YouTube視聴者の心を掴む「5秒動画広告」の利用事例まとめ

「5秒動画広告の活用事例を知りたい」
「5秒後にスキップされない動画広告の制作ポイントを知りたい」
「YouTubeのTrueView広告を活用したい」

現在さまざまな業界で、YouTube動画広告が活用されています。YouTube動画広告は、ユーザーが動画を視聴している時に表示させる広告。TrueView広告(インストリーム広告)・バンパー広告・TrueViewディスカバリー広告といった、広告フォーマットが用意されています。

・TrueView広告…最初の5秒間がスキップされない動画広告
・バンパー広告…スキップできない6秒動画広告
・TrueViewディスカバリー広告…サムネイル画像と最大3行の広告文が表示される広告。クリックされると動画が再生

本記事ではこの中でもTrueView広告(インストリーム広告)をご紹介。活用事例や制作する際のポイントについてもお伝えしていきます。

※なお、制作会社の探し方・選び方がわからない!という方はお気軽にご相談ください。
あなたの目的・予算にあった最適な制作会社を「人力で」マッチングします。

【無料】TrueView動画広告に強い制作会社を紹介してもらう

目次
  1. 1. 「5秒」でアピール。YouTubeのTrueView広告について
    1. 1-1. はじめの5秒はスキップされない
    2. 1-2. 細かいターゲティングが可能
  2. 2. 5秒を効果的に活用している企業動画広告事例
    1. 2-1. 自動車
    2. 2-2. アパレル
    3. 2-3. 観光
    4. 2-4. 小売
    5. 2-5. 食品
    6. 2-6. サービス
  3. 3. 5秒で視聴者の心を掴む動画広告をつくるポイント
    1. 3-1. ポイント1. スピード感ある表現
    2. 3-2. ポイント2. ターゲットを明確にする
    3. 3-3. ポイント3. 違和感やギャップを与える
  4. 4. 5秒をクリアしたあとの動画のコツ
    1. 4-1. コツ1. 伝えたい要素を絞る
    2. 4-2. コツ2. ストーリー性をもたせる
    3. 4-3. コツ3. 長くても1分以内に収める
  5. 5. 【まとめ】5秒動画の活用方法について
    1. 5-1. 動画制作をプロに依頼したいという方へ

「5秒」でアピール。YouTubeのTrueView広告について

まずは、YouTubeのTrueView広告について説明します。

はじめの5秒はスキップされない

TrueView広告は、開始5秒間はスキップされない動画広告のこと。離脱されなければ、この瞬間は確実に見てもらえるのが特徴です。

ですが、5秒後にはスキップ可能になるので、この5秒間にスキップされないための施策を考え、動画内容を構成することが、動画広告の成否をわける大事な部分となります。

スキップされないためには、冒頭でインパクトを与えたり、ストーリー性を持たせて続きを気になるように構成するという施策があります。

例えば、ユーザーに問いかけるようなメッセージを投げかける方法や、「20年間、陰キャラ・非モテ軍だった俺が、急にモテだした秘密」のように、ストーリー仕立てにするといいでしょう。

細かいターゲティングが可能

TrueView広告は、細かいターゲティング設定が可能です。

【TrueView広告のターゲティング項目】
・年齢
・性別
・地域
・YouTube閲覧履歴をもとにしたジャンル
・検索キーワード
・視聴時間
・視聴端末

これらを細かくセグメント(絞り込み)することで、ターゲットにより広告の内容を訴求できます。例えばホームセンターが動画広告を出す場合、「30代・男性・DIY」とセグメントした場合、その対象となるターゲットに広告配信されます

5秒を効果的に活用している企業動画広告事例

ここから最初の5秒(TrueView広告)を、効果的に活用している動画広告の事例を解説します。

自動車

LEXUS IS【TOYOTA】

動画時間:1分42秒

トヨタ自動車が提供するLEXUSのCM動画です。マイナーチェンジしたLEXUS「IS」の世界初公開映像になっており、最初の5秒間でレクサスが走り抜けるだけの映像で興味を促進。動画の後半で、さまざまな研究を重ねた末に出来上がったモデルということが映像を見るだけで伝わってきます。

製造の裏側の一部も見ることができるので、LEXUSファンには嬉しい映像。LEXUSのスピード感に加えて、背景に流れるBGMがかっこよさをさらに引き立てます。

【メルセデスベンツ】

動画時間:1分

メルセデス・ベンツの新型スーパースポーツカー、「SLS AMG」のCM動画活用事例です。最初の5秒間で映画のワンシーンのような真剣なまなざしを見せ、「これから何か始まりそう」という期待をユーザーに持たせることで、続きを視聴するように誘導。その後、車が猛スピードで走り抜ける映像が続き、それが終わるまで目が釘付けになります。

