

スタンドアローン型は、ディスプレイの大きさによって価格は異なります。たとえば「40インチのディスプレイをスタンドアローン型」で利用する場合、費用は12万円程度。ランニングコストがほぼかからないため、基本的にはディスプレイ本体とディスプレイスタンドの代金だけで済みます。

通信制御型(放送型、共同編集型)

通信によって放映センターからコンテンツが更新される「放送型」は20〜250万円程度です。一方、ニュースの合間などに自分のコンテンツを更新できる「共同制御型」は20〜50万円程度で導入できます。(これに加えて月額5千〜2万円)

タッチパネル型

タッチパネル型は、外国語対応や施設案内といった機能性に優れているため、ディスプレイ本体の価格も高くなります。42インチで30〜40万円程度、65インチで50〜60万円程度です。これに加えて設置費用がかかります。また、ネットワークを利用すると、インターネット工事費用もかかるため、100万円以上の予算で考えておいた方が良いでしょう。

商業施設(高輝度ビジョン)

商業施設でデジタルサイネージを導入する場合、光の明るい「高輝度ビジョン」のディスプレイも視野に入れておくのが良いでしょう。ディスプレイの価格は以下のとおりです。

  • イーゼル型:25〜40万円
  • 組込み型:40〜120万円
  • 4K超大型ビジョン:400〜1000万円
  • 巨大ビジョン・LEDビジョン:4000〜1億円

施設の規模やディスプレイを置く場所によって、「カンデラ(光度の単位)」の種別を変えるのが良いでしょう。低いもので400カンデラ、高いもので2500カンデラまであります。屋外だと5000カンデラまで対応している種別も。

屋外型

先述したように、屋外型のデジタルサイネージは価格が高くなります。たとえば「屋外タイプの40インチディスプレイをスタンドアローン型」で導入した場合、110万円程度です。ディスプレイの本体が95万円、ディスプレイスタンドが10万円、STB(セットトップボックス)が5万円程度です。

マルチディスプレイ

複数画面で1つのデジタルサイネージを利用する場合は、マルチディスプレイ対応の機種を購入する必要があります。価格は1面あたり20〜50万円程度で、本体価格に加えて工事費用等がかかります。屋内と屋外で対応機種が異なり、4面・6面・9面といったマルチディスプレイも可能です。

【無料】デジタルサイネージの動画について相談する

【まとめ】デジタルサイネージの導入事例とメリットについて

本記事では、デジタルサイネージの導入事例を中心に、導入のメリットや価格についてお伝えしました。銀行をはじめ飲食店、学校など幅広い業界で導入されているデジタルサイネージ。一度に複数人に情報を伝えられたり、作業の工数を削減できたりといったメリットもあります。

また、お店の前に手軽に置けるタイプのものから大画面のものまで、種類や価格も多種多様です。本記事でご紹介した内容を参考にしていただき、ぜひデジタルサイネージ導入にお役立てください。

デジタルサイネージ動画をプロに任せたい方へ

動画制作会社をなかなか探す時間がないという方は、ぜひ動画幹事にご相談ください。動画幹事は、あなたに最適な制作会社を「人力で」マッチングするサービス。

あなたの予算や目的を専任のコンサルタントが丁寧にヒアリング。業者選びの手間なく、質の高いマッチングを受けることが可能です。

コンサルタントのご紹介 動画幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 専任のコンサルタントが、
お客様の予算と目的を丁寧にヒアリング。
最適な会社をピックアップ・ご紹介させていただきます!
初心者の方でも安心してご相談いただけます。

相談料は「完全無料」。まずは相場の情報を知りたいなどの情報提供のみでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!

【無料】デジタルサイネージに強い制作会社を紹介してもらう