とくにトンネル内の側面を走る演出が、ユーザーを驚かせインパクトを与えるように訴求。動画の最後に見せるドライバーの安堵感が、動画撮影の成否がドライバーの腕次第だったことを暗に伝えています。

アパレル

【VALENTINO】

動画時間:54秒

VALENTINOのCM動画事例です。開始直後にCGの蝶が現れ、ユーザーの注意を引きます。全編がCGで作られており、不思議な世界観で全体を表現。マネキンが動き出してVALENTINOのアイテムをアピールしています。

ストーリー調になっているため、「次はどのような展開になるんだろう」というユーザーの興味をひくように訴求。背景で流れているBGMが、動画の世界観をより強調しています。

Gucci Guilty【GUCCI】

動画時間:1分

ファッションブランド「GUCCI」が提供するCM動画です。開始直後にGUCCIのCMであることを伝えて、GUCCIファンに加えて、ファッションに敏感なユーザーに見てもらえるように訴求。著名人を採用して、「社会的適合主義の外に住み、それを愛する個人」を演じてもらっています。

これは「グッチの香り」・「Gucci Guiltyプールホーム」・「Gucci Guiltyプールファム」を体現した、映像になっているようです。

観光

【日本政府観光局】

動画時間:25秒

日本政府観光局のCM動画活用事例です。インバウンド向けの動画になっており、動画の最初に紹介する地名を表示することで、視聴すべきターゲットを明確化。他県の情報もあるため、1動画あたりの尺を短くし、各県の観光ポイントをわかりやすく伝えています。

【五ヶ瀬ハイランドスキー場】

動画時間:4分1秒

五ヶ瀬ハイランドスキー場のCM動画活用事例です。動画開始直後に女性がこちらに走りながら話しかけてくる映像からはじめることで、続きが気になるように訴求。カップル間の会話をイメージした構成になっているため、男性をターゲットにしていることがわかります。

彼女とのさまざまなやりとりシーンが、まるで本当のカップルの会話のように感じるので、視聴しているだけで、スキー場に連れていきたくなります。何度も繰り返し伝えられる、「日本で一番南にある五ヶ瀬ハイランドスキー場」というワードが、記憶に残りやすいです。

小売

【ニトリ】

動画時間:1分16秒

ニトリのCM動画活用事例です。開始5秒以内に「今日は何を着ていこうかな?」と自身に質問を投げかけることで、続きを見たくなるようにさりげなく訴求。ファッション好きな女性にフォーカスしながらも、生活用品に自社商品を活用し、吹き出しとテキストでアピールしています。

生活の一部にニトリがあるということを、暗に伝えた映像です。

【無印良品】

動画時間:2分03秒

無印良品のCM動画活用事例です。「麻は、着て、育つ。」のタイトル通りのイメージで動画を構成。いろいろな環境下で着ることができ、それによってどんどん馴染んでいく過程を映像化しています。背景に流れる不思議なBGMが、無印良品の世界観を際立たせています

食品

【十六茶】

動画時間:26秒

アサヒ十六茶のCM動画です。動画開始直後に「いまスキップボタン押そうとしているでしょ?」からはじまり、ユーザーの行動を先読みされたような気分にさせ、続きが気になるように訴求。5秒後には「お願い!スキップボタン押さないで」と、人気女優「新垣結衣」からお願いされるという、ファンにはたまらない動画です。

ユーザーの行動を逆手に取ったインパクトのあるCMとして参考にすべき事例です。

【パルシステム】

動画時間:33秒

パルシステムのCM動画活用事例です。動画の冒頭で「CM Cafe」という表示があり、ユーザーに「ん?」と思わせて視聴を促しています。33秒という短い尺の中で、家族のワンシーンを使って商品のこだわりをアピール。動画の最後にキャンペーンまで訴求しています。

サービス

【ソニー損保】

動画時間:30秒

ソニー損保の自動車保険CM動画活用事例です。5秒以内に事故の様子を流すことにより、ユーザーに自分事と思ってもらえるように訴求。日常でもありそうな事故に対して、同社ではしっかりと保証する保険がある事を、イラストとナレーションで伝えています。

動画の最後にはCTA(行動喚起)を設定することで、ユーザーが動画を観た直後に保険の問合せができるように電話番号を記載しています。

【トーケン】

動画時間:30秒

建設総合サービス業のトーケンのCM動画活用事例です。開始5秒以内に、聞きなれた歌を同社用の替え歌にして開始することで、続きが気になるようにしています。6種類の傘の色を、同社のサービスに見立てて訴求。住宅に関する総合的なサービス提供が可能なことを伝えています。

5秒で視聴者の心を掴む動画広告をつくるポイント

TrueView広告(5秒)でユーザーの心をつかむポイントについてお伝えします。

ポイント1. スピード感ある表現

スキップできない最初の5秒間にフォーカスして、一気に情報を提供しスピード感を持たせましょう。勢いでユーザーにスキップする隙を与えずに、CMを最後まで視聴してもらうことが可能です。

中には5秒間を利用して、伝えたい内容を5秒以内にまとめ、それ以降は「スキップしてもいいよ」と表記してユーザーの笑いを取るというユーモアのある広告もあります。

ポイント2. ターゲットを明確にする

ターゲットを明確にして、その層のみに伝わるような内容にします。ユーザーは自分自身に関係のある内容だと思うと、気になって続きをみたくなります。例えばダイエットが続かないことで悩んでいるユーザーに対して、「ダイエットが続かなくて悩んでいるそこのアナタ」と伝えることで、続きの視聴を促進可能です。

また別視点になりますが、スキップボタンを押すためにカウントダウンを見ているユーザーの視点を利用して、その部分にメッセージを表示するという手法もあります。

ポイント3. 違和感やギャップを与える

表示している映像と伝えている内容に、違和感やギャップを与えることも視聴者の心を掴むためのポイントの一つです。人の心理として、違和感を覚えるとその違和感を解消したいという欲求があり、続きを視聴してもらいやすくなります

またこれから何かがはじまりそうと期待感を持たせることも、視聴を促す方法として効果的です。

5秒をクリアしたあとの動画のコツ

最後に、スキップされない5秒間を突破したあとの動画(5秒後以降)の注意点についてお伝えします。

コツ1. 伝えたい要素を絞る

まず、伝えたい要素をしぼることが重要です。5秒をクリアした後は、ユーザーはいつでも広告をスキップできる状態にあります。そこで間延びした内容を伝えると、すぐにスキップされてしまうので伝えたいことを伝える前に離脱されてしまいます。そういう理由から、内容を複雑にせずわかりやすいCM構成にしておくといいでしょう

コツ2. ストーリー性をもたせる

続きを視聴してもらうために有効なのがストーリー性を持たせることです。人は絵本や物語を聞かされて育ってきていることから、動画の内容にストーリー性を持たせることで、ユーザーが見続ける可能性を高めます。

ストーリーを作る際には、ターゲット像をあらかじめ決めておき、課題や悩みを伝えることで共感してもらいやすくなります。結果、広告を最後まで視聴してもらうことが可能です。

コツ3. 長くても1分以内に収める

動画広告は長くても1分以内に収めることが重要です。あまりにも長すぎると、CM時間を見ただけでユーザーにスキップされやすくなります。そのため、動画で一番伝えたい内容を絞り、わかりやすく訴求するといいでしょう。

【まとめ】5秒動画の活用方法について

本記事では、5秒動画の活用事例と、5秒で視聴者の心を掴む動画広告をつくるポイントについてお伝えしました。YouTubeのTrueView広告は、開始5秒間はスキップされない仕様ため、その部分でユーザーの注意を引いて続きを視聴してもらえるかが重要。そのためのポイントや、5秒をクリア後の注意点もお伝えしました。

YouTubeはユーザー数6,000万人以上の大きなプラットフォームなので、目的を明確にして活用すると認知度を向上できます。本記事で紹介した内容を参考にしていただき、ぜひYouTubeのTrueView広告の活用にお役立てください。

動画制作をプロに依頼したいという方へ

なかなか自分で探す時間がない・そもそも制作会社の違いが分からないという方は動画幹事にご相談ください。動画幹事は、あなたに最適な映像制作会社を「人力で」マッチングするサービス。

専門のコンサルタント丁寧にヒアリング、予算や目的に合わせて最適な会社を選定・紹介します。

コンサルタントのご紹介 動画幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 専任のコンサルタントが、
お客様の予算と目的を丁寧にヒアリング。
最適な会社をピックアップ・ご紹介させていただきます!
初心者の方でも安心してご相談いただけます。

相談料は「完全無料」。まずは相場の情報を知りたいなどの情報提供のみでも大丈夫です。
お気軽にご連絡ください!

【無料】TrueView動画広告に強い制作会社を紹介してもらう

最適な動画・映像制作会社を
プロが選定・紹介します!

完全無料 / 無駄な営業電話が来ません / 毎月100件以上の相談実績 完全無料 / 無駄な営業電話が来ません / 毎月100件以上の相談実績

※ 気に入った会社が無ければ会う必要はありません。

お急ぎの方は
お電話ください

03-6457-3550

(平日 10:00〜21:00